バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生の感想

ワンダーウーマンの登場シーンが一番興奮したという映画。バッドマンとスーパーマンの立場はどうなのよ。

DCエクステンデッド・ユニバースの2作目。ダイアナちゃんの登場でちょっと暗さが薄らいだけれど、やっぱり暗い。

もっとみる

マン・オブ・スティールの感想

なんか暗い。この映画 観たの5ヶ月ぐらい前だけど、ほとんど記憶に残ってないほど印象が薄い。

DCエクステンデッド・ユニバースの始まりとしては非常に弱いですね。どうしてもMCUシリーズと比べちゃうし。でもワンダーウーマンから勢いづいてきてるし、がんばれDCコミックス。

もっとみる

今度はSFだ!『ハッピー・デス・デイ 2U』

『ハッピー・デス・デイ』、面白かったですよね。もちろん観たよね!?まだ観てないのなら、四の五の言わず劇場に行きなさい。もう公開が終わってしまい、それでも2が観たい場合は、諦めなさい。これはあなたのためを思ってあえて厳しく言いますが、『ハッピー・デス・デイ』を観ずして『ハッピー・デス・デイ 2U』を観るのは、最高の映画体験をみすみす投げ捨てるだけの、大変虚しい愚行だからです。仕事も映画も、最大限の効

もっとみる

宇宙へのいざない

あなたにとってのSF映画と言えば、何ですか?

私はと言えば、『スター・ウォーズ』シリーズを公開順ではなく、つまみ食い的に数作品だけ観る中途半端さ、『アルマゲドン』も『インディペンデンス・デイ』も『アベンジャーズ』シリーズも観ていません。そもそもSFというジャンルについてもよく理解していません。

そんな私にSF映画を語る資格もなければ、語る気もないのですが、ただ1つの映画作品として『流浪地球/T

もっとみる

『トゥモロー・ワールド』は資本主義リアリズムという名のディストピア

資本主義にたいする絶望感をわかりやすく表現したことで著名なマーク・フィッシャー『資本主義リアリズム』の第1章に『トゥモロー・ワールド』が紹介される。この世界ではもう10年以上も原因不明のまま人類は出産不能になっている。未来などないのに文明活動だったり紛争だったりをあいかわらず人類は繰り返している。主人公のクライブ・オーウェンやジュリアン・ムーアは10数年ぶりに妊娠した少女を守るべく奮闘するのである

もっとみる

「メン・イン・ブラック インターナショナル」

原題:Men in Black International
監督:F・ゲイリー・グレイ
製作国:アメリカ
製作年・上映時間:2019年 115時min
キャスト:クリス・ヘムズワース、テッサ・トンプソン、リーアム・ニーソン、エマ・トンプソン

 スピンオフと捉えるのであれば、アリかという娯楽作品。
 予告を裏切ることない予告そのままの映画。それをつまらないと取るか安心ととるかは人夫々の反応だ。

もっとみる

「レプリカズ」

原題: Replicas
監督:ジェフリー・ナックマノフ
製作国:アメリカ
製作年・上映時間:2019年 107min
キャスト:キアヌ・リーブス、アリス・イヴ、トーマス・ミドルディチ、ジョン・オーティス

 まだ日本公開間もない頃、この作品について伝わってくる情報が芳しくなく「早く観なくては終了するのでは」と忠告を受けていた。忠告は覚えていてたものキアヌ主演でもあり油断していたところ、本当にあっ

もっとみる

お肉を食べない自由について考える

最近主張の強い菜食主義の人のニュースをよく目にするようになった。
https://www.excite.co.jp/news/article/Getnews_2163045/
私は肉も野菜も食べる普通の食生活の人間だ。
そして野菜だけを食べたい人がいることも理解できるし、そうする自由は認めるべきだと思う。

だが、菜食主義は飽食の時代だからこそ声高になった文化だと思うし、菜食主義は通常の食生活を送

もっとみる

ザ・フライ  🐜🐜🐜

今夜お届けするのは...「ザ・フライ」

本作品は1986年の作品と結構古く多分ですけど、僕たちの親の世代に流行ったSF映画の一つです。

少しグロテスクな表現があるから気持ち悪いかもしれないです。

それでは!バカでもわかる映画レビュー開始!!

セス・ブランドル(ジェフ・ゴールドブラム)

ベロニカ・クエイフ(ジーナ・ディウィス)

以上の主要人物で物語が進んでいく「ザ・フライ」に🐜3つをつ

もっとみる

フィフスエレメントの感想

リュックベッソン監督作品で一番好き。だいたいベッソンさんの映画って女性キャラがうざいのですが、フィフスエレメントのリールーはとても純粋で可愛い。ま、演じているのがジョボビッチさんなので純粋とは程遠いでしょうが。

ルークペリーはビバヒル世代にとってはアイドルのようなお人です。残念ながら2019年3月にお亡くなりになってしまいました。まだ52歳という若さで。青春時代と共に思い出されるお方が亡くなって

もっとみる