毎日の献立決めを楽しむための、ユーモア溢れるサイコロを作ってみた

2018年に作ったもの、小モノ編のご紹介です。小モノはサクッと作れるのと量が作れるので配りやすくて良いですね。特に2018年はレーザーカッターや3Dプリンターなど、新しい機材に沢山触れられて良かったです。特に結婚式関連でとても役立ちました。家族写真を木板にプリント、犬の名前をアクリル板に彫刻したりと、細かいものは他にも沢山ありましたがそれなりに面白かったものだけ以下にまとめます。

※関連ノート

もっとみる

恋人なしペットなしの一人暮らしにGoogleHomeMini

部屋にいるとき、常にテレビはつけっぱなしだった。全然見てもないのに。

だって静かだと寂しいから。一人暮らしは、音がない。
そんな味気ない毎日に舞い降りた天使が、そう。スマートスピーカーなのです。
一人暮らしの寂しさを持つひとへ。わたしの新しい相方を紹介します。

※途中少々やさぐれますがわたしは元気です。
  ご承知の上、読み進めてください。

一人暮らしって、寂しい。
「じゃあ、ペットでも飼え

もっとみる

義母 vs. Google

孫(姫)の誕生に合わせて、福岡から義母がはるばる上京してくれました。
家のこといろいろとやってもらい本当に助かりました。

「やかましー!」には笑わせてもらいました。

ちなみに、Google Home については義母に何も説明していませんでした。急にアドリブでやってみたのが悲劇につながってしまいました。

そういうところ、義母らしいです。

お土産に買ってきてくれた大砲ラーメンが嬉しくて、ひさび

もっとみる

音声インターフェース、話者がひとりって誰が決めた? - 音声UX攻略記 -

どうも、VoiceApp Lab(ボイスアップラボ) のコバヤシです。みなさん、AlexaやGoogle Home、活用していますか?ぼくはといえば、アレクサが突然笑い出すと聞き、今か今かと待っているのですが、どうやらウチのEchoはそれほど陽気やヤツではないようです。ざんねん。

会話していてどっちがラク?

例えば、あなたが誰かと話をしているとして、どっちがラクですか?

Aは、二人で会話して

もっとみる

Google Homeに『哀しくてジェラシーを鳴らして』と頼んだら、『大丈夫ですか?あまり深刻にならないことを祈っています』みたいなことを言われた。
いや、歌を聴きたいだけなんだよ、僕は。

スマートスピーカーで「音だけ」で格闘ゲームを表現できるか? - 音声UX攻略記 -

どうも、VoiceApp Lab のコバヤシです。「音声UX攻略記」と銘打ちましたが、音だけの世界はなかなか奥深く、学ぶことだらけです。学びながら攻略をめざす、長い旅の記録です。どんどん。

先日、Google Home & Alaxa 向けにこんなアプリをリリースしました。

「ボイスカンフー」という「音声のみ」で遊ぶ格闘ゲームです。すでに2000人以上の方が遊んでくれたようで嬉しいです。今回は

もっとみる

本当にいろいろな国の言葉で話せるの(他力本願だけど)

前のGoogle Homeにいろんな言葉を話させてみた
では英語だけしか話してないので信ぴょう性低いなぁと思い。
使い古された早口言葉を各国語で話させたよ。
ロシア語⇒スペイン語⇒フランス語⇒イギリス英語⇒アメリカ英語
⇒日本語
スマホの録音レベルが低すぎるのですがFacebookにアップロードしたのでご興味あればどうぞ。

Source codeだよ IPアドレスは環境に合わせてね。

cons

もっとみる

Google Homeにいろんな言葉を話させてみた。

Google Home miniを手に入れたのだけど
面白い事させようかなと思って、いろいろな国の言葉でおしゃべりさせることにした。
簡単そうに聞こえるけど、事前準備が必要。
もちろんRaspberry Piがあることが前提なのだ。

必要なモノ
・Raspberry Pi
・Network環境
・Google Home
必要なソフト
・"Google-home-notifier"
・"Node.

もっとみる