移民・難民関心ある方必見⭐️ 思いを形にするために必要な考え方とは?

「移民・難民の課題解決をしたい」、
「外国人児童が日本でより教育を受けられるようにしたい」、
最近多文化共生の分野で将来何かをやりたいと思う人が増えてきたなと感じます

ただ、いざ実現しようとなると、その間にはたくさんの壁があり、なかなか進むべき方向性が見えにくいのではないでしょうか?

残念ながら、こう言った社会課題の分野を仕事にする風土はまだ日本では弱く、
キャリアステップや具体的に仕事にする

もっとみる

自己紹介

みなさん初めまして!原健太と申します。

Noteをはじめましたので、私の経歴からご紹介したいと思います。

2010年 東京農業大学 アクアバイオ学科 卒業
2012年 東京農業大学大学院 国際農業開発学専攻 卒業
2013年 東京農業大学 国際食料情報学部 助手
2014年 青年海外協力隊 野菜栽培隊員 サモア独立国 赴任
2016年 立命館大学 研究部 BKCリサーチオフィス 
      

もっとみる

ロゴ製作中、そんな私たちの団体をぜひご覧ください!(画像に意味は一切ございません)

ふくしるの千葉です!

2019年7月25日から学生団体を勝手に作りました!その理念と価値観を書いています。

経営のプロから学んだ、理念の描き方。本当にしたいことを込めることができました。

団体名 
学生団体ふくしる  〜福祉をアップデートする〜

団体理念(Mission:存在理由と目的) 

学生が持つ福祉・介護のネガティブイメージ払拭の実現と、学生と法人が真に共に求め合う関係を創り続け

もっとみる

門前仲町で空き家活用プロジェクト!おいしく学ぼう!食卓2.0

東京都の門前仲町で空き家活用プロジェクトスタートしました!

まずはみんなでごはんを作って、みんなでごはん食べるごはん会を門前仲町で開催してました😆これからこの門前仲町のこのスペースをどうやって活用していくかをいろいろ話してましたよ‼️
もちろんキッチハイクPop-Upも開催します👍✨

はじめましての人もたくさんいる中和気あいあいといっしょに料理を作りましたよー😃

これから定期的にごはん

もっとみる

薬剤師よ、もっと広い世界を見よう――元・薬剤師が母校の凱旋講演で伝えたこと

KAKEHASHIのCSM(カスタマー・サクセス・マネージャー)チームメンバー・米良さんが、母校の薬学生向けに講義をしてきたとのことで、広報の高橋が話を聞いてきました。

・・・

14年間の大手調剤薬局勤務からスタートアップへ

ーー母校での講演、お疲れさまでした! 今回のオファーの経緯など伺っていきたいのですが、その前にまず米良さんのバックグラウンドについて教えてください。そもそも14年間勤め

もっとみる

僕の、その、プロフィール(写真めっちゃ綺麗に撮ってもらった)

ふくしるの千葉です!

めっちゃ写真綺麗ですよね!むくみ顔なのにうまい具合にプロの写真家の方が撮ってくださりました。

noteにこれから投稿する上で急に投稿してもこいつ何者だとなるのは申し訳ないので、僕のプロフィールを載せます。

名前 千葉則文(ちばのりふみ)

生年月日 1997年7月18日

出身地 宮城県石巻市(ホヤ!ぜひ食べてみてください!)

大学 東北福祉大学総合福祉学部社会福祉学

もっとみる

フクシルミートアップ

ふくしるの千葉です!

今僕は愛さんさんグループでインターン活動をしています。

定期的に成果目標や目指すビション、活動報告などを投稿して行きます!

もしよろしければご覧ください!

セブ島で考えた当たり前を変える必要性

こんにちは。セブにいます。しょうじです。

皆さんのセブ島のイメージってどんなんでしょうか。

はい、リゾート、海、キラキラ、バカンスどっかん。くらいかね。今回セブを中心にフィリピンを訪れてリゾートにはほぼ行かず、いろいろな地域のコミュニティやインフォーマルセクターを巡ったりしていた。

いわゆるゼミ合宿というもので、来るまではそんなに期待していなかったんだけど笑、なかなか学びがたくさんあったので

もっとみる

夢があるのも、ないのも表裏一体

※完全に個人の見解なのでご了承ください、執筆途中で公開したのでまだ書き足します。

ぼくは自分に自信がない。
それは自身の努力が足りないからだってずっと思っていた。学歴だって高卒だし、職歴だって客観視しても、決していい企業に勤めていたわけではない。

だけどもぼくには夢がある、しかも沢山。
その夢は大人になって抱いたものだったり、小さな頃から描いていた夢もあり色とりどり様々なものだ。

それはなぜ

もっとみる

HOKAGO.comとは何者か?

ご覧いただきありがとうございます。HOKAGO.comのATSUMIです。
前回は、HOKAGO.comを立ち上げた経緯をお話しいたしました。
今回は、私たちHOKAGO.comがこれから、現在どのような活動をしているのかお話しいたします。(2019年7月時点)

1.情報発信

自分たちのことを知ってもらうためにも、まずはnoteを使って情報発信をしていきます。メンバー6人の専門分野を持ち回りで

もっとみる