身近な異常人格者!サイコパスと反社会性人格障害はどちらが危険?

今回はサイコパスvs反社会性パーソナリティ障害(Anti-Social Personality Disorder:略してASPD)についてです。
サイコパスとASPDはとても似た概念だと思われている方も多いとは思いますが、実は異なる点も多い人格上の障害です。
今回はこの二つはどう違うのか、どういう危険があるのかについて紹介していきたいともいます。
いつもはざっくりした内容でお届けしていますが、今回

もっとみる

「有名にするな」~銃乱射事件の犯人について~

繰り返される銃乱射事件の度に…

アメリカで、銃乱射事件が繰り返されている。今月、南部テキサス州と中西部オハイオ州で、銃撃事件が相次いで発生し、あわせて31人が死亡した。無差別殺人である。銃犯罪に関する研究機関によると、今年に入って4人以上が銃撃された事件は、全米で250件を超えているという。1日1件以上の計算になる。被害者3人以下の事件も含めれば、さらに莫大な数になるだろう。全国ニュースでは、犠

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアもお願い致します
12

ジェフリー・エプスタイン事件の真相 - 諜報機関、政府高官、民間軍事会社ダインコープ社との繋がりなど

COBRAの2019年8月18日の記事「Grand Cross」で紹介された記事「JEFFREY EPSTEIN DEEP DIVE – THE MOSSAD, FRAUD AND HIS CREEPY TEMPLE」を翻訳しました。

※公開三日後に有料設定をさせていただきます。

"エプスタインの死去に伴い、暗部の調査でダインコープとの数多くのつながりが浮き彫りとなるでしょう。"

元記事:

もっとみる

もう、「愛想」でごまかすのやめます。

男の人の中には、サラッとセクハラしてくる輩が結構いる。

「胸大きいよね、何カップなの?」
「童顔で巨乳っていいよね」
「胸大きいけど、肩凝らないの?」
「俺、巨乳好きなんだよね」
「この子何カップだと思う?」

これは、今まで私が言われてきた数ある言葉の中の一部だ。ほんとキモい。

これが"初対面の会話の中"とかで、ナチュラルに出てくる。(私のキャラのせいもあるだろうが)

とにかく、何かにつけ

もっとみる

犯罪とハーゲンダッツ

これを畳んでやり過ごそう。
この溜まった洗濯物を畳んでいればあいつは怒らない。

今日はとんでもないことをやってしまったからな。本当にやってはいけないことを。と、わかってはいても、どうにかしてやり過ごしたい。逃げたいんだ。
やっぱり恐いからな。牢屋とか。死刑とか。あー恐い。

人間は欲を我慢することができる生き物だ。だから、俺は、人間じゃないことになる。欲に負け、いけないことをしてしまった。

もっとみる

コピペは犯罪?損害賠償請求される?ライターやブロガーなら知っておきたい著作権法

ネット記事をライティングするとき、必ずと言ってよいほど問題になりやすいのが「コピペ問題」。

時間を節約するためなどの理由で、ついついコピペ記事をクライアントに提出したり自分のブログに貼ったりしていませんか?

実はコピペをすると、著作権法違反になり「犯罪」が成立する可能性もあります。

ただ、結果的にコピー率が高くなった場合でも「コピペするつもりがなかった」という方もいるはずです。自分ではきちん

もっとみる

同年代の犯罪者たち

先日の常磐道煽り運転の容疑者は43歳

京アニ放火は41歳

私は40代前半

ここ5年くらいずっと思っていることがある

逮捕のニュースを目にするたび

自分と2~3歳差の容疑者が本当に多い

凶悪なものから軽微なものまで

ここまでくると「気のせい」ではない気もする

私の年代は

何か弊害があるんだろうか

かなりざっくりだけど

・団塊の世代に育てられた

・バブル期は高校生で恩恵はさほど

もっとみる

真夏の悪事! 涼を求めるホームレスが考えた『電車乗りっぱなし作戦』がエグすぎた

先日、新宿のホームレスのおっちゃんに、暑い日の過ごし方についてたずねてところ、“電車乗りっぱなし作戦”との答えが返ってきました。
「電車は涼しいし、ずーっと乗っているんだわ。寝ていても文句を言われないし」
 いかにも、ホームレスが考えそうな発想です。
「どの路線に乗るとかってのはあります?」
 そんな漠然とした質問をしたところ、おっちゃんがふっと鼻で笑いました。
「やっぱり都営線だな」
「それはま

もっとみる

毎日毎日働いていたら、あなたの名前の漢字を忘れた。

ローソン、派遣、ローソン、派遣、ローソンローソンローソンと、10代の頃、なんやかんやでよく遊びよく働いた。ローソンでは15時間勤務をしたりもして手取り20万以上稼いだ。
中村さんという夜勤のアルバイトが、大雨の中自転車で出勤して、からあげクンなどが入るフライヤー陳列棚の中にびしょ濡れの自分の靴を入れた。彼は弁護士志望だった。靴が乾いたのか、乾かなかったのか知らないが、客に通報された。
次の日ぼくが

もっとみる