NiCE(20) ギフトキッチン

===================
お金に関するフィクション
『NiCE』の20回目です。
本文はそのまま読めます。第1回はこちら。
===================
 

ミカが連れて行きたいと言っていたのは、スーパーUIの片隅にあるフードコートだった。
「このフードコートね、ちょっとおもしろいよ。ミカ、けっこう好きなんだ」
 ミカは声を弾ませてそういった。車椅子をスキップしながら押し

もっとみる

NiCE(19) ミスターC

===================
お金に関するフィクション
『NiCE』の19回目です。
本文はそのまま読めます。第1回はこちら。
===================

 ミカが、連れて行きたいところがあるというので、午後は車椅子に押してもらって出かけることにした。大方、私を見せびらかしてナイスをもらいたいのだろうとゆかりは思ったが、ミカにたくさんナイスを付与できない負い目もあり、おとな

もっとみる

電子マネーが普及したらお年玉はどうなるのか

こんにちは守本です。

今回は最近うちのデザイナー陣(http://o-eau.com/index.html)で話題にのぼるネタを。

タイトルの通りなんですが、

「電子マネーが普及したら(現金がなくなったら)お年玉ってどうなるんだろうね?」って話。

お年玉って現金ありきみたいな文化だから、お金が形を失った後はその文化ごとなくなっちゃうんじゃないかという..。

同じような話で、結婚式のご祝儀

もっとみる

NiCE(18) 【日記】2006年、11歳

===================
お金に関するフィクション
『NiCE』の18回目です。
本文はそのまま読めます。第1回はこちら。
===================

5月14日
今、「あしながおじさん」という本を読んでる。こじいんにいるジュディが、あしながおじさんのえんじょで、学校に行く話です。すっごくおもしろいです。とくにびんぼうなのを友達にかくすところとか。うちもお金ないし、いろ

もっとみる

NiCE(17) 初受領

===================
お金に関するフィクション
『NiCE』の17回目です。
本文はそのまま読めます。第1回はこちら。
===================

 車椅子に乗せられてスーパーに向かいながら、ゆかりは改めて街をじっくり見た。やはり不思議な街並みだ。異様にプランターが多い。そして、玄関先に直売所のよう野菜や手作り品らしきものを並べている家、表札の隣に、「洋服のお直し、

もっとみる

仮想通貨と電子マネーは両極端にある

FRBのパウエル議長は、10日の議会証言で、Facebookが発行を計画しているリブラに対して、マネーロンダリングなどに関連して深刻な懸念があると表明した。
 リブラはブロックチェーンによって運営される仮想通貨であるから、マネーロンダリング等を基本的には阻止できない。

 この点で、仮想通貨は電子マネーと対照的な位置にある。
 電子マネーには管理主体があり、その取引は、管理主体によって完全に把握さ

もっとみる

NiCE(16) ナイス獲得

===================
お金に関するフィクション
『NiCE』の16回目です。
本文はそのまま読めます。第1回はこちら。
=================== 

 目がさめたら、元の世界に戻っているのではないか。眠りに着く前にうっすらとそう思っていたが、翌朝目が覚めたゆかりは、やはりミカの家の布団の上にいた。

 窓から青い空が見える。暑すぎて、立ち上がるだけでめまいがしそうだ

もっとみる

NiCE(15) 受領、提供

===================
お金に関するフィクション
『NiCE』の15回目です。
本文はそのまま読めます。第1回はこちら。
=================== 

 目がさめると遠くからリズミカルな音がした。NiCEの登録を済ませた後、そのまま眠ってしまったようだ。

 起き上がってふすまを開ける。ダイニングキッチンの方を眺めると、ミカがミシンに向かって何か作業をしていた。ゆかり

もっとみる

仮想通貨リブラは、中国へのアンチテーゼになりうる

仮想通貨リブラに対して、アメリカでは反対が強い。これを規制すべきであるとか、禁止すべきであるといった意見が議会などから出されている。これは、中央銀行の金融政策が影響を受けることに危惧を持つからだ。
 しかし、本当はアメリカは、これを育成すべきだ。
 リブラは仮想通貨なので、独自の通貨圏を形成する。また、リブラは、ドルなどに対して価値を安定させるとしている。これが実現すると、弱小国通貨からの資本流出

もっとみる

キャッシュレスで幸せにして欲しい

ポイントに目がない私はできるだけ電子マネーを使います。せっかくポイントが付くのに使わないのはもったいないと感じます。一方で、ポイントの出どころを考えると喜んでばかりもいられません。

電子マネーは電子決済の一種で、消費者と販売者の間に入るビジネスです。電子決済した代金は、電子決済の運営会社が消費者から回収して、販売店に支払いします。その支払いの中から手数料を引きます。この手数料が電子決済会社の売上

もっとみる