描きたくなるファッション

色んな音楽が楽しい Colors show 、時間強奪サイト第一位。絵ヅラが描きたくなるミュージシャン多すぎ。音楽最高、服最高とか、ズルい。

仕事で「この絵、ファッショナブルな人物を描き足しとこ」と思ったとき参考になるかも。ならんかも(いまだ参考に出来たこと無し…)

どゆこと?な服装。顔見えない人物、なんでカッコ良く( or 美人に)見えるかいつも謎。暗い中で歯がキラッとする感じも最高。陰翳礼

もっとみる

70億通りの人生を幸せに!

Vision

地球上にいる70億人すべての人が「その人らしさ」を発揮して、想いや感動を共有し、世界と繋がっていくことで『人生は楽しい』と思えるような社会を創る!

Mission

●「人生は楽しい!」と思えるような自由な生き方と、社会への提供価値の最大化。
●また、日本を支える中小/零細企業の社長さんと、子育てをしながら働くママさんを支援することで、新たな働き方/生き方を創る。

想い

●オ

もっとみる

人生100歳時代と言われているなかで(そこまで長生きは正直したくはないが)、自分はまだ四半世紀ちょっとしか生きていないが、人生の10曲を選べと言われたらこの先も変わらずに選ぶであろう1曲がある

宇多田ヒカルの「COLORS」を聴いた時から、"色"に対する意識が特別なものへと変わった。

自己を表現する為に色を用いること

感情を色によって表現すること

この2つが自分の暮らしのベースになっている

もっとみる
ありがとうございます!まだ梅雨ですが、私の心は晴れました!
6

タコのような火星人

去年に引き続き、今年もやってます。アート作品を見ながら謎解きもできるこの企画。去年は盛況すぎて謎解き用冊子が不足する事態になりました。

今年も江戸川乱歩の作品にちなんでいるのですが、今回は乱歩の作品「電人M」にからんだ内容となっております。わたしの作品はこの小説に出てくる「タコのような火星人」を描きました。

全部で3会場あり、謎解きをコンプリートするとステキな景品もらえます。

作品をふらりと

もっとみる

Leicaのある日常 013

色の鮮やかな季節。AFで撮って、こういう風に撮れるから、嬉しい。

ブルニア。花言葉が「おしゃれ」。可愛らしくて、作ってもらったブーケに入っていたからとても嬉しかった。背景の花との色具合もいい。趣味のいい花屋さんを知っているのは、かなり幸せ。

この花は、なんというのかな?カリフラワーみたい。紫陽花?

アルストロメリア。黄色が春らしい。この写真、影も良い感じに撮れていると思う。黄色のアルストロメ

もっとみる

Leicaのある日常 01 1

京都はフォトジェニックである。祇園の佐川急便は、飛脚姿で仕事をしている。街に溶け込んでいるのが、とても素敵だった。こんな色具合を撮れるのが、このカメラの魅力だと思う。日本にある色が本当にしっくりくると思う。

でも、京都の街は、フォトジェニック感が薄れている。あの、コスプレのような着物姿の人たちが、折角の京都の「色」を邪魔する。天然ではない色が邪魔をする。

抹茶のみどり、木々のみどり、神社の鳥居

もっとみる

自律神経を測って、私を癒やす"世界に1つだけ"のディフューザーをつくる。〜COLORS LAB

先日、お気に入りです!と紹介させていただいた「THE PUBLIC ORGANIC(ザ パブリック オーガニック)」精油のヘアケアアイテム スーパーポジティブ。

このアイテムを作っているメーカーさん「COLORS」のオフィスには、ラボがあって、そこで製品が研究され、作られているんだそうです。「COLORS」が、おこなっている「カラーズラボ 精油体験ワークショップ」を取材させていただきました。

もっとみる
"スキ"ありがとうございます◡̈*令和元年もよろしくお願いします!
28

Leicaがある日常 004

デジタルカメラを買う時、「Leicaが欲しい」といったら、笑った人がいた。宝の持ち腐れ、猫に小判、そんなところを思ったのだと思う。値段が高い、ということに反応されたような感じもあり、結局、SONYにした時も、批判的だった。コスパ、だろうと思う。

例えば、タートルネックのセーター、ハイブランドのそれは、さすがの一品だけど、UNIQLOもGAPもリーズナブルだと思う。リーズナブル、それは、その人の価

もっとみる