iiMovie温度(ii℃)ランキング(2019/06/20)

こんばんは\(^O^)/週刊iiMovie編集長のみさととろです。

今週もiiMovieプロデューサー角田陽一郎の連載「Moving Movies〜その映画が人生を動かす〜」に登場する映画はiiMovieではどう評価されているのか!?を見ていきましょ~☆☆彡(参照:iiMovieってなぁに?

古市憲寿さんは社会学者的な目線で映画を見ている!

今週の連載で名前が挙がったのはこちらの作品!

『君の名は。』(2016年)
『僕だけがいない街』(2016年)
『シン・ゴジラ』(2016年)

まずは、ここ何ヶ月もiiMovieトップ10にランクインしている「君の名は。」現在7424ii℃ランキング9位に入っています。「僕だけがいない街」は、iiMovieに登場したばかりの様子。まだ温度が入っていないですね〜。

この2作品を古市さんが紐解くと…

3・11があったから生まれた「やり直しの物語」。社会の無意識の願望とフィクションは切っても切り離せない。物語には実際に起こってしまった悲劇の救済という役割があると思います。

3作品目「シン・ゴジラ」2770ii℃31位にランクイン。

『シン・ゴジラ』(16年)のシーンが部分的にiPhoneで撮影されているのは、なるほどなって思いました。つまり、僕らは今、iPhoneで撮影されたのっぺりした動画にこそリアリティを感じているんだなと。

ストーリーのどこが良かった、このキャラクターが好き、とかではなくこういう視点で映画をご覧になるんですね。とても興味深いです。そんな古い一さん「作品に没入して感動したりするタイプではないですね。だから映画で泣いたことは一回もないです。」んだそうですよ!

古市憲寿さんのインタビューは次週も続きます!次週はどんな映画が登場するかお楽しみに!

★2019/06/20のランキング(1位~10位)★

さて、最後に今週のランキングです(^o^)

1 位 : 半世界 87838 ii℃ → ( 先週 1 位 )

2 位 : 十三人の刺客 32792 ii℃ → ( 先週 2 位 )

3 位 : 笑の大学 24673 ii℃ ↓ ( 先週 3 位 )

4 位 : ぼくは明日、昨日のきみとデートする 10950 ii℃ → ( 先週 4 位 )

5 位 : 愛がなんだ 9300 ii℃ → ( 先週 6 位 )

6 位 : グレイテスト・ショーマン 9233 ii℃ ↓ ( 先週 5 位 )

7 位 : おおかみこどもの雨と雪 8450 ii℃ → ( 先週 7 位 )

8 位 : ボヘミアン・ラプソディ 7745 ii℃ → ( 先週 9 位 )

9 位 : 君の名は。 7424 ii℃ ↓ ( 先週 8 位 )

10 位 : さらば愛しのやくざ 7392 ii℃ → ( 先週 9 位 )
 ※矢印は温度の推移、順位の変化は括弧内に記載
 ※先週のランキングはこちら 

「君の名は。」は前述の通り9位!ですが、やや温度を下げて先週からはランクダウン。「ボヘミアン・ラプソディ」と順位が入れ替わっています。「グレイテスト・ショーマン」も同様にやや温度を下げて「愛がなんだ」と順位が逆転していますね。

そんな中、実は11位に気になる作品が!

6月7日に公開された「海獣の子供」6820ii℃で急浮上!iiMovieの登場はまだ4日目ですが、見て下さいこのグラフの形!!

iiMovieで評価の高い作品への出演が多い稲垣吾郎さんが声優を務めているのも一因でしょうか?来週にはトップ10に殴り込みかも!?

noteでも既に沢山の熱い思いが綴られている様子☆☆彡

今週のMoving Moviesからの映画紹介、ランキング、気になる作品いかがだったでしょうか?

iiMovieは独自の指標影響力指数「ii」を使って、あなたの大好きな映画作品へのピュアな気持ちを表現するサイトです。是非この記事をご覧のみなさんも使ってみてくださいねo(^-^)o


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

週刊iMovie

あなたの心を動かす映画を教えて下さい! iiMovieは独自の指標影響力指数【インフルエンス・インデックス】=「ii」を使って、あなたの大好きな映画作品へのピュアな気持ちを表現するサイトです。 【公式サイト】https://movie.ii-c.com/

角田陽一郎PRODUCTs

バラエティプロデューサー角田陽一郎がプロデュースor出演した動画、書籍、イベント等です。 『ツッカム正剛【松岡正剛の千夜千雑】 『よりともさんとプーリーくん』 『MovingMovies〜その映画が人生を動かす〜』 『iiMovie』 『開運文禄堂』 『ライブ選書』 『ここ何』
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。