菅沼朋香

生活芸術家。昭和の高度成長期と自身の関係をテーマに人生の再現ドラマ「ニューロマン」シリーズを制作。2017年に自身のルーツであるニュータウンを題材にした作品を作るため、埼玉県の超高齢ニュータウンに移住。アートプロジェクト「ニュー喫茶幻」に取組む。

5章 おわりに|ニューロマン都会編

修了作品の「ニューロマン」は、2章から4章で述べた都会の生活の中で感じてきた現代の問題点について自身のライフスタイルを用いて提案していく表現方法である。

「都会編」では営業時代に現代社会に疲れ、高度経済成長期に憧れるようになった私が、過去が良かった時代だとするならば今日より明日がもっと悪くなるばかりだということに気づき、高度経済成長期のまぼろしを売る屋台を作って街中に飛び出して仲間を見つける。誕

もっとみる

4-3*世代を超えて歌でコミュニケーションするために| 4章 都会の生活で感じた現代の問題点ーなぜ現代ではスナックのカラオケでコミュニケーションができないのか|ニューロマン都会編

世代を超えて歌でコミュニケーションをするために、私は作品を通して三つのアプローチを行なっている。

一つめは、スナックという入りにくい場所をオープンにする試みだ。

2013年に制作した「まぼろし屋台」は、移動式スナックである。しかし飲食物を販売している訳では無い。売っているのは高度経済成長期のまぼろしだ。もちろん、お代もまぼろしで構わない。ポータブルレコードプレイヤーで歌謡曲を流し、そこに集まっ

もっとみる

4-2*日本の歌の原点| 4章 都会の生活で感じた現代の問題点ーなぜ現代ではスナックのカラオケでコミュニケーションができないのか|ニューロマン都会編

そもそも「知らない人の前で歌うなんて恥ずかしいし、スナックなんて行かない。歌でコミュニケーションなんてしたくない。」という人も大勢いるだろう。

しかし、いつの時代も歌は私たちのすぐ側にある。

流しがスナックのカラオケになり、カラオケボックスになり、一人カラオケが流行して歌の個室化がより進んでも、人はどこかで歌いたいのである。

なぜだろうか。

今でこそ、歌でコミュニケーションをすることは珍し

もっとみる

4-1*流行の加速と日本語の崩壊|  4章 都会の生活で感じた現代の問題点ーなぜ現代ではスナックのカラオケでコミュニケーションができないのか|ニューロマン都会編

スナックでのアルバイトを通じて、見ず知らずの人と歌でコミュニケーションできる歌謡曲の素晴らしさを知った。しかし、そのコミュニケーションに参加できるのは概ね年配層に限られている。

なぜ、若者はスナックのカラオケでコミュニケーションすることができないのか。

その理由は大きく分けて二つあると考えている。

一つめは、流行の加速化により、世代を超えて共有できる歌が少なくなっていることだ。
大ヒットや大

もっとみる

3-3*移住計画| 3章 都会の生活で感じた現代の問題点ー食と住居|ニューロマン都会編

私はこの問題に対しての提案を行なうために、父が継がなかった長野の空家に移住する事を目指している。

高度経済成長期に若者たちは仕事を求めて都市へ流出した。
しかし好景気が終わった今、仕事のために都市に住み続け、高い家賃や住宅ローンを払い続ける生活に本当の豊かさはあるのだろうか。

現代ではインターネットの普及により高度の情報社会が実現されつつある。また、交通機関の発達により行動圏が大幅に拡大し、時

もっとみる

3-2*工業の発展による都市への人口流出、農業の衰退| 3章 都会の生活で感じた現代の問題点ー食と住居|ニューロマン都会編

なぜ、私たちの生活は食物の生産現場から遠くなってしまったのか。

私の実家はトヨタ自動車の社員が中心に住んでいるニュータウン(新興住宅街)にある。農業を営んでいる人は皆無だ。

だが、祖父母は父方・母方ともに農家だった。
私の父は、トヨタ自動車に就職するために長野県の実家を出て愛知県へ流出した。

高度経済成長期に工業が発達し、農業が衰退した。
1950年には就業人口の約45%が農業に従事していた

もっとみる