So far... これまでの人生のサマリー(CATAPULT今に至るまで編)

前回はなぜカタパルトに入ったか、というところにフォーカスした記事にしましたが、今回は今に至るまでのことを書いていこうと思います。きれいにかけるように、「見出し」を初めて使って書いてこうと思います!

営業という仕事に対して

今まで自分のこと知ってる人だったり、前回の記事を読んだ人は分かる通り、自分は営業の仕事が好きじゃないと言ってきました。でも、色々考えてみると、その仕事自体が好きじゃないんじゃ

もっとみる

So far... これまでの人生のサマリー(CATAPULT初期編)

またまた時間があいちゃいました。今回は「これまで」から「現在」の話しなので、一旦は完結することになるのかな?前回のnoteでも少し触れたけど、今働いているCATAPULTの仕事についてです。

そもそもなんの会社か、ってまだ知らない人も多いと思います。
画像にあるように、ブラっぽいベストがフォーカスされがちですが、背中の部分にあるデバイスが肝となります。

この中にGPSチップや加速度計などのセン

もっとみる

田植え終盤

GW初日から始まった田植え。
5月も中盤にかかり田植えも終わりが近づいています。
今年はお天気に恵まれたので、去年よりも早く終わりそうです。

昨年からGPS付きの田植機を導入しており、まっすぐに植えることができます。今まで熟練の技術や、細心の注意が必要でしたので、少し気が楽になります。まっすぐ植えることにより効率も良くなります。ちなみに来年2020年に、クボタは無人田植機を販売すると発表していま

もっとみる

【GPS必須】戦略的に浮気されない妻になる方法

はじめまして!
キャリアウータンおらうーたんです。
なんでこんな名前になったかと言うと…
単純に仕事とオラウータンが好きだから。

そんな安易な前置きはさておき、、、
このnoteでは

・浮気させないための発言
・浮気させないための行動
・浮気させないためのマインド

について書いていこうと思います。

ただ…最初にお断わりをさせていただきます。

これから書く内容は、私の実体験を踏まえた完全オ

もっとみる

素人考えのドローンでの配達の困難さ

配達の効率が悪いのはまさにその郊外の、家々が離れて存在している地域でしょうから、都心部は人間が、郊外はドローンが配達するという棲み分けであればいいのかも知れません。

ネットショッピングなどで配達の需要はずっと増え続けています。消費者側のライフスタイルの変化でもありますが、実店舗ではなくネットから購入して自宅まで配達してもらう、という購買方法は今後もあらゆる分野に広がるはずです。Amazonが登場

もっとみる

GPSロールオーバーと、その後の話

1024週ごとにゼロリセット

 日本時間の4月7日、人類は歴史上2度めとなる「GPS週番号のロールオーバー」を経験しました。

 GPSは独自の時刻体系(GPS時)で時刻を管理しており、そこでは「週と秒」だけで時刻が表現されています。GPS時の週番号(WN;Week Number) に割り当てられているのは10ビット分、すなわち1024。カウント開始から1024週で、週番号の2進数表現は、1が

もっとみる

THE GUILD 安藤さんがCXOとしてジョインしました - YAMAPのこれから

はじめまして。私たちYAMAP(ヤマップ)は、山登りを楽しく・安全にサポートするサービスを運営している会社です。

このたび、THE GUILDの安藤さんが、YAMAPのCXO(Chief Experience Officer)としてジョインしてくださることになりました。

ということで、安藤さんがジョインするまでの経緯や、これからのYAMAPが目指すことについて、安藤さんと春山さんが、九州の名峰

もっとみる

3分でわかる測位衛星の法律問題

生活インフラとしての測位衛星

初めての場所に行く時、私たちはGoogle mapなどを通じて位置情報を使います(少なくとも私はGoogle mapがなければ初見でX-NIHONBASHIに行けませんでした)。宇宙基本計画では、準天頂衛星システムは2023年度をめどに持続測位可能な7機体制での運用を開始するとされています。
測位衛星は衛星から発信される電波によって位置を特定するという仕組みというわ

もっとみる

バスロケを試す

北海道ローカルの番組や新聞などでは割と大きな扱いになっていたニュースがありました。

『バスの現在地、スマホで検索 ジェイ・アール北海道バス』
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/289355

自分が住んでいる地域はJRバスのエリアではありません。だから、この機能を使ってバスを待つことはたぶんない、あっても数年に一度ぐらいの頻度になりそうな気はしますが、そ

もっとみる