見出し画像

ダサいし、あざといし、かっこわるいし、美しくない。けど今回は飲み込もう。さあ錯覚資産を築こうじゃないの【後編】

しゅんしゅしゅんです。

このnoteの続き。錯覚資産をつかいたおすにはどうすればよいか。

まずは「ハロー効果が得られそうな案件にノリよく手をだす」ことが大切だ。手元に実績がないとさすがに何もはじまらんので。

ノリがポイント。

「スケジュールが心配…」「実力的にはまだ早いかも…」こんな不安が脳裏をよぎるけど、「やる」っていち早く手をあげることができるかどうか

本当にやれるかどうかなんて、やるって言ってから考えればいいのだ。

ノリがいい人はホント強い。そういえば、ホリエモンの著書「ゼロ」でも、ノリの良さが大切ってくだりがあったような。最近になってその大切さがみにしみる。

そして打算性。

「お!この案件は!」とピンと来る時に、ここぞとばかりに飛びつく見境なくなんでも飛びついていたら、勇気を出して一歩踏み出したのにいいことなんかなかったよと、努力×実力の美しい世界に再び舞い戻ってしまうのだろう。

-------

実績ができたら、恥ずかしがらずに、遠慮することなく、その実績を外に出しまくる。あさましくもアピールする。

noteをはじめて思うことがあります。

・内容はほぼ同じなんだが、フォロワー数の多い著名人noteにはスキがたくさんつく。名もない人のnoteに多くのスキはつかない。そのnoteの内容は同じなんだけど。

・プロフィールに、〇〇代表取締役とか、複数のチームを率いるマネジャーなどと書いてあると、その方が著名でなくとも、そのnoteの内容が示唆深いものに思えてくる。そんな自分が、やっぱりいる。

・文章術系のnoteはたくさんあるが、プロフィールに、〇〇(有名媒体)で記事を書いてます、雑誌〇〇(有名雑誌)の編集部です、WEBマガジン〇〇(有名無名問わない)の編集長ですなどと書いてあると、書かれている文章術は正しいと思えてくる。そんな自分が、やっぱりいる。

そんなもんだよなあ。

自分の記事をより多くの人に読んでほしい。そしてより多くの人に影響を与えたい。そう思うなら、まず僕がすることは、ライティングゼミに通うことではない

面白い内容をわかりやすく伝えるスキルはもちろん大切だ。ただそのスキルを磨くことに一極集中、コツコツ頑張るだけでは効率が悪い。

例えば僕がすることは、会社にかけあって社名と役職をプロフィールに書くことなんだろう。幸い僕はブランド企業に所属していて肩書がある。

ブランド企業に所属しているから優秀だなんてみじんも思わない。でも他人からすると、どうしても優れていると思ってしまうのだ。

今の自分に錯覚資産になるものはほんとにないのか。本意でなくとも、その数少ない錯覚資産をわかりやすくアピールすることから考えないといけないのではないか。かっこつけている場合ではない。

-------

自分の記事をもっと多くの人に読んでほしい。そう思った時に他にできることはあるだろうか。

noteユーザーにとって錯覚資産が働くのは誰だろう。そうだ。note編集部だ。note編集部におすすめされると、ビューもスキもかなり伸びる。

ではどうするか。

例えば、noteのイベントに顔を出すのは意味があるのではないか。note上で拾われないなら、リアルの場でnote編集部の方に自分の実績をそれとなく伝えてハロー効果を狙う。

僕が思うに、編集部のおすすめはまだアナログのはず。個別アピールを理由に選出するなんてことはしていないと思いますが、編集部も人。与えたハロー効果をベースに、実際のnoteの内容が伴えば、おすすめとして紹介されることがあるかもしれません。

ここで僕が言いたいのは、この具体策の良し悪しではなく、考え方です。

コツコツと毎日記事を更新することも大切だと思う。ただ、上限のある労力をどう配分すると効率が良いかってことです。

-------

「巨人の肩にのっかる」ことはやはり強い。

フォロワーを増やすことは、目的ではなく手段であるうちは正しいと思う。〇〇を良くしたいってビジョンがある。そのために影響力が必要。だからフォロワーが必要。この思考の順番は正しいと思う。

