2019年(令和元年)8/18(日)   コンビ「シュウジとマッチ」          M-1グランプリ一回戦          出た感想!?

この日が来ました。

M-1一回戦本番の日です。

今日も凄く暑く 新宿に会場があるので

電車で行こうと思ったんですが、

疲れた状態で緊張しないのではないか

という説を

シュウジ君がいいはじめて

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもお待ちしてます🤣

2019年(令和元年)8月17日(土)M-1グランプリ一回戦     明日が勝負の日

2分ネタを仕上げました。

後は明日どうなるのかただそれだけです。

その時の作家さんと会場の盛り上がりで

決まります。凄く不安です。

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもお待ちしてます🤣
3

2019年(令和元年)8月16日(金)M-1一回戦まであと2日

さあ〜M-1の一回戦

賞レースが始まってます。

僕らの出番は8月18日(日)

出番は15:30頃で

場所は新宿シアターモリエールだ

モリエールの会場で一回戦突破した

ことは一度もない。いつも、

お客さん入っていても、

M-1一回戦敗退の確率が多い。

本当に緊張感がある会場。

不安が多いが

絶対、面白いという意思でネタを

やりきる。これしかない。

あーー皆さんこれ見たら

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもお待ちしてます🤣

短漫【三橋雄斗】

今日は『ストレイトブルー』というライブに出させて頂きました。

平日の真っ昼間にも関わらず、たくさんのお客様にご来場頂きました。ありがとうございます。

2分のネタを2本ずつ披露させて頂くライブ。

とても有り難いですね。

漫才、コントの賞レースの時期で、本日の『ストレイトブルー』をはじめ、短いネタを何本かやらせて頂けるライブが多くなっております。

ウェンズデイズは、短い尺のネタが苦手。

もっとみる

無知は恥だが役に立つ

昨日書いた通り、『世界ウェブ記事大賞』という海外の文化をテーマとしたコンテストを開催しております。応募期間は7月1日から31日、審査員にウェブを中心とするコンテスト界隈で著名な方もお招きし、賞金や次につながる機会も用意しております。我こそはという方、ぜひ奮ってご参加ください!

さて、さっそく、ありがたいことに…!協賛の「ライツ社」さんがnoteのページで、コンテストに対する考えや協賛の背景につい

もっとみる

海外の文化に特化した記事コンテスト『世界ウェブ記事大賞』はじめます!

告知です。

https://traveloco.jp/kaigaizine/sekai-award_2019

海外の文化に特化したウェブ記事コンテストをはじめます、今日から応募受付開始です。タイトルは『世界ウェブ記事大賞』、豪華な顔ぶれの審査員をお招きし、また賞金、なにより次につながる機会(お仕事であります)をご用意しました。詳しくは冒頭の応募ページをご覧ください。で、ここでは審査に加わらせて

もっとみる

R-1ぐらんぷり2019の感想(今月ライブ主催を引退する奴目線で)

R-1ぐらんぷり2019が終わりました

1週間経ちましたがいろいろ物議を醸してることがありますが触れないわけにはいかないことがあったんでR-1ぐらんぷり2019について書きたいと思います

まず思ったこと
・R-1ぐらんぷりのピン芸のレンジの広さ
・審査の難しさ
・お客さん問題
・同票の時の決め方
・ファイナルステージ純ピン芸人全滅

について語りたいと思います

まず

・ピン芸のレンジの広

もっとみる

賞レース

M-1やR-1、キングオブコントといったお笑いの賞レースは、
応援している芸人さんが出ていなくても
チェックをしますし、
毎回興奮します。

おもしろい人たちのおもしろいネタが見られるのが
単純に楽しいですし、
ファイナリストはもちろん、
司会や審査員の人たちがネタ以外のところで生み出す笑いを
一つの番組として楽しみにしています。

その中でもM-1は、出場者も、応援する方も、
気持ちの入り方が特

もっとみる

賞レースの公平性について

賞レースの公平性について、僕が思うところをまとめてみました。

あくまでも、ひとりの売れてない芸人の私見ではありますが、読んでもらえたら幸いです。

【賞レースの公平性について本気出して考えてみた】

https://note.mu/hakushon25/m/m560f98f9cf6e

【本当に言いたいこと】

さて、ここまで長く、熱弁してきた。

我ながら苦しい作業であった。この賞レースについての分析の文章自体は、一週間ぐらいかけてここまで書いたのだが、細かい部分の手直しや、「こんなものをアップして良いのだろうか」という葛藤で、これを書き上げるのに、半年近く経過しているのだ。

僕は、こうも思う。

細かく書いたけど、お笑いはあやふやなルールの中、戦うところが、お笑いらしさでもあるのだ。

矛盾したこと

もっとみる