【FGO EpLW 殷周革命】結 和光同塵互助幇

<BACK TOP

「わたしは『マシュ・キリエライト』であり、『マシュ・キリエライト』では、ない」

「……は?」

いきなりわけのわからんことをシールダーに切り出され、アホみてぇな声を出す。頭でも打ったのか。

「今のわたしは、デミ・サーヴァントではなく、サーヴァントです。人間の肉体を持たない存在です。英霊の座にいるのかは、わかりませんが……世界の記憶から喚び出された、幻影に過ぎません」
「…

もっとみる

「ガン」にならない方法

ガン手術後の「転移や再発を防ぐ特効薬」が日本人によって開発され、臨床試験中。
 ⇒ ■「ガンの転移&再発」を防ぐ"特効薬"が発売へ
 なので、ガンになっても、末期ガンじゃなければ結果オーライ?(汗)

 それでも、臨床試験の成績が悪く発売されない可能性も大なので、ガンにならないように対策するのがベターですね。

 ガンにならない(あるいは転移や再発を防ぐ)対策は、実は簡単なんです。
①免疫力を大き

もっとみる

「ガンの転移&再発」を防ぐ"特効薬"が発売へ

なんと「ガンの転移&再発」を防ぐ効果のある物質が解明され、現在、大規模な臨床試験中。

 それはANP(心房性ナトリウム利尿ペプチド)で、心臓から放出されるホルモン物質として発見されました。

 心臓から出るANPは、血圧を下げて心臓を楽にする作用があるため、これまで心不全の治療薬として使われてきました。

 国立循環器病研究センター研究所の野尻崇医師が、肺がん手術中の患者の心臓の負担を減らすため

もっとみる

#046【治療終了後62日経過】一難去ってまた振り出しに戻る

2019年7月15日

随分と間の空いた更新。前回行ったCT検査の結果が出たので内容を聞きに病院まで行ったのが先週の木曜日。

検査結果としては、従来あった左中咽頭とリンパ節のガンは現時点においては綺麗に消滅しているとのこと。

これはもちろん喜ばしいことなのだけど、しかし今度は右のリンパ節に1cm大の腫瘍らしき影が発覚。一応エコーで詳細を確認したのだけど、如何せん大きさがまだ小さいので実態がつか

もっとみる

☆おっさん骨肉腫(肺転移)闘病記  〜その21〜

さて、右肺の転移は3分の1切除することによって一応の区切りをつけました。ですがそれでひと段落したのも束の間、今度は左肺にも転移疑いが見つかりました。

今回見つかった転移疑いは、前回とは違って肺の外側の方に出来たものだったので、そこの部分だけを切るか、またはラジオ波というもので患部に針を刺して焼くか、という選択肢でしたが、既に全体に周ってしまってるであろうがん細胞をたたく、ということと、とにかく少

もっとみる

再発しました。

タイトル通り、再発しました。転移です。
説明されたんですが、難しいことは分からないのですが

内向骨動脈の横の動脈にあるそうで。
キイトルーダという免疫治療を何クールか分けてやります。

そのぐらい。あとは頭がぼぉーとしてなんもなんも入ってこないです。
別に覚悟してたんですけどね。
切なくて笑えないです。
覚悟もまだできないです。

怖すぎてどう過ごしたらいいか分からないです。
ステージ4から再発

もっとみる

☆おっさん骨肉腫(肺転移)闘病記  〜その15〜

大腸がん治療後です。その後また定期的な検査の段階に入りましたが、今度は安心して過ごせた期間は短かったです。 2016年夏、右肺に転移疑いが見つかりました。初めは 3〜4mm ほどでしたがその時厄介だったのは普通できやすい肺の外側の方ではなくかなり根元、心臓に近い場所にできたことでした。

外側の方にできたものなら、その部分だけ切り取ればいいそうです。ですが根元の方にある場合は、根元から外側に扇状に

もっとみる

【FGO EpLW ユカタン】結尾 到着(アライヴァル)と出発(デパーチャ)

<BACK TOP

『チクシュルーブ・クレーター。白亜紀末の恐竜絶滅をもたらした、巨大隕石の衝突痕だ』

ダ・ヴィンチの説明に、キャスターが補足する。
『普段は地層の底に埋もれてて、こンなふうには見えねえだが、ウォッチャーだか神々だかが「門」として開いただな』

そんなもんが、ここにあったとは。そういやテレビかなんかでやってたような記憶が、なくもない。つっても、ここが門だってぇなら、またダイビン

もっとみる

「つながる」感覚、問題をぶら下げる

学校の先生をしています。

人は生きていると、色々な場面や文脈と直面する。それに合わせて、自分の振る舞いを微妙に調整する。
ただ、切り替えながらも、それをしているのは1人の人間である、という意識が同時にある。
勉強している自分も、読む自分も、書く自分も、遊ぶ自分も、1人の自分なのである。

勉強や普段の生活で得た考え方が、仕事や他の場面で生きてくる可能性がある。私はその時の嬉しい感覚を、「つながる

もっとみる

高須院長も絶句? 全身ガン&全身動脈硬化の方とお話し

お昼過ぎに、淀江海水浴場跡地の駐車場周辺でヤギ餌の雑草を採取。
その最中に、お墓の線香立て用の砂採取のご老人夫婦(80歳前後)のご夫人に声をかけられました。

 そして高齢のご夫人から、現在のサビれた無人の海水浴場跡地からは想像もできない、昔の淀江海水浴場の屋台がズラリと並んだ華々しさを伺いビックリしました。

 私は"健康&生き物ボランティア"ですから、すぐに話は「健康」の話題に。
そしてご夫人

もっとみる