怒りを「マネジメント」する

私は基本的に怒らない。怒らない人は「何も考えていない」「他人に期待していない」など言われるが、私もそれに漏れることなく当てはまると思う。
「他人に期待しない」も「何も考えていない」に包括されると思うが、私は本当に「何も考えてない」のだ。

どのくらい考えていないかというと、「どのくらい考えてないんだろう?」と考えて、「考えた!」となったくらいだ。

そんな一休さんみたいな話はどうでもいいが、私にも

もっとみる

目指す芸人のスタイル

皆さんこんにちは、おたけこと竹中将希です。

芸人になると宣言して以降、どのような芸人になりたいかを日々考えてきました。そして、僕の中で答えが出ました。

それは、一人しゃべりです。

講談師や落語家さんに近いと思います。神田松之丞さんや立川志の輔師匠あたりです。彼らのトークは聞いた人を引き込み、壮大な世界へ誘ってくれます。

芸人さんでいうと島田紳助さん、上岡龍太郎さんあたりになってきます。紳助

もっとみる

「問わず語りの松之丞 presents まっちゃんまつり2019」昼の部。

「問わず語りの松之丞」は、神田松之丞のラジオ番組。今回のイベントはよみうりホールで、箱が大きい。おかげでチケットがとれた。
 ゲストは小川彩佳アナのはずだったが、台風19号の被災地への緊急取材のため出演がなくなった。当初からなにか事件があったら出演なしとの契約だったそう。序盤のトークにはトナミディレクターが出てくる。松之丞がバラエティ番組でいのっちの話をしたところ、まるごとカットされた話が面白かっ

もっとみる
毎日書くのでよろしくね。
3

好きなラジオの話

佐久間宣之のオールナイトニッポン0

   テレ東社員が異例のニッポン放送パーソナリティとして選ばれました。わたしは基本的にゲストが来た回しか聴きませんが、非常に夢のあるラジオです。前回はキングコングが揃ってゲスト出演して、これがめちゃくちゃ面白かった。5chでは「梶原の自虐がウザい」だの散々に言われていましたが、実際聴いてみるとぜんぜん気にならずに楽しめて、ほんとに5chの意見というのはアテにな

もっとみる
3

rakugo1000 (91) : 隅田川馬石「金明竹」

概要
店先で店番をしている小僧さん。軒先に雨宿りしにくる人に傘を貸したら、旦那の買ったばかりの高級な傘で「断るときはこうやって断るんだ」と教えこまれる。次に、猫を借りにきたお向かいさんには傘を断る要領で断ってしまい、旦那に怒られ今度は猫の断り方を教わる。さらにさらに、旦那に手助けを借りにきた近所の人。こちらには猫を断る要領で断ってしまったもんだから、まぁ大変!旦那が大慌てで言い訳をしに出かけてしま

もっとみる

野球と関係ない記事です。

野球ファンには、申し訳ございません。

上のリンクを見てください。

神田松之丞さんが、タキシード姿をまとっている。

週刊プレイボーイ、凄いな。

神田松之丞さん、

タキシード姿、似合う。

もっとみる
3

神田松之丞に講談の楽しさを教えられる。

神田松之丞にがつんとやられたのは、2018年9月7日のことである。
 笑福亭鶴瓶、神田松之丞のふたりで「見台と釈台」というイベントがあった。そこで聴いた「中村仲蔵」が素晴らしかったのである。
 私はいまだに歌舞伎をみたとのない不勉強者だが、中村仲蔵は歌舞伎の世界の話だ。厳しい身分社会である。一番下が稲荷町。その上が中通り、相中、上分、名題下、そして一番上が名題。仲蔵は一番下から始めて名題まで出世す

もっとみる
三回回ってワン!
7

ラジオ番組レビュー④

神田松之丞問わず語りの松之丞

講談師である神田松之丞さんの番組。

面白い番組なので、これからは、ラジオクラウドで聴きたいと思う。

TBSラジオも面白い番組あるんだなって、思った。

ラジオクラウドで聴こう。

東京の人は、TBSラジオで聴いてください。

東京以外の人は、ラジオクラウドで聴いてください。

面白い。

最後に

今回のラジオレビューも、番組を1つだけ紹介しました。

『神田松

もっとみる

コンディションと、物怖じボーイ&ガール

コンディションが大事なんすよね。

 自分が今どんな心理状況にあるのか。たとえば、恋人にフラれて哀しいだとか、仕事で理不尽なことに遭遇して煮えきらないだとか、滞りなく物事が進んだからいい日でハッピーだとか、その前提を抱きながら、今目の前にある物事を判断していかなくちゃいけないのが人間だ。

 それを前の感情を引きずったままに、物事の経過を眺め、相手の言葉を受取り、選択しようとするとどこかでズレが生

もっとみる
てへぺろ
6

【講談を聞きに行く】

演芸という分野なので
落語とか講談とかいろいろある
今回は講談のみの催しに
当日券で入る

神田松之丞はじめ、神田一門の
講談を聞き入る

わからない部分もあるが
歴史や古典の延長上で聞く

なかなか面白い
飽きないように
プロデュースしたいなぁ~