【JKから見たJリーグ】 第3弾 ~ホームゲーム前半戦を終えて~

私が応援している横浜F・マリノスは6/29のアウェーFC東京戦で前半戦を終え、この試合の1週間前に行われたホーム松本山雅FC戦ではホームゲーム前半戦8試合を終えた。

このホームゲーム8試合から思ったこと・感じた事を書いていく。

__________________________________

Jリーグも前半を折り返し、7/6から後半戦が始まりましたね!

同じスタジアムに何回も通うことで

もっとみる

Jリーグファンのアラサー女がプロ野球オールスターを見た話

この時期といえば、オールスター! 日本全国、プロ野球ファンの方々にとってはたまらない一大イベントですよね。

サッカー好き(というかJリーグ好き)な私も、今年は訳あって、オールスターの試合を見に行くことになりました。もちろん、行くからには事前のファン投票もしましたよ! 選手にもリーグにもそれほど詳しいわけじゃないけど、ルールは大体わかるし、選手も”なんとなく知ってる”人はたくさんいたので、好き勝手

もっとみる

2019順位予想を前半戦終了時点で振り返ってみた。

今年のJリーグ開幕前に、性懲りもなく順位予想をした私。シーズン終わりに振り返るのもいいが、前半戦が終わった時点で振り返ってみるのもいいかなと思い立ち、全く別の目的のために取った有給休暇日の午前中を消費してこんなエントリを書いている。

ちなみに昨シーズンの順位予想結果はこちら。予想順位との差分は、合計値89、平均値4.89だった。

最初に言い訳しておくと、あくまでこれはシーズン終了時の順位予想で

もっとみる

日頃の行いが良くないから(?!)

昨日は厚別競技場でJリーグの試合を観てきました。試合内容もさることながら、印象に残っているのは、

雨。

というのも、競技場の観客席に屋根はなく、傘を差しながらの観戦も禁止になっているため、合羽を着用して試合を観ることになるのです。雨の中の試合観戦は過去に何度も行っており、屋根がないことと合羽を着用することは、できれば避けたいと思いつつも「仕方ない」と受け入れています。
ただ、昨日は、その雨の降

もっとみる

大分へ行くことにした

https://note.mu/f_yoshihiro/n/n156fcb57d154

の結果。

4月に「変な胸騒ぎがする」という理由で6月のサッカーの応援でアウェイに行くことをやめましたが、その後改めて行先を再検討しました。6月の次は7月なわけですが、その7月の試合日程を確認したら、アウェイでの試合は大分のみ。大分の地名を見たときに4月と同じ胸騒ぎが起こらず、逆に

“行ったことがないから行

もっとみる

人は見かけによらぬ

朝8時57分、ミーティングが終わって全員が席に座って準備が整った段階で、自分の向かいに座っていた一人の男性の先輩が、先輩の横に座っていた別な男性の先輩に
「最近、何かいいことあった?」
と尋ねて、訊かれた先輩が「特にない」と答えると「そっか」と言ってから

「俺、明日から三日間休むから頼むわ」

と、何の脈絡もない展開へ持って行ったのでした。理由も
「祭りがあるから楽しむぜ」
というもの。たしかに

もっとみる

インナーラップ@サイドレーンの担当者

皆様、お久しぶりです!
またまた久しぶりになってしまいました💦
今日の朝CLの決勝がありましたね!
リバプールが念願の優勝を勝ち取りました🏆
今年1といっても過言ではないほどの最高潮の盛り上がりでした。

ということで、今回の分析をしていきたいと思います!

2019/6/1(土) jリーグ第14節
川崎フロンターレ 1 VS 1 浦和レッズ
54分 ダミアン(川崎)
95分 森脇(浦和)

もっとみる

松本の選手の言葉の対策から読み解く、名古屋の敗因

--------------------------------------

※本文の無断転載、スクショによるSNS等への投稿はいかなる理由であろうと禁じます。

※単発での購入も可能ですが、月刊で「国内サッカーの現場より。竹中玲央奈のここだけの話」を定期購読していただくほうが圧倒的にお得です。

---------------------------------------

ボール保持率が高

もっとみる

【2019シーズンJ1第9節】ジュビロ磐田vs北海道コンサドーレ札幌 マッチレポート〜北の大地より王国への侵攻〜

ここまで直近リーグ戦3連敗の後2連勝。ルヴァンカップもグループ首位に付けている。しかしながら、まだまだ途中過程。自他共にまだまだ変化が間に合うタイミング。
 手負いの獅子を猫だと思い返り討ちに合うなんてことは、勝負の世界にはよくあること。そこにあるのは不要な驕り。その瞬間の相手を正確に認識しなければならない。同時に、相手が臆病になっているのなら、そこに付け込まないこともまた不要な驕り。何かそんな話

もっとみる