金融教育

こどもたちの様子。金融教室。ユニバリスト式小学生クラス

「お金って誰がつくったの?」

「海外のお金の単位知りたいんだけど」など子どもたちから進んで学び取ろうとするスタイルがユニバリスト式教室ではいつでも見ることができます(。•̀ᴗ-)و ̑̑✧

なぜでしょうか?

9歳から子供は自分のアイデンティティに気づくと言われています。だからこそ、子どもたち自身に必要な情報は、進んで学びにいくことが出来るんです♡

さっそく、金融教育を始める準備をご家庭でも

もっとみる

銀行がお金を貸す時には学校の成績表は関係ない!

銀行からお金を借りる時に、銀行が学生時代の成績表を見ないのはどうしてなのか分かりますか?

大人になったら、どれだけ良い成績を得られても、銀行にとっては関係はありません。

子ども時代にお金の勉強をしないで社会へ出ていくのか、お金の勉強をして社会へ出ていくのか。

実社会に出た時にその教育の善し悪しが分かり、気づいた時にはかなりの差がついていた。なんてこともあります。

ユニバリスト式の金融教育は

もっとみる

【フィナンシェ話#2】後編:韓国では寄付が流行!?

韓国出身の金柔伸(キム ユシン)さんに伺った韓国の金融教育。その内容である前編はこちらから。

 後編ではお小遣いから寄付にテーマを変えて掘り下げてみました。

■ 寄付する子供の写真をオフィスに飾る

── お小遣いから話題は変わるけど、韓国の寄付ってどうなの?
  友人など周りで寄付している人は多いですね。社会人になってからか、アフリカの子ども一人に対して月何千円かを寄付する、というのがとても

もっとみる

【フィナンシェ話#1】前編:韓国は官主導で子供目線の金融教育

様々なバックグラウンドの方に伺う、幼少期のお小遣い、お年玉、寄付や投資のこと。そこから自分の子供につながるフィナンシェなヒントを探ります。

 初回は、筆者の大学の後輩で、韓国出身の金柔伸(キム ユシン)さんに、韓国のお小遣い事情や寄付について聞きました。先進的な取り組みもあり、驚きの連続でした。

■ 中央銀行×お小遣い管理!?

── 韓国の金融教育を事前にネットで調べたけれど、情報が全く探せ

もっとみる

市場ワーキンググループ議事録を読む

昨日、金融庁ホームページにおいて、金融審議会「市場ワーキンググループ(以下、市場WG)」(第23、24回)の議事録が公表されました。

この2回の市場WGにおいては、「2000万円問題」で広く知られることになった報告書「高齢社会における資産形成・管理」について討議されました。

世間では、この報告書に関するマスコミの誤った報道によって、「年金では生活できないことを政府が認めた」などと騒ぎになり、年

もっとみる

金融リテラシーの日米比較

上の記事で、筆者の大江さんが仰っている「投資教育よりも、社会保険と税に関する教育の方が重要である」ということは、私も常日頃から感じているところですが、この記事の中で、もう一つ興味深い解説がありました。

 アメリカでは子どもの頃から金銭教育が行われているので、日本人よりもお金のリテラシーが高いと思われているが、決してそんなことはない。2016年に日銀の金融広報中央委員会が行ったった「金融リテラシー

もっとみる

投資教育の問題点~金融リテラシー調査より~

投資を数値だけでとらえることの問題点

今回は金融経済教育の普及に務めている、知るぽると(金融広報中央委員会
)が実施した「金融リテラシー調査 2019年」から題材を取り上げてみます。

この調査は、家計管理、生活設計、金融に関する知識について53個の質問に答えてもらい、18歳以上の個人の金融リテラシーの現状を把握するためのアンケート調査です。

アンケート全体の報告書は、以下のリンクで見れます。

もっとみる

なぜ今、こどもにお金の教育が必要なのか?

来月開催「お金」イベントの、8/5講義の予告動画の編集がやっと終了!
昨日Youtubeにアップしたので、是非ご覧あれ~!

いろいろ調べてたら東京方面では、「お金」をテーマにしたワークショップ はもうさかんに行われているというのが分かって来ましたわ。やっぱ、関西は情報全体に遅めではあるような。。しかも、普通WSだけで二時間5,000円とかだよ。ちょっと我々、安すぎの設定(汗)。

こどもみらい館

もっとみる

【教養】と【金融教育】の本質

こんにちは!

キッズマネー教育認定講師・FP(ファイナンシャルプランナー)、2児のママの杉本です。

ここ数年、世間では、マイナス金利や度重なる税制改正、働き方改革の話題、最近では老後資金の事から、公的年金制度・確定拠出年金(個人型はiDeCo,企業型は401kと言います)、NISAの相談に来られる方が多くなり、「金融教育」という教育ジャンルも活発になってきました。

FP側としては、今始まった

もっとみる