短時間「HIITとスロー筋トレ」で異次元の体づくり


 HIITは、全力or高速での短時間筋トレ(15~20秒)と休憩(数十秒)を1セットにして、数セット繰り返す筋トレ手法。
 45倍程度の運動効果が期待されています。

 スロー筋トレは、スクワットなどを通常よりも超スロー(1回に10秒程度)で、10回程度行う筋トレ手法。
 3倍程度の運動効果が期待されています。

 私は筋トレの短時間化と効率化のために、上記のHIITとスロー筋トレを両方別々に、週2~3回程度実施しています。

 もちろん、普通のHIITとスロー筋トレではなく、特別版の複合タイプです。
 詳細は下記

 運動としては、①短時間の特殊筋トレだけでなく、②有酸素運動として、効率的な複合ウォーキングも10分以上、週に3回程度は実施しています。

 短時間で効率的な運動(有酸素運動や筋トレ)により、あまり時間のない人でも手軽に運動の継続が可能です。
 また、短時間とはいえ、運動効果は数十倍なので、ダイエットや体型の引き締めには最適かもですね。




■「楽に生涯・健康ダイエット

 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです。
6

トリ仙人(健康&生き物ボランティア)

IQ180の健康-ダイエット-長寿オタク。   メタボの死病3つ(糖尿病、高脂血症、脳梗塞)と、バーコードハゲから卒業。   ★ガンじゃないのに末期ガン征圧・食生活中。  「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合いと癒し。 淀江町宇田川河口/鳥取県米子市 (県の河川使用許可取得ズミ)

◆高免疫力(整腸)でガン、メタボ、病気・撃退し健康長寿

健康長寿ダイエットで"100歳でピンピンコロリ"。 そのためには体づくりでの足腰の筋肉増強と、高免疫力(整腸・快便)を獲得する食べ物選びと下半身の保温対策の両面が必須。 そのために、有酸素運動(メインはウォーキング)にスロー筋トレを組み合わせての足腰の筋肉増強。ウォーキング...
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。