ITバブル

ESG投資とリターンの関係

先週は以下の著書に関して記者勉強会を開催しました。

その内容と全く関係ないわけではありませんが、記者からの質問の1つにタイトルに示したものがあります。私からの答えには2つの側面があります。

1つはそもそもESG投資は財務的なリターンだけではなく、環境や社会への好影響をも追求するもので、後者の要素が含まれているというのがESG投資の特徴です。伝統的な投資では財務的なリターンの最大化が主な目的でし

もっとみる

【記事感想】やっぱりAmazonは凄い

株価は上場直後のITバブルで大きく上昇して2000年12月には113ドルをつけています。その後、利益がなかなか出せない中でITバブルがはじけ、2001年10月には5ドル51セントまで下落。

マジか、創業から1年経たずに113ドルが5ドルへ。ITバブルの衝撃がいかにすごかったか分かる。この時、ITバブルに流されて投資した人って、けっこうショックだったよな…

ちなみにもう少し早くアマゾンの革新

もっとみる

仮想通貨の隆盛とITバブルの関係

2017年末、ビットコインは驚異の200万円超という価格にまで登り、その後約1年間かけて、価格は40万円ほどまで下落ます。

価格の下落幅は5分の1。わずか、1年でこれほどまでに価格を下げることになりました。

しかし、2017年当初はまだビットコインの価格は6万円ほど。そう考えると、2年間で価格は7倍になったと言うことができます。多くの人はバブルと言われた、2018年の夏からの参入であったため、

もっとみる

「音楽no無駄na昔話」 vol.5

<ITバブル期前後の事業あれこれ失敗談>

1990年代末期、世の中はインターネット網の拡大とスピード化、留まる事のない技術革新が進む、まさに「ドッグ・イヤー」の真っただ中にあった。

新たな産業として発展の一途をたどっている「IT業界」は、異常な盛り上がりを見せており、業界は新規事業とコンテンツを常に欲しがっていた。
いわゆるITバブルの時期であった。

その頃、音楽産業は袋小路に差し掛かってお

もっとみる

スライドストーリーで見る2000年のITバブル崩壊とサイバーエージェントの危機。

前回はサイバーエージェントの創業から上場までのストーリーでしたが、その続きです。

目次

1、アメリカと日本のITバブル崩壊

2、インターネット企業への大バッシングと急落する株価

3、サイバーエージェントを巡る買収や救済

4、株価回復から成長へ

ここから先は有料となります。ノート単品だと300円ですが、月額700円の有料マガジン「IT業界がよくわかるマガジン」を購入頂くことでも閲覧が可能

もっとみる