道草の家、の2階

道草家。編集する人。書く人。デザインする人。プライベート出版レーベル「アフリカキカク」プロデューサー。「ことばのワークショップ」案内人。国語教師。ガイドヘルパー。​5歳男児の​パパ。で、やっぱり道草家。 https://kotonohasanbou.weebly.com/

何でもない日がたくさんあった

今日の息子は遠足で、人生初の「やまのぼり」に行くんだ! と数日前から張り切っていたが、パパはちょっと心配? いや、"気になる"と言ったほうがいいな。でもそんな"気"...

横浜らいず「丘の上のマルシェ」(10/27・日)に出店します! の話

(※10/21、追記・修正) 以前からお知らせしていた通り、1週間後の10/27(日)、12時-16時、横浜らいずの「丘の上のマルシェ」に、道草の家・ことのは山房で出店します。...

「助けられる」ことを通じて

さて、知的障害のある人たちの暮らし(の一部)を"支援"する仕事も、続けている。大田区を中心に。どうして大田区なのか? というと、縁があったからである。その仕事を始...

"書くこと"の探求を〜「オトナのための文章教室」(2019/10/18)

今夜は三鷹での「オトナのための文章教室」、今回は4名参加(うち初参加の方1名)、5人で、2時間半ほどやってきました。 何をやっているのか? それぞれが書いてきたもの...

複数のスタイルで

「オトナのための文章教室」で、ぼくは「案内人」ということになっていて、いわば「先生」のような人だが、自分でも書いたもの(多くの場合、書きたてホヤホヤのもの)を持...

紙くずからの光

「どうしてもうまくできないんですよねぇ」 ある人からの手紙に、そんなことが書かれていた。手紙だから、ぼくの相槌を待つ前に次の文章がつづく。 「でも、いろいろ見て...