都市計画 5.0

はい!流行りの「.0(テンゼロ)」シリーズです。

テンゼロで何かやってみたくてw、自分の馴染みある業界である「都市計画」について書いてみます。(安易…)

※今回の投稿では、都市計画を5段階に分類してみました。分類してみて感じたのが、その時代の思想の集大成となるような都市や図書においては、既に次の段階の思想の萌芽がかなり見られるということです。そのため、分類した段階の各々において、次やその次の段

もっとみる

建築デザイナーの目指すべきポジション

3つめの記事も壮大ですw

建築や都市の勉強や仕事をしつつ、広告やビジネスなどの分野を学んでいますと、建築デザイナーにもったいなさを感じることが出てきました。

どんな点にもったいなさを感じるかというと、

ビジネスの成果にコミットしていない点です。

建築は実現のために、意匠や法律、環境、構造、使い方、等々の複雑な要素を調整し、まとめあげていく高度な職業だとつくづく感じており、それゆえにいつまで

もっとみる

これまでと、これからの都市開発

はい、2記事目にして大げさなタイトルで恐縮ですw

僕自身は業界での経験は10年程度ですが、大規模な都心の開発から中規模な地方の開発の都市計画や事業推進を経験しており、所属した組織も、大規模組織から国内外のアトリエ系と幅があります。それらの経験を通じて、今感じている都市開発 / 不動産開発の流れをまとめてみます。

縦軸:不動産開発の立地による分類。都心部(東京・大阪・名古屋・福岡など)、地方や郊

もっとみる

近世大名は城下を迷路化なんてしなかった:第4章(4)それは盛岡砂子から始まった

## 4.4. それは『盛岡砂子』から始まった
――街路屈曲防衛術の論拠は江戸時代中期の巷説

### 4.4.1. 一次ソースの名は『盛岡砂子』

さて!さて!さてさてさて!やってきました桶狭間。ここが勝負の天王山。心しずめて賤ケ岳。天下分け目の関ケ原。ついに本丸天守閣。

天守閣って言い方は明治以降だ?うるせえやい、七五調にしたかったんじゃい。細けぇこたァいいんだよっ!

いよいよ、街路屈曲防

もっとみる

08:北欧のスマートシティとその傾向

編集:安岡美佳 / 今村真梨香
2019年1月18日

はじめに

近年の世界的な都市トレンドの一つに「持続可能な街づくり」がある。現在、世界の人口の50%に当たる欧州の人口の75%は都市に居住しているといわれ、世界の30以上の都市が100万都市となっている。国連の算定によると世界の都市人口は年間1.5%増となっており都市拡大傾向は世界的な動きだ。人口増加、都市回帰が世界中で起こり、今後世界中の都

もっとみる

🌴ホノルルのまちづくり最前線#1🌴

最近「整備」とか「開発」とかという言葉にネガティブイメージが付きすぎてるから、「まちづくり」って乱発してるんじゃない?と勘ぐっている今日このごろです。

ということで、4年ぶりにホノルルに帰りました。バケーションだけど、バケーションじゃない。きちんとテーマがいっぱいあって、かなりのハードスケジュールだったんだよ。

その中の一つがホノルルの「まちづくり」の現状を知ること。

主にチェックしたかった

もっとみる

都市はどんどん退屈になる?

都市の均一化とそれを防ぐ「よそ者」の存在。アジアの各都市を訪れて感じる既視感について考える。

ーーーーーーー

数年前、好きでよく台湾を訪れていた。その土地が、気候が、食べ物が、そしてそこに住まう人々の暮らしと纏う雰囲気が好きだった。

そんな気持ちとは裏腹に、国の首都である台北を訪れる度に落胆することがあった。新しくそこにできるカフェが、レストランが、バーが、ホテルが、どれも「何か」に似ている

もっとみる

「HIPHOPとニューヨーク都市開発」その2

・結果

クロスブロンクスエクスプレスウェイの建設に伴い、黒人やヒスパニックなどの低所得者の有色人種たちは、都市開発によりブロンクスのスラムをぶち壊して作られた「プロジェクト」と言われる低所得者向けの高層アパート、日本で言う「団地」にぶちこまれる。

団地って何処と無く治安悪い気するよね、、、

更には、何千という役所の手続きなどままならない、ギリギリの生活をしている人達は、団地にすら入れず、ただ

もっとみる

「HIPHOPとニューヨーク都市開」その1

・ブロンクスがオワコン

HIPHOPの創設期は1970年代前半アメリカのニューヨークの「ブロンクス」というのは有名な話。

その前の1960年代後半、ブロンクスが半端ない貧困地域で治安も鬼悪、ドラッグ、放火、窃盗の悪い事コンプリートボックス状態だったのも有名な話。

そこからギャングが発生し、後にHIPHOPに繋がっていく。

この記事を書くにあたって参考にしているHIPHOPジェネレーションと

もっとみる