見出し画像

百物語69話目「怪異を起こす本」(実話怪談)

隙があれば、読書会に参加する読書好きです。たぶん書くよりも、読む方が好きかもしれない。

今年はゴールデンカムイを三回も別々の読書会で紹介しました。

さて、実話怪談の本を読むと、私のまわりで被害が出ることは前に書きましたが、

フィクションで私が直接出逢った怪異は、ある本だけに起きました。

かの本はあまりにも面白くて、とても途中で読み止めることができずに、朝までかかって一気に読破したんですよ。

京極本なみに人を殺せる厚さの本で、朝までかかりました。

みんなが寝静まった後、台所の小さな電気の下に椅子を持っていって、夢中になって読んだ本です。

でも、深夜も2時を過ぎたころから不思議な音がし始めます。

誰かがゴミ袋を持って歩いているんです。缶とか瓶が入っているようなゴミ袋の音で、歩くたびに地面に置くのか、ガチャッガチャッと規則正しい音が響きます。

そうやって私のアパートのまわりをぐるぐる周っているのです。

燃えないゴミはゴミ収集の前に持っていく業者がいるので、それだろうと思っていましたが、それではなぜ私のアパートのまわりを周って歩くのかがわかりません。

「ああ、これは人でない」

と思ったものの、絶対に読み止めることはできません。あまりに面白すぎたから!

「負けるものか! 絶対に読み終わってやる!」

私は怪異と戦うことに決めて、ひたすら本にすがりついて読み進めました。ガチャッガチャッという音は結局、夜が明けるまで続きます。

でも、ふと気づくのです。

「あれ? これって燃えないゴミの音かな?」

一瞬だけ浮かんだのは、鎧兜の武者姿でした。

いやいやいやいや。

だって、本の内容にそんな人出てこないし!

実話怪談でもないのに、こんな体験をしたのは、後にも先にもこの一度きり。朝まで徹夜して読みきった本も、この本だけ。短いのなら読めるけど、この本は人が殺せる厚さだったからね。

その本のタイトルは高見広春先生の「バトル・ロワイアル」です。

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりにご購入願います。私の書いた怪談物語です。216円!!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

またきてねー!
15
ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。