こころのスイッチ(桐生純子)

自分の中にある何かが、自分を一番輝かせてくれることに、本当は誰もが気がついている。 【著書】こころのスイッチ ~ 幸せのサイクルを手に入れる方法 ~ https://ec.fcommu.net/items/6852575

「断る」ことを恐れていませんか?~伝え方の大切さ~

あなたは「きちんと断る」ことができますか?多くの人が相手との人間関係を大切にしたいと願うあまりに「断る」=「相手に悪い・仕方ない・嫌われたくないから」という自動反応が起きるのです。

ところが、立場を入れ替えてよく考えてみると、相手があなたの誘いを断ったら不愉快で嫌な人だと思いますか? 

そんなことはないのです。

例えば、行きたくない会合に仕方なく参加して、誘われた相手や会合に対して不満を言う

もっとみる

こころの距離の縮め方〜相手の名前を呼んでみよう〜

今回お伝えしたいのは、話をしている最中に、相手の名前を呼ぶことの大切さです。

例えば、

①「赤がお似合いですね」⇒「山本さんはお赤がお似合いですね」
②「考えはわかりました」⇒「山本さんのお考えがわかりました」

いかがでしょうか? 単に事柄を言うよりも、相手の名前を呼ぶことで「私はあなたに向けて話をしています」ということが伝わりやすくなるのです。

「自分に向けて話をしてくれている」ことがわ

もっとみる

自分のハートに聞きましょう ~大切なのは感じること~

「スキルはハートの次ですよ」 ということを様々な場面に例えてお伝えしてきました。

多くの人が日常で特に大きな問題があるわ けではないけれど、対人関係に苦手意識がある、 コミュニケーション能力を上げたいと思っていま す。もしかしたら、あなたもそのお一人ではない ですか? 

でも、ちょっと思い出してください。 この「愛され力」でお伝えしているコミュニケー ションの目的は、

もっとみる

たった 1 分間で忘れられないあなたになる方法

最近ではビジネスシーンに限らず名刺を交換することは珍しくありません。ところが、せっかく名刺を渡しても相手の印象に残らなければ、活用されずに単なる「名刺コレクション」の一枚として埋もれてしまいます。

そこで今回は、「たった 1 分間で忘れられないあなたになる方法」をお教えします。その方法はとても簡単。名刺を交換する際に相手の名前を言って受け取るのです! 

例えば、

①〇〇さん、桐生です、よろし

もっとみる

自分が好きな自分を知ろう〜モチベーション〜

私は講演会先などで「モチベーションを上げるためにどんなことをしていますか?」と聞かれることがよくあります。そもそもモチベーションって何でしょう?

それこそ定義は様々ですが、桐生純子のコミュニケーションスタイルでは、「モチベーションが高い=私が私らしく安定していること」とお伝えしています。

例えば、アスリートが試合前にモチベーションを上げるためにお気に入りの音楽を聴くのは、おそらく特別な自分にな

もっとみる

感じがいい人の小さな習慣〜オープンハートルール〜

本誌を手にしてくださった方から折に触れて様々な反応をいただく中で、「感じがいい人」というのを皆さんがとても意識されていることがわかります。 

実は、一瞬で「いい感じ」が伝わってくる人のコミュニケーションスタイルには4 つの共通点があることをご存知ですか? 

1.相手の目の中に自分が映っているのを見て話す
2.会話のリズムを楽しむ
3.相手と胸から向き合う
4.ミッキーマウスのように口角をキュッ

もっとみる