Twitterのフォロワーの増やし方に「巨人の肩にのっかる」があります。平たくいうとインフルエンサーに絡みまくる。絡み方の是非あれ、絡むことでインフルエンサーが自分を紹介してくれる。

それが好意的な紹介であれば、インフルエンサーは錯覚資産があるので、その資産のおこぼれがもらえる。つまりこの方法はやはりめっちゃ正しい。虎の威を借りる狐ですね。

僕はnoteで書評をよく書きますが、少なくともインフルエンサーの著書が発売されたら、すぐに読んで、すぐにnoteで書評を書いて、Twitterでお知らせすべきですよね。その方にメンションをつけて。

必ずや好意的にリツイートしてくれるだろう。書評の内容がよければ、コメント付きでリツイートしてくれるだろう。

でもなんか、美的感覚でいうと、とてもダサい

ダサいからといって、コンテンツisキングなどとコンテンツ磨きをするのもよい。けど、そのコンテンツが日の目をみる可能性は低い。

CVRを伸ばしてもまずかんじんかなめのPVがない
のだから。

-------

なんか、いやーな気持ちになってきました。
あなたはどうですか?

だからといって、さあどうしましょうか。

別にこんな戦略をとらなくてもいい。

好きにやればいい。
何を正しいとし、
何を善いとし、
何を美しいとすりかは、
その人の選択次第。

錯覚資産の道はいやらしいし、バカにされまくるんだと思う。たたかう君の歌をたたかわない奴らが笑うだろう、だ。

「知っている」と「わかる=行動する」は違う。

ふろむださんの錯覚資産の本はかなり売れたらしい。多くの人が錯覚資産やべーなと知ったと思う。でも多くの人は、努力×実力の世界が美しく正しいという直感に勝てない。たとえ一時的に納得したとしても、少し時間がたつと、無意識のうちに、居心地のいい、元の思考に戻ってしまう

今日から僕は直感と戦ってみようかな。

スキルアップを一時中断して、狡猾に戦ってみようか。

「実践できてねえのは、そんな生き方をする覚悟がなかったんだな」

やっとわかったよ、ふろむださん。
一回やってみる。

では。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださりありがとうございます!面白かったらスキ!超おもしろければサポートいただけると嬉しいです!これからもがんばります。

このスキのおかげで後1日続けられます!
29

しゅんしゅしゅん

白いごはんとビジネス書が好きな内省型ライター。本業は人材マッチングメディアの企画マネジャー職をやっています。収集欲が強いので、特定ジャンルを読み漁っては内省にふけるのが趣味。自分にぶっ刺さった本しか紹介しません。企画する人の思考のヒントを詰め込んでます。

しゅんしゅしゅん×ビジネス書

ビジネス書の内容と自身の経験を掛け合わせて、考えたこと感じたことを自由に書いたnoteをまとめています。超内省型人間しゅんしゅしゅんの真骨頂。1000冊以上のビジネス書を読んだしゅんしゅしゅんがお勧めするビジネス書達でもあります。学びがありまくりますよ、きっと。

コメント5件

椿さん、コメントありがとうございます。
そうですよね。目標がはっきりしていてい、周囲にもその目標を宣言できて、貪欲に動ける方はすごいし、立派だし、尊敬するし、羨望すら覚えます。(僕はしきれないタイプだったりもするので…)

目的が強くあって周囲に迷惑をかけないのであれば、その過程に対して、思うことはあっても否定する立場にはないんですよね。否定する感情には、理解できないことへの無条件の嫌悪や、そうしたいのにできない嫉妬みたいなもんが混じっているんだろうと思いますし。

スキを大量につける手法も、そこに目的があり、その過程なのであれば良いと思います。スキをつけられた側には特段迷惑がかかるわけではないのですし。もし信頼し合えるコミュニティを作りたいのが目的だとしたら間違っているし、遠回りだと思うのですが。
えぇ、信頼は得られない行為ではありますね。同感です。私ももちろんそういうことはできないタイプです^_^
ではまた。
何度も何度もうなづきながら読み終わりました。たたかう君の歌をたたかわない奴らが笑うだろう、ですよね。

素晴らしいnoteでした!
なさじさん、ありがとうございます。このnoteは書くのがなんかしんどかったので、そういっていただけると、嬉しいです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。