コンプレックスへの執着

先日カウンセリングで低学歴、貧困、田舎この3つのコンプレックスが根強いことを打ち明けた。Twitterやブログでは発信してきたけれど、対面で人に伝えるのは初めて。「今は3つとも当てはまらないのになぜそんなに怯えているのですか?」と聞かれ、自分でもなぜこんなに執着しているのかわからない。

なぜと言われても答えが見つからず、突き詰めて考えると、かなりシビアだが「私は親を恨み続けたいから」「自分がもっと活躍できないことをコンプレックスのせいにしたいから」としか答えが出せない。毒親育ちには酷だし、傷を負っているのもたしかだけど、結局はそういうことなのかもしれない。

これは辛いことだし、すぐに手放したい思考の癖。だけど、コンプレックスに執着したり親のせいにしたい自分を否定するのではなく、執着したっていいじゃん、人間はグダグダでもいいんだと今はゆったり構えられている。

これまで、自分の本当の気持ちを無視した根性論ばかりを自分にも他人にも振りかざし、ずっと心が疲弊していた。これが良いと思ったらそれに盲目的に取り組んできた。でも、もうこれしんどいなと。
頑張らない方がうまくいくという言葉はまだ完全に飲み込めていないけど、少しずつ体感していこう。

#毒親 #毒家族 #虐待親 #毒親サバイバー #サバイバー #親が嫌い #絶縁 #低学歴 #低収入 #貧困 #貧乏 #機能不全家族 #アダルトチルドレン #AC #モラルハラスメント #モラハラ #虐待 #身体的虐待 #精神的虐待 #虐待サバイバー #家庭内暴力 #DV #メンタルヘルス #マイルトリートメント #フラッシュバック #解毒 #生きづらさ #ライフイベント #支配

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

励みになります!どうもありがとう(^-^)
11

毒親サバイバーはる

田舎の低学歴夫婦の元で育ったアラサーOL。親にされてきたことや恨みつらみはnoteで全て吐き出していこうと決意。自分が目をそむてけきた辛かった過去と徹底的に向き合い、すべて吐き出し、私はきっと自由に自分らしく生きる。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。