母への手紙

これは、自分のワークのために書いた、永遠に出すことのない母への手紙です。書いたのは1年ほど前なのだけど、なんだかふと、外に出してみてもいい気持ちになりました。

ひとの目に触れるところに置くことで、成仏させたい気持ちがあるのかもしれません。

いい話じゃなくてごめんなさい。
残念なおうちで育った人はフラッシュバックに気を付けて。





















私のお

もっとみる

悪魔の証明

(心にとって)しずかなよるが、戻ってきた気がする。今日は書ける。
 そういう状態は予感めいてわかるものだ。

 おかえり

 なのか、

 ただいま

 なのか。

 こういう夜は眠るのがもったいなくて。
 そうきっと私は明日をもとめていなくて、明日を待つ夜だけがやさしい世界だと感じている。
 明るみに出なければ、なにもかもは希望のうちに終わる。幸せに暮らしました、めでたし、めでたし。
 明日なん

もっとみる
【小吉】読んでくださってありがとうございます! 聴くに徹すると吉かも
37

永遠に娘を支配しようとする毒親

こんにちは。
田舎の低学歴貧困毒家庭で育った毒親サバイバーはるです。

私の親は支配型の毒親で、実家で暮らしている際はもちろん、実家を出て自立した後も私のことを支配できると勘違いしている人です。

今日も悲惨な毒親エピソードを紹介して毒親の生態を暴いていきます。

私が自分の結婚式の準備をしていた時のことです。私は本当は親を招くことに前向きになれなかったのですが、夫にさすがにそこは呼ぼうよと言われ

もっとみる

矛先は一番弱いところへ

県営団地で暮らしていた子ども時代、私は団地のガキ大将的な存在の子からいじめや意地悪を受けたことがあった。
いじめっ子の親ももしかしたら毒親で、家もうちと同じように貧しかったのかもしれない。そのストレスのはけ口が、私に向けられたこともあったんだろうなと思っている。

小学校1年生の頃、3年生〜5年生の子5人くらいから1対複数でいじめを受けたことがある。辛くて怖くてわんわん泣いて急いで自宅に逃げるよう

もっとみる

0か100かだけで考える毒親

子どもの頃、私は県営団地に住んでいた。団地の中には公園があり自転車も走れるくらい道は広く、私はよく近所の友達と団地内で遊んでいた。

あるとき、親戚のお姉さんから少女マンガキャンディキャンディのイラストが描かれた補助輪付きの自転車を譲ってもらい、私はその自転車に乗って団地内を走り回って遊んでいた。

私の友人のまいちゃんも自転車を持っていて一緒に自転車を並走して遊んでいたが、まいちゃんは「俺のもの

もっとみる

花嫁の手紙

お父さん お母さんへ

この前は列席お疲れ様。
この前の結婚式では花嫁の手紙は読まなかったけど、結婚式を終えた今、私のこれまでの正直な気持ち伝えさせてもらうね。

端的に言うと、私は家に戻ると窮屈で子供の頃のみじめな思い出が蘇ってきてすごく辛い。

式当日、お父さんは怒鳴らなくて、ゲストやスタッフと喧嘩しなくて、人を殴らなくて、お父さんなりに機嫌やコンディションは良さそうだったけど、これっ

もっとみる

或るサバイバーの話

恨みつらみや嘆き、noteに限らずネット上には心に傷を負った話がゴロゴロ転がっている。ネットの外で、かなり親しい人やいわゆる「メンヘラ」を自称する人からそのような話を聞くことがあっても、心の傷の話は日常会話の話題にはなりにくい。

世間一般の人の大半は、心に傷を負うことなくのうのうと生きているからか?

そんなことはないだろう。何も苦労せず、明るく楽しく元気よく、生まれたときから陽キャです、みたい

もっとみる
おすすめアクション映画は『チョコレート・ファイター』
3

大人の『言っちゃだめだよ』は大声で叫べ

書きたくて書いていたはずのものが、一瞬にして只の毒素の塊なんじゃないかと思う時がある。気楽に書いている時ではなく、フィクションの中にノンフィクションを織り交ぜた時なんかに。

伝えたいことがあって、その想いだとか願いが届くといいと思って書いていたはずなのに。これを読んだ人は、本当にほんの少しだけでも救われるのかな?とか。もっと直接的なメッセージの方が実際は役に立つのかな、とか。自分の中で思考がぐる

もっとみる

独自ワーク 毒親育ちのメリット

毒親育ちというと、私にはネガティブで暗いイメージしかない。
しかし、世の中には多種多様な考えがあり、絶対に他人に自分は傷つけられないという説が昨今は有力だ。自分が他人に傷つけられるのは他人の行為に自分がネガティブな意味づけをしているだけだと。そこで、私も独自で毒親に産まれたメリットを列挙するワークをこの場でやってみようと思う。
※毒親といってもいろんなタイプがあり個々の状況は千差万別のため、あくま

もっとみる

毒親に婚約者を紹介する

昨日のブログでは毒親に結婚相手を紹介すると決めた時に感じたストレスについて書き綴りました。
https://note.mu/haru_sur/n/nc87be33a0e63

今日は、実際にどんな流れで毒親に彼を紹介して、どんなところに着地したのかを書いていこうと思う。

彼を毒親に合わせる前、彼には私の親がどんなに変わっていて、どんな気持ちで会食に挑めば良いのかを事前に説明した。

私は上京して

もっとみる