調子に乗る

不味い。びっくりした。
昨日番組短縮で早めに帰れたので、調子こいて「チャイティー」作ってみました。
飲んだ瞬間「(喉から)カーッ!ペッ!!」ってなりました。
どうやら香辛料と茶葉、量を逆にして入れてました。 悲しいわ。

全身軽やかハッピー気分!時には調子に乗りまくったっていいやん!

謙虚に、堅実に生きてこそ・・・成功を掴める!なんてお考えの方へ

中の人もそう考えていました。

これこれをやって、これこれを成し遂げたら、これこれができるようになって・・・みたいなのを何十回も繰り返していくと、できるようになったり、掴めたりする未来がある。。。

って、いつになったら、手に入れられるんや?笑

それをしなくても、手に入れられるよね?笑

ちょっと、調子に乗りまくって、全身軽やかに

もっとみる

調子に乗って、何が悪い?

「調子に乗ってんじゃねーよ!」

「お前、調子に乗りすぎとちゃうか?」

こんなこと言われた経験はありませんか?

絶対一度はあるはずです。(笑)

気分がのって、楽しいからやり続ける。

楽しいから、自分の意見を言いまくる。

良いことだと思いませんか?(笑)

なのに、なぜか「調子にのるな!」と言われる。

なんでだろう?

逆に聞くけど、「何で調子乗ってる時に、調子に乗ってはいけないの?」

もっとみる

シャボン玉の夢

昨日は、小1の長男を、
床屋に連れて行こうとしたら、
「絶対イヤー!」
と泣き叫び、失敗。
今までは、知人に切ってもらっていたので、
初めていく床屋に拒否反応。

あちこちのプラージュを廻ってみたが、
どこも、
「イヤ!」
頑固な長男。

せっかく、家族で車に乗って、
出かけたところなので、
その足で、隣町の城跡に遊びに行った。

石垣や階段に、テンションアップして、
かけ上がっていく子供達。

もっとみる
Gracias☆☆☆
3

教祖ではなく芸術家に

「天狗になっている」

人気が出て調子に乗っている人によく使う言葉。
人気が出てきてチヤホヤされ始めたため、自分がすごい存在だと勘違いして、自分に酔って調子に乗ってしまうこと。

気持ちはなんとなくわかる。やっぱりたくさんの人に認められると嬉しくて感情が高ぶり、我を見失ってしまう。最初は仕方ないだろうが途中で正気を取り戻せなければその人気はやがて落ちていく可能性は高い。

その理由のとして、自分を

もっとみる

どしゃ降り

雨が凄い

急に降って来た

濡れてしまうなぁ〜

雨は濡れるし、服もヨレヨレになってしまうし

やだなぁ〜と外出先で思った・・・・・

まったく雨は止まず

ちょっと濡れたのが、嫌だなぁと思っていたはずなのに

傘を持っていなかったのもあるかもしれないが

ちょっと濡れたのが、気が付けばびしょ濡れに・・・

あれ?

雨に濡れるの嫌じゃなくなっている気がする

あれ?

すごい土砂降りなんですけ

もっとみる
やったね☺️
30

調子に乗ってうまくいく人、失敗する人の違い

言葉には、相反する意味を持つものがある。

相反する意味を持つということは、成功の要因になれば、逆もあり得るということを示唆している。

例えば、

調子に乗る

・うまくいっている
・いい気になって軽率な行動をする

という意味がある。

もともと調子とは、音楽用語で、「音の具合」を意味するようだ。

音楽が複数の弾き手や観客など周囲と調和すると、調子がいいということになる。

この語源から考え

もっとみる

欲張りになることと、謙虚でいること

こんにちは、守屋です。

人にしても企業にしても、何かをやり始めたときには「やり始めたこと」だけでも嬉しく感じるものです。

・自分の好きなことを仕事に出来る喜び。
・自分の好きなチームを応援できる喜び。

それも時間の経過とともに薄れだし、少しずつ欲張りになってきます。

・自分の好きなことで莫大な利益を生み出したい。
あれもこれもしたいと欲が出てくる。

・自分の好きなチームが勝利し続けて欲し

もっとみる
遊びに行きますね(^^♪
9

調子に乗るな!と教え込まれてしまったら

こんにちは、守屋です。

多くの人は子供時代に一度は、

「調子に乗るんじゃない!」

と、気分が高揚したときや結果が出たとき、調子が良い時に注意された経験を持っているかも知れません。

自分も幼少期、大会に出場して優勝したときに指導者言われた経験があります。

なぜ、調子に乗ることがいけないのか

1 仕事などに、弾みがついて順調に進む。「事業が―・る」
2 おだてられ、得意になって物事をする。

もっとみる
健康第一。
7

ずぶずぶぐずぐず

「勉強してます」「学んでます」と言いながら、平気で「無駄なインフォメーション」などという単語を発している。

そこに潜む矛盾を微塵も感じないという厚顔無恥。

こういう人間は別に放っておいてもよい。

すぐ自分の言ったことなど忘れてしまうから。

一つ一つ相手にしても仕方がない。

相手にするなら根本原因について話さなければならない。

誰もアンタ方の地位なんて脅かしやしないから。

ちょっと落ち

もっとみる
ありがとうございます。
5