【再掲】『あたし おかあさんだから』は自分とは別の話と考えた方がいい

※3月10日に投稿した記事の再掲です。

今更だが、『あたしおかあさんだから』という歌が炎上した話について、思ったことを書こうと思う。

『あたし おかあさんだから』の内容についてはすでに知っている人も多いので、簡単に説明すると……

「若いころはバリバリ仕事をして、好きなことを自由にやって、おしゃれもしていたけど、お母さんになったから全部我慢して子どもに合わせている。でもそれはそれで幸せ」

もっとみる

母がしてくれなかったことを、母親像に課している  ~あたしおかあさんだからに思うこと~

なんだかほとぼりが冷めているのに、改めて書くのもどうなんだと思いつつ、のぶみさん炎上騒動について、やはり思うところがあるので、書きます。

この出来事を通して、改めて感じたこと。それは

自分の母親がしてくれなかったことを、母親像に課す、もしくは、自分の母親がしてくれなかったことを、できる母親を無条件に崇拝したくなるのだということ。

■「悪い子」を認めてくれない辛さ

のぶみさんの「あたしおかあ

もっとみる

子供は、「のぶみさんの絵本」が好きなのか?

(まとめ)

■あなたは、のぶみさんの絵本は、好きですか?

■こどもが「好きだ」と言っていたら、気にしてほしいこと

■のぶみさんの絵本には楽しい絵本もある

■子供が追いかけるのではなく、親が追いかける絵本を

(本文)

■あなたは、のぶみさんの絵本は、好きですか?

親世代でのぶみさん、という絵本作家を知らない方はいないでしょう。

名前を知らなくても『ママがおばけになっちゃった』を描いた

もっとみる

「あたし おかあさんだから」の炎上が残した焼け焦げについてかんがえた。

わたしの視界には歌詞の内容を肯定する人と批判する人の両方がいて、同時期に両者の意見を目にすることができたのは幸いでした。

肯定する人は、これまでにその歌詞に怒りを覚えるほど嫌な思いをすることがなかったか、または現在の幸せに至るまでの苦労をあってあたりまえのものと難なく受け入れることができた人なのでしょう。どちらもとても幸せなことだとおもいます(嫌味ではなく)。

一方で「女のくせに」「母親のくせ

もっとみる

No と言えない、Thanksも言えないわたしたち

先週 #あたしおかあさんだから について書いた記事がものすごく読まれました。

そして立て続けに「炎上」として見かけたこの話題。

これも同じ道理なんだなぁと。

正しい全文はこちらから→ゴディバ「義理チョコをやめよう」 日経新聞に広告載せた理由を聞く
ちょっと引用します。

>今回、新聞広告が掲載されたのは日経新聞のみ。購読者にビジネスパーソンが多いとされる新聞です。

>その理由について、マー

もっとみる

餅太郎5個で50円の幸せ!

わたしは子どもが欲しくないのか問題番外編1 あの歌

先週くらいに「 #あたしおかあさんだから 」という 歌がtwitterを中心に大炎上し、TLは核の炎に包まれた(某世紀末)。
鎮静化した今更ながらわたしの感じたことを書いていこうと思う。

まず、わたしが初めてその歌を知ることになったのは漫画家の #瀧波ユカリ先生 のユーモア交えたツイートだった。

この意見に、わたしは子どものいない立場ながら共感したし、もし子どもを産むならばこういうスタンス

もっとみる

あなたおかあさんなのに

あなたおかあさんなのに
いってらっしゃい、は行ってくれなかった
私たちがまだ寝てる時間に仕事へ行った

あなたおかあさんなのに
私が泣いて引き止めているのに
それでも仕事に向かって行った

あなたおかあさんなのに
学校の行事にはほとんど来てくれなかった
代わりにお父さんが来た

あなたおかあさんなのに
出来合いの食事を買って来た
おかあさんと一緒に食べられるなら何でも嬉しかった

あな

もっとみる

「あたしおかあさんだから」に感じる違和感の正体

ツイッターのタイムラインでやたらと流れてくるあたしおかあさんだからの批評。
のぶみ氏は「ママのおつかれさまの応援歌」とコメントしていたのもあり、なぜ応援歌がこんなに批判されるのか、気になって歌詞を読んでみた。

読んだ後の違和感、むずむずするような感覚。

「えっ!全く応援されない。」

というのが率直な感想。

いろんな意見を読んだが、この歌詞に関して1つも当てはまらないと堂々と言える人は、梅宮

もっとみる

ただの歌詞じゃねえか、そんなもん

「うわ、気持ち悪っ、、、」

最近よく燃えた童謡の歌詞を読んで、猛烈な不快感を覚えた。

好きか嫌いかで言ったら間違いなく嫌いだ。

と、同時にここまで人の感情を揺さぶるこういう音楽を待ってた、と嬉しさもあった。

これだよ、これ。
聴いてて猛烈にテンション上がったり、ムカついたり、こういうのがいいんだよ。

そもそも同じ歌詞を聞いて、みんながそれに共感している世の中の方が怖い。星新一のショートス

もっとみる