クライアントが「著作権法違反をしているかもしれない」と感じたときの対処方法|秘密保持契約があっても告発してOK?

ライターなどの仕事をしていると、契約締結後に「このクライアントには問題があるのでは?」と感じるケースがあるものです。
特に多いのが著作権法違反です。また景品表示法違反、薬事法違反、名誉権侵害などの違法行為が行われる例もあります。
契約当初は気づかず作業を進めてしまったけれど途中で「おかしい」と気づいたとき、受託者としてはどのように対処すれば良いのでしょうか?

また相手が明らかに違法行為を行ってい

もっとみる

オンラインカジノは違法!?合法!?

たまにオンラインカジノは違法ですか?という連絡をもらいます。

違法か合法かについて書いていきます。

結論から言うと、「合法」です。

なので、安心してプレイしてください。

日本での賭博は基本的に違法です。

ただ、オンラインカジノ自体は違法な賭博にあたりません。
なぜオンラインカジノ自体が違法ではないのか?と言いますと、

オンラインカジノを運営している会社は『オンラインカジノが合法の国で運

もっとみる

LINEのメッセージやTwitterのDM画面のスクショを勝手に晒すのは違法?

LINEで個人的にメッセージのやり取りをしたりTwitterのDMで会話していたりしたとき、関係がこじれると相手が勝手にメッセージやDM画面の「スクショ」をアップしてしまうケースがあります。ツイッターなどでもよく見かけますよね?

その上で「あいつはこんなことを言っていた」「嘘つき」「詐欺師」「犯罪者」などとコメントをつけられて「さらし者」にされてしまうパターンが多数です。ネットでは相手が見えない

もっとみる

バイナリーオプションが違法?そんなの誰が言ったの?

こんにちは!

欲張らないように努力に努力を重ねている、バイナリー専業主婦です。

為替取引にとって情報は重要度が高いので、WEB検索や属に言うネットサーフィン的な事をしていると、バイナリーオプションが違法ではないか?

と言った書き込みを見かけました。

「確かに!確かに!」

なんて思ってはいたのですが、以前紹介した、金融庁が規則を作っていたり、国内バイナリーオプション業者の組合が自主的な規制

もっとみる

オンラインカジノとは?違法性から魅力を徹底調査してみた

パソコンやスマホで様々なギャンブルを楽しめるオンラインカジノ。その魅力は何と言っても「リアルマネー」を賭けられるところ。

しかし日本では賭博法により現金を賭けたギャンブルは違法とされています。

ここでは、オンラインカジノの違法性やおすすめのポイントをご紹介します。

オンラインカジノに興味のある方は参考にしてみてください。

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとはネット上で遊べるカジノ

もっとみる

海外のバイナリーオプションは違法って言われるけど使うと捕まってしまうのか?

バイナリーオプションといえば大体の方が海外のバイナリーオプション業者を思い浮かべると思います。

しかしネットで調べてみると「海外のバイナリーオプション業者は金融庁に登録していないから違法!」という書き込みがあるのです。

海外バイナリーオプション業者が金融庁に登録していないのが違法なのかどうかを調べてみました。

海外のバイナリーオプションが違法と呼ばれるのはなぜ?

海外のバイナリーオプション

もっとみる

【「漫画村」と業界 作家が指摘】

まず漫画村ほどユーザーにとって使い勝手の良いデザインの見やすい漫画サイトが少ない。そして全ての出版社の作品が一つのサイトで読めた。これは正規の漫画サイトにはない仕様で、つまり出版社側がもっと読者ファーストなサイトを作らないとダメだとの指摘です。

【朝型勤務を「夜型人間」に強いるのは違法なのか

未🔵朝型勤務を「夜型人間」に強いるのは違法?

⏺️長時間労働の削減にはつながりそうだが

⬛️残業がイヤという人がいれば、早朝出勤がイヤという人も

朝のさわやかな時間帯に働けば、夜のダラダラ残業もなくなる。

最近、「朝型勤務」が企業の間で広がりを見せている。

仕事を効率化させることで、日本企業の課題である長時間労働の削減につなげることが狙い。

【伊藤忠商事】

⭕️朝型勤務を正式導入し

もっとみる

メンズエステがどういうところか

どうも、足の裏がかゆいとき足同士でかこうと試みるキンヨクンです。

メンズエステ。最近よくキンヨクンが話題にします。

興味あるでしょ?みんな。

メンズがエステしてくるの?って思うかもしれないし。

違うよ。メンズがエステされるんだよ。

いわゆるメンズ?専門エステ?かな?
それも微妙に違う。。んです。

どんなことしてるのって気になりません?
行ったことある人は、しーっっっっ!

ぶっちゃけ、

もっとみる

ライターが違法な依頼を引き受けた場合の責任は?逮捕や損害賠償請求される危険性について

ライター業をしていると、ときに「怪しい」依頼の打診を受けるケースがあります。
「これってやばいんじゃないの?」と疑問を感じつつも、報酬が高いからといってついつい引き受けている方はいませんか?

もしもクライアントの違法行為に加担したら、ライター自身も逮捕されたり損害賠償請求を受けたりする可能性があります。このマガジンをお読みの方はそのようなことはないと思いますが、目の前のお金にくらんで違法行為に加

もっとみる