エンタメ通信No.14

【エンタメ通信No.14】

皆さん、いかがお過ごしですか?
「エンタメの殿堂」管理人です。
日頃からスキやコメント、クリエイターサポートなどのご支援を頂き、感謝致します。
今後も「エンタメの殿堂」をよろしくお願いします。

5月1日から新年号「令和」時代がスタートしました。
7月も中旬に入り、夏休み本番を迎えました。

映画業界は夏休み商戦真っ只中。
配給各社もぞくぞく大作や話題作を公開する時期

もっとみる

時代は変わる。ステージは続く。乃木坂46は、何度でも生まれ変わる。

【『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』/岩下力監督】

東京ドーム公演2days完遂。

日本レコード大賞二連覇。

正真正銘の「国民的アイドル」として、絶大的な支持と評価と期待を一身に受けながら、そして、輝かしい自信と覚悟を胸に秘めながら、今日も、堂々とステージに立つ乃木坂46。

彼女たちは、何を信じ、何を諦め、何を願いながら、次の「選択」をするのか。

晴れ

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
3

宮崎大祐『TOURISM』失われた本来の"観光"とは

スマホの登場によって、世界は更に縮小の一途を辿り、海外に行くハードルはお金くらいになってしまった情報氾濫社会において、観光名所だけ回って中心地のモールの中を見てイオンモールと同じだねとなるような、知りたいことは全部ググって会話もほとんど内輪で済ませるような、そんな旅行が本当の"TOURISM=観光"なのか。現に序盤はそんな感じだった。取り敢えずインスタ映えしときゃええみたいな映像美、そして勿論映え

もっとみる

幸福への道はない。道が幸福なのだ。

95%の視力を失いながら「5つ星ホテルで働きたい」という夢のために大芝居を打った学生の実話を「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」のマルク・ローテムント監督が映画化した作品を観ました。

95%の視覚を失くしながらも普通高校を卒業し、5つ星ホテル(ミュンヘンに実在するホテル「バイエリッシャー・ホーフ」)で働くという夢へと向かうサリー(コスティア・ウルマン)は、姉のシーラ(ニラム・ファルーク

もっとみる

スタニスラフ・ロストツキー『朝焼けは静かなれど』あの日戦った少女たちを、記憶し続けること

ボリス・ヴァシーリエフの同名小説の映画化作品。実はイヴァン・ラソマキン(Ivan Rassomakhin)がTVシリーズを1970年に製作しており、1972年に製作された本作品は二度目の映像化、初の映画化作品となる。データ上では混同されることも多いので注意ポイント。本作品の監督は『月曜日までお元気で』や『黒い耳の白い犬』などで有名なソ連の職人監督スタニスラフ・ロストツキー。彼は5歳の時に観た『戦艦

もっとみる

吉田将英の仕事紹介 【2019年4~6月】

前一度、思い立って自分のシゴトの整理をしてみたことがあったけど、周りからいただくお話の自分に対しての期待値が、自分にとってやりやすく楽しいものにより近づいたケースが多かったり、かつ自分自身の振り返りにもなったので、今後は四半期に一度、整理してみようと思いました。今年も2Qが終わってしまったので、6月までの主だったオープンにして差し支えないものを整理してみますです。

(今年の3月にはじめてまとめて

もっとみる

1日中映画(アバター)を観ています

昨日から、アバターをずぅっとつけっぱなしにして、観ている。

長い映画だけれど、ナヴィたちの生活する様子が魅力的で、心惹かれる。

特に、「きずな」のところが素敵だ。

生き物と絆を結び乗りこなすために、絆を結ぶ。その方法は、自分の髪の毛の先を相手の生き物の体側にある穴に差し込む。

あぁ、自分もやってみたい、とおもった。気持ちがよさそう。

ナヴィたちは、翼竜に乗って空を自由に飛び、歩くときは裸

もっとみる

「アザーライフ 永遠の一瞬」映画メモ(ネタバレあり)

「アザーライフ 永遠の一瞬」の視聴メモ。

いきなりネタバレするので、未視聴の方はご注意ください。

以下、本文

<あらすじ>※公式から引用
長い時間を凝縮させ、短時間で実体験ができるようになる薬を開発したレン。ところがこの可能性を秘めた新薬の使い道について共同開発者ともめてしまい…。

前半は、ちょっとテンポ遅めで息苦しいのですが、禁固刑1年が終わって、実は仮想現実ではなくプレハブでした、とい

もっとみる

「完璧」な結末の先へ。賛否両論の『トイ・ストーリー4』を、僕は全力で支持する。

【『トイ・ストーリー4』/ジョッシュ・クーリー監督】

「おもちゃ」の擬人化。

量産型の無機物に、「命」を吹き込む。

それは、今から24年前、ピクサー・アニメーション・スタジオが起こした奇跡であった。

しかし、そんな『トイ・ストーリー』シリーズには、いつかは真正面から向き合わなければならない一つのテーマがあった。

-------------------

(以下、『トイ・ストーリー4』の重

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
18