やりたいことをくちにだしたら、かなった。

みなさん夢はかなうと思っていますか?
それともかなわないから夢だと思っていますか?

わたしも夢は見るものでかなえるものではないと思っていました。
夢と目標は違う。そう思っていました。

けれど、ひとつ夢がかなったのです。

それも、とても短い時間で。

**********

過去に、

いつか自分の本を出したいという夢をもっている私としては『インタビューを受ける』ことも通過点の一つ。でも質問さ

もっとみる

「障害者に感動するのではなく、自分にも関係がある話だと感じてほしい」漫画家うおやま

Web漫画サイトで累計600万PVを記録し、SNS上でも「かわいい!尊い!ためになる!」と話題になっている『ヤンキー君と白杖ガール』。街のヤンキーと弱視の女子高生のラブコメ漫画だ。作者のうおやま先生は「障害者が頑張る話に感動するのではなく、自分にも関係がある話だと感じてほしい」と語る。本作を書いたきっかけや、ストーリーに込めた想いについてお話を聞いた。

ー『ヤンキー君と白杖ガール』を書いたきっか

もっとみる
わ!うれしい!ありがとうございます~(*^^*)
55

モノとサービス(コンテンツ)の“個別価格”提示で何が変わる?『NOTEのビジネススキーム』は大正解。

①様々なプラットフォーマーが提供し始めたコンテンツのサブスクリプションサービス(定額課金モデル)。
➁そしてそれよりずっと前から各種コンテンツ業界で行われていた再販固定価格という売り方。
この二つの販売方法、当たり前のように見えるが、実は消費者のモノやサービスに対する“評価眼(ものさし)育成”を妨げてる……というのが筆者の持論だ。
これ、どういう意味だろうか?

映画業界、ビデオ業界、音楽業界、書

もっとみる

今後の配信予定!作家、映画プロデューサー川村元気さん、フリーライター大木亜希子さん、作家原田マハさん、映画監督荻上直子さん、クリエイティブディレクター小橋賢児さんand more!!是非ちょっとお得な定額マガジンでお聴きください! https://note.mu/gakumon_susume/m/m78b4e5e8517c

西原理恵子さんのベストセラーを漫画化した松島直子さんの思い

朝日新聞社のブックサイト「好書好日」に、
西原理恵子さんの「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」漫画化に関する、
松島直子さんインタビューが掲載されました。

自分の幸せを追い求めて闘うと、ときには返り討ちに遭うような感じで、傷ついてしまうことだってある。
(中略)
「自分の幸せを大事にする」、それを見つめることで、自分以外の人の幸せに対する想像力がより育まれるのではないかと思いました

もっとみる

カウンセラー起業物語

こんばんは、

赤堀です。

今日から赤堀が45歳でカウンセラーとして起業に成功するまでの
ストーリーを紹介していきたいと思います。

なぜ、今回私がカウンセラーとして起業するまでのストーリーを
公開しようと思ったのか?

それは、自分のリソースを活かして起業したくても何をどうやれば
いいのかわからない人が多くて第一歩を踏み込めない人が多いなと
感じたからです。

そのような方々のメンタルブレーキ

もっとみる

スペシャルパッケージ vol13公開! 10本まとめて500円です。道尾秀介さん、小野雅裕さん、行定勲さん、古谷経衡さん、門井慶喜さん、柳美里さん、柴田元幸さん、高野秀行さん、星野智幸さん、大澤真幸さん。
https://note.mu/gakumon_susume/m/me0d9a631ecdb 是非聴いてみて下さい!

池澤夏樹さん、近藤サトさん、佐藤可士和さん。最近の配信です!

池澤夏樹さん『科学する心』(集英社インターナショナル)を語る。

近藤サトさん『グレイヘアと生きる』(SBクリエイティブ)を語る。

佐藤可士和さん『世界が変わる「視点」の見つけ方 未踏領域のデザイン戦略』(集英社新書)を語る。

是非お聴き下さい!

もっとみる

今後の配信予定!漫画家、里中満智子さん、作家、江國香織さん、作家、映画プロデューサー、川村元気さん、フリーライター、大木亜希子さんand more!!是非ちょっとお得な定額マガジンでお聴きください! https://note.mu/gakumon_susume/m/m78b4e5e8517c

北海道の知られざる物語を発見するライター・井上美香 さん

『北海道人が知らない北海道歴史ワンダーランド』や『イノベーションの大地 北海道』など、北海道の知られざる物語を自ら発見するライター・井上美香さんにお話を伺いしました。

プロフィール:井上美香(いのうえ よしか)さん ライター
【活動地域】北海道
【経歴】哲学者の鷲田小彌太札幌大学名誉教授の私設事務所でアシスタントを務める中で、編集者と知り合い、雑誌にコラムや掲載を書き始める。初めての著書は、鷲田

もっとみる