羽釜ごはん

炊きたて羽釜ごはん。

やっぱり味見しなくちゃね!笑

これがなんといっても嬉しい時間♡

Thank you♡

御釜を見守っていると、泡が吹きこぼれてきた〜。
さぁ、ここからは火を調節しながらお米を「蒸らす」よ。

どのくらいの火にしたらいいのかな。
やってみよう!

スキありがとうございます♡

「明日は自分達で炊くんだよ〜」と
佑紀さんに声をかけられながら、
火起こしを学びました。

"最初に松の葉に火をつけるのはどうして?"

薪の置き方など質問しながら羽釜ごはんを炊きます。

Thank you♡

お米を洗って羽釜ごはんを炊く準備。

お水を綺麗にするのはどうして?

小さな「なぜ」「どうして」を考え
佑紀さんに教わりながら洗っていきました。

体験して身につけていく"ごはんの基本"です。

嬉しっ!

海苔で包んだおむすびづくり。

どうにかしようとするとお米の持つ力を押し込めるように余計な力が入っちゃう。

お米のそのままを信頼してふわりとむすんでいく。

「どうしてそうしたんだろう?」と
仲間同士で振り返るシーンも。

嬉しっ!

ここからは手分けして準備スタート。
薪割りする人、
火起こしをする人、
お米を研ぐ人、
玉ねぎを吊るした状態から根を切り皮を剥く人。

森と畑の子どもキッチンでは、"すぐキッチン"ではなく、
食べることに繋がるはじめのはじめから関わり、体験することを大切にしています。

Thank you♡

薪割りしたことない人〜?という佑紀さんの質問に手を挙げた3人。
初めての薪割りにチャレンジです。

嬉しっ!

研いだお米が準備できたら、いよいよ炊飯スタート!

今回「火の番」を任されたのは3人の男の子チーム。

パチパチ、だんだん強くなる炎を見つめながら"待つ"時間が訪れました。

強火から弱火へ…
時間や目安はどんなところにあるのかな。

みんなで声を掛け合いながら覚えていきました。

スキありがとうございます♡

今日は森へ

天気が良くて良かった♡

こうちゃんの森へ行って来ました!ゆるゆる過ごし心地良い時を過ごせました♪

お昼は薪で料理❣️

羽釜のごはんも炊きましたよ!

美味しくて、お代わりしてたべちゃった♡

もっとみる
ありがとう♡

【炊きたて!の羽釜ごはん🍚】

子どもだけでなく、大人達も初めて味わう人が多かった羽釜ごはん。
蓋をあけるとお米のひと粒ひと粒がぴんぴんでぴっかぴかに輝いている!!

「おいしぃ〜」「あま〜い!」
みんなの顔がほころびます。

「もっと!」と味見の手が止まりません^ ^

嬉しっ!