眉村ちあき

眉村さんのライブにはじめて行きます

15時ごろにお客様との打ち合わせを終えてから、タイムフリーでラジオを聞いてみたり、Kindleで源くんのエッセイを読んでみたりしているのだけど、どうも落ち着かない(全部仕事場での話です)。

なぜって、今日はこのあと眉村ちあきさんのライブに初めて行くのだ。

ゴッドタンで知ってから、本人と補完計画さんのツイッターをフォローしたのだけれど、それだけで、とにかくTwitterのタイムラインが楽しくなっ

もっとみる

10月9日

今朝、ちちゃん(眉村ちあきさん)のキャスを聞いた後に、ちちゃんのインスタを見に行ったら、レオン(愛犬)への愛が綴られていて、私まで号泣してしまいました。ちちゃんにとっては、家族が亡くなったのと全く一緒だから、悲しい気持ちが痛いほど分かっちゃって。

なぜ悲しい気持ちが分かるかと言うと、私の父は、2010年の今頃に亡くなっているんです。

その当時、私は、地元沖縄を離れて、東京で仕事をしていたのです

もっとみる

楽曲の振り幅はナイル川

台風の日、ライブ後に帰れなくなってしまう人の為にレンタルスペースを借りて用意してくれる人を俺は聞いたことがない。それを自然に当たり前に発想して実行してしまう、そういうところにまた大きな魅力を感じる。

エッセイを書こうとするとすぐ眉村さんの話をしたくなってしまう。

「ちちゃんの楽曲の振り幅はナイル川」って歌詞が宇宙に行った副作用って曲の中にあって、そういうプレイリストです。ちちゃんってのは眉村ち

もっとみる

カラオケに行った(2)

エレカシと言えば奴隷天国をよく歌う。室外で騒いでるマナーの悪いグループがいた時、奴隷天国を歌ったら、一気に静かになった。面白かった。

カラオケにはいつも救われている。

高校生の頃、最初の一年間俺は誰とも言葉を交わさなかった。声を出していなかった。急に授業中さされると、声の出し方がわからなくて焦ったりした。そんな俺にカラオケの誘いがあった。今思うとなんで誘われたのか、よくわからないけどついてった

もっとみる

カラオケに行った(1)

今日私は節操のない格好をしている。

下は眉村ちあきのステテコ、シャツはスーパーオーガニズム、バッグはaiko。

全部好きなんだから仕様がない。

仕事終わりにカラオケに行った。久しぶりのひとりカラオケ。眉村ちあきの曲を歌いまくる。
外に出てみると、空が広い。狭い空間から出た後で、心もカラオケ前より明るくなり、月が小さく、雲が見当たらなかったから。考えれば理由を並べられるけど、ただ空が広く見えた

もっとみる

はじめての鬱フェス

日曜にアーバンギャルド主催の鬱フェスに行ってきました。

前々日に適応障害認定を受け、台風も来るかもしれない中だったので普通は行かないでおく方が良いのかもしれませんが、どうしても頭脳警察のライブが見てみたかったので行きました。もちろん他の人も見たかったんですが…

ライブ前に、お気に入りのショップで、買いたかった友人の結婚式用のドレスを悩んで購入。久しぶりの買い物で嬉しくなって、ご機嫌で会場に向か

もっとみる

眉村さんとの出会い、そして…

これまでの記事を読んで、「なぜ親の金を使ってライブに行くのか、無職なら無職なりに慎ましく暮らせばいいのに」と思った人が居ると思います。

それは単純にクズだからです。ですが、クズにもクズなりの事情があります。今回はそれを聞いていただければありがたいです。

私の今までの趣味を挙げてみると、絵、漫画、アニメ、ゲーム、お笑い、将棋(見るだけ)などがあります。どれもイベントに行かないにわかなりにそれなり

もっとみる

眉村さんインタビュー記事などあれこれまとめ

眉村さんの人柄を知るためのインタビュー記事をまとめました。こんなのもあるよ、と言ったご指摘あれば、ぜひコメント欄におねがいします。

弾き語り、トラック・メイク、会社経営!?──各所で話題を集めまくっている、眉村ちあきって一体何者!?

インディーズにこれでお別れ!!──眉村ちあき、30曲入りアルバム『ぎっしり歯ぐき』配信スタート!!

ゆびィンタビュー vol.03 眉村ちあき

眉村ちあきさん

もっとみる

【奇跡・神の子・天才犬!】天才犬育成中のマユムラーの日常【今朝の様子】

こんにちは。

可愛い天才犬を育成しているマユムラー/株主(新規)の、みかりんこです。

【奇跡・神の子・天才犬!】というのは、この動画で流れている、眉村ちあきさんの曲のタイトルです。

天才犬も、自分が天才だという自覚があるため、時々自分のことを「天才男」と言っています。最高に面白い子どもです。

昨日の日サロライブにも連れて行ったのですが、彼はチェキの時、寝起きで機嫌が悪く、ちちゃんとチェキを
もっとみる

2019年上半期ベストアルバム

かねてから好きなアーティストの作品に対して思いっきり偏って評価をしがちなので、年間ベスト上位は同じ顔ぶれになりがちなのだけど、今年は新顔がたくさんいる気が。好みのラインはそんなに変わってないのだけどね!

10位 a flood of circle『CENTER OF THE EARTH』

ロックバンドが得意技をぶん回してる姿ってやっぱり最高!ってなる1枚。様々な音楽的トライアルに挑んだ過去2作

もっとみる