B型肝炎

裁判所

私はB型肝炎の患者である

しかも、病態はかなり悪い

今日は二ヶ月に一度の裁判期日

私の裁判は終わっているが
全国には何万人ものB型肝炎の患者が
和解を待っている

15年前に吐血してから
B型肝炎との闘病生活の毎日である

仕事もままならぬ状態でありながら
患者団体の活動をしているという矛盾した生活だが
同じような患者がいるのだから助け合うのは大事なのだ

これからちょくちょく、こういう話題

もっとみる

持病について

画像は全然関係のない大好きなカルボナーラです。たまには猫以外の写真も良いかなと思って。すみません(笑)

今回は私の持病についてざっくりまとめます。
※過去にも書いてたかも?

生まれつきの持病は #B型肝炎 (母子感染)です。20代前半にキャリアから慢性肝炎になり治療開始⇒週5の通院注射(薬の名前忘れた🙄)や #バラクルード#インターフェロン療法 ( #ペガシス )等をし、数回 #セロコ

もっとみる
これでまた頑張れます( ᷇ᵕ ᷆ )♡
9

性病の検査ってどんな流れ?

こんにちは、AV男優のしょうです。

今回はAV撮影に参加するうえで必須となる性病検査についてお話します。

僕は月に1度、必ず検査を受けています。というのも、撮影前に検査表の提示を義務付けられているからです。
メーカーさんが素人の男優を募集する際も、1か月以内の検査が応募項目に記載されています。
※場合によっては2週間以内など短く限定されている現場もあります。

(上の画像はSODさんの募集ペー

もっとみる
大吉☆★☆★
6

1日5分の免疫学⑳結核、B型肝炎

本「結核のスクリーニング検査について!」
大林「スクリーニング検査(screening test)とは、症状は一見して(あんまり)無いけど、その疾患の疑いのある人を早く発見するため最初に行う検査!」

本「IFNγ遊離試験(IGRA)というのがあってな」
大林「Interferon-Gamma Release Assays?えーと、インターフェロンガンマ(IFN-γ)を遊離releaseさせる試験

もっとみる
ありがとうございます!あなたとあなたの推しに幸多からんことを!
1

医療関係者の考える危険性と一般の人が考える危険性は別物です。

自分のTLでは特に話題になっていなかったので気づかなかったが、鍼灸師の男性が「痴漢対策に安全ピンを刺すのは止めたほうがいい」と呼びかけて炎上していたらしい。

正直、本音を言えば「刺してやれ」だが、「弁護士ドットコムニュース」で「痴漢されたら「安全ピンで刺す」は正当防衛か傷害罪か?」を読むと、ケースバイケースだが被害者側が傷害罪に問われる可能性もあるというので、やはり安全ピンでの反撃は安易に推奨で

もっとみる

性感染症の検査は何を受けたら良いか

性感染症の検査って意外と種類が多く、普段あまり聞かないようなものや、名前を聞いたことくらいはあるけどよく知らないものもあって、正直何を受けたら良いか分からないという方が多いです。
そのため、どの検査をやれば良いですか?とよく聞かれます。
症状がある場合には、その症状に応じた検査を行う必要があるため、診察を受けましょう。今回は、全く症状がない場合にどういう検査を受けたら良いか、という話です。

結論

もっとみる

🇯🇵研修前に黄熱と麻疹の2本。研修中にA型肝炎2本、B型肝炎2本、狂犬病3本、破傷風1本、8週で8本。🇨🇴赴任後にもB型肝炎と腸チフスの2本打たなくてはならない。本日B型肝炎接種。来週腸チフス予定。1年で全12本1ダースコンプリート。こんだけ打たれると最強になった気分😎

धन्यवाद🇮🇳
3

治療をしない選択/緒形拳さんの肝臓ガン

肝硬変を経由する肝臓ガン(肝がん)の原因はいろいろですが、主な病状は約3つ。
①C型肝炎
②B型肝炎
③アルコール性肝炎

ウィルス性感染が原因のC型肝炎とB型肝炎は、現在ではほぼ完治できる新薬が処方されています。
 またアルコール性肝炎は禁酒が有力な進行停止手段ですね。

 緒形拳さん(享年71歳)は慢性肝炎と診断されてから、肝硬変そして肝臓がんと進展。
 緒形拳さんはガンと診断されても手術も抗

もっとみる
嬉しいです。
3

マレーシア渡航に必要な予防接種は?

マレーシアに渡航する際に推奨されている予防接種を紹介します!マレーシア旅行の方やマレーシア留学を考えている方は参考にしてください!

マレーシアに必要な予防接種

こんにちはdragon384です!今回はマレーシアに渡航するにあたって受けておくべき予防接種について紹介します!最初にまとめてしまうと、マレーシアの予防接種で必須と思われるのは以下の6つです!

・破傷風
・B型肝炎
・A型肝炎
・日本

もっとみる

抗がん剤治療 「1クール目〜2クール目」

1クール目はがん患者として何の心構えもできていなかったので、次から次へと押し寄せる副作用の嵐に揉みくちゃにされ、心身共にボロボロで、ましてや6人部屋という過酷な状況で、1ヶ月間白血球は戻らず、3週おきのはずが2クール目に入れたのは29日後でした。

「白血球が上がらない」という問題

普通は、白血球が下がったり貧血になったりすると、血液製剤や輸血をするのが当たり前のようで、私の周りの方も、しょっち

もっとみる