愛がなんだ

覚悟をくれ。覚悟をKURE。覚悟をクレ。覚悟を。するよ。

失ってしまって初めて気付く。
君が着たTシャツの匂いに、
君の少し低いけど、甘ったるいその声に、
君の鼓動と寝息と、その柔らかな肌に、
君を失ったんだ。

なんて歌詞が世間じゃ流行りまくって、
そんなことわかってんだいって、
思ってた自分が恥ずかしい。
あぁ、なんだ自分も同じじゃないか。
失って初めて気付く。
君がどんなに僕を愛していたかを。
何もない僕を、何者かにしてくれていたことに。

周りを

もっとみる

愛するなんて、わからない。

顔が可愛いから。
君を好きになるのに、これ以上の理由はいらない。
でもね。でもさ、
そんな単純な理由だけで、
そんな盛りのついた猿みたいな、男子高校生みたいな、
そんな理由だけで、君を好きだなんて、
ましてや、愛してるだなんて、
そんな高尚なこと言えないんだよ。
そんな自分で良いと思えないんだよ。

よく考えた。
人を愛するってことを。
君を愛するってことを。

そしたらね。
見つかったんだ。

もっとみる

性欲はセックスしたい欲ではなく誰かに愛されたい欲。

たった一人としかセックスしたことがなかった頃、それは経験がなくて恥ずかしいことだと思っていた。
学生の頃、夜の街に出ては誰かに声をかけられるのを待って、名前も知らない人と一夜を共にした。
彼と一緒に住んでいるとき、毎日のように行為をするのが当たり前だと思っていた。

総じて私はただただ性欲の強い女なんだと認識していた。

そんな私がセックスしたいと思わない。

今隣にいるのは、先週の今頃まで愛し愛

もっとみる

愛がなんだをセフレと観て告白した話

「映画観に行こうよ」誘ってから私は後悔した。

理由は、この映画を観るには1番誘っては行けない人、セフレくんを誘ってしまったからだ。

彼と私は知り合って1年になる所謂セフレだった。

知り合ったきっかけはアプリだった。

勿論、行為するだけの日もあれば、一緒に出かけたりご飯を食べる日もある。連絡は会う前日にしかしない。干渉しあわないセフレだった。

映画を観終わったあとに、私達は喫茶店に入った

もっとみる

わたしの「追い旅」〜倉敷編〜 #旅と写真と文章と

追い旅。
それは、旅本番を楽しんだ後の味付け。
今回は、諸事情によって参加できなかった #float合宿 の1日目を追いかけにいく旅。

ちなみに、この語感は

ここからきています。
#愛がなんだ の追いケチャップ。
ふぉぉぉ。この画像見るだけで、胸がキュンとして、病みそうになる。
世の中のこじらせ女子は、これを見たら最後。きっと、いろんなことが頭を過るはず。
語り出したらキリがなさそうなので、愛

もっとみる

「愛がなんだ」東大上映会主催者レポート

9月5日に東京大学先端技術研究センター内ENEOSホールにて、同センター熊谷研究室主催で「愛がなんだ」上映会・トークセッションを行いました。当日は東大生を中心に一般の方も含めて約200名が参加し、トークセッションでは「愛がなんだ」原作者の角田光代さん・監督の今泉力哉さん・そして熊谷晋一郎准教授が登壇されました。
「愛がなんだ」が公開されて以降、角田さんと今泉監督がイベントで一緒に登壇されたのは今回

もっとみる

テルちゃんにうるせえよって云われるしかない(愛がなんだ感想2019.09.29)

映画『愛がなんだ』をさっき観てきたところです。
以下、ネタバレに対する配慮は一切ありません。走り書きの感想です。原作は読んでいません。ご了承ください。

  *

いい映画だったなあ、観てよかった、と思って……美術も音楽も主題歌も好きで、脇役も含めてキャラクター(ひとつのテーマに対する様々な視点の存在)のバランスもとてもいいな、と思ったし、役者さんはみんなカワイイし、エンドロールのあいだ、ずっと、

もっとみる

やさしさと甘えの違いが分からない。の巻

愛。やさしさと甘えの違いがわかりません!!! by21歳学生 (私)

ばんこんわ。れおにーです。

今日はわたしのエッセイのコンセプト [大学生が寝ながら読める] に反して
「読みながら寝れる」抽象的なものとなってしまいそうです、、
それではおやすみなさい、、、、

🌃★🌃

先日蔦屋書店に行き、雑誌をパラパラ立ち読みしていました。
その時社会にある様々な「壁」についてピックアップして

もっとみる

うーん。

えーと。

教えてください。

可能なら。

君の意見を

詳しく。

経験でもいいし

好みでもいいよ。

さすがに言えないことは

喋らなくてもいいけど

好きで済ますほど単純ではないだろうし

セックスも無視出来ないよね。

そんなに色々

たくさんの事情を

躊躇してしまうんだ?

つまり君は

手に負えない恋愛



涙無しでは語れない

人間の本性や

抜け目ない悪鬼に

もっとみる