インフラ整備

【これからの日本】山を捨てよ町へ出よう!「当初予算書読破のすすゝめ」

結論から言ってもいいですか?
土地という資産を持っていても、それが山の中のものならば、
それを捨てて「まちに住もう」と強くおすすめしたい!
「田舎暮らし」が、その自治体全体の重荷になってくるのは目に見えてるから!
そして、いずれ見捨てられてしまうことも充分に考えられるから。

インフラ整備費が、市民生活を圧迫する

次の図を見てください。

「社会資本の老朽化の現状と将来│国土交通省」

これを見

もっとみる

納得いかぬ!

「お盆の代わりに五輪中に休み取って、政府の要請に反発の声」
こんな記事が出て、便乗しました!

2020東京五輪の開会式と閉会式の為に、祝日をスライド出来る特別措置法が成立した。

ただし、「東京都内の話ではないか」という意見から、「地方には関係ないから地方まで巻き込むな」という、至極真っ当な意見も出ている。

警備を円滑にする環境整備と公共交通機関などの混雑緩和が狙いのようだが、この2020限定

もっとみる

納得いかぬ!

2020東京五輪の開会式と閉会式の為に、祝日をスライド出来る特別措置法が成立した。

ただし、「東京都内の話ではないか」という意見から、「地方には関係ないから地方まで巻き込むな」という、至極真っ当な意見も出ている。

警備を円滑にする環境整備と公共交通機関などの混雑緩和が狙いのようだが、この2020限定の祝日移動を全国展開することには、同じく疑問は感じる。

そこで、考えてみた。他に具体策はないか

もっとみる

動画で見るホワイトカラー。それは氷河期世代の父ちゃん像である。

21世紀型のインターネットやIoT等のインフラを考えると同時に20世紀のインフラを比較対象として考える事が最近多くなってきた。

車、道路、高速道路、電車、新幹線、肉体労働でインフラを整える男達。この社会(約50年前)では女性の活躍は露出していない等比較する事ができ、
現代では情報や知財がインフラ整備に活躍する人材になっていて、時代を紹介される平成の次の時代ではどのようにアーカイブスされるのか昭和

もっとみる

宅配需要の急拡大と宅配インフラと

日本経済新聞のニュースによるとヤマトの宅配便が減ったようだ。

これ自体は驚きのあるものは少ないのではないか。

ヤマト運輸に限らず宅配需要の急騰による影響は日本郵便も前年度あったからだ。それ自体はさして驚くことでもない。

実際ヤマト運輸自身が個数を減らすために施策を打ったわけであるし。

この記事の注目すべき点は急拡大する宅配需要とそれを追いかけるインフラ。

言ってみれば宅配インフラが需要の

もっとみる

2030年まで毎年1.7兆ドル市場、旺盛な「アジアインフラ事業」

◆「国策」どころか「世界策」

日本国内でも下水道や橋梁などインフラの老朽化が進み、新規・更生の需要が年々増しており、大規模市場となっている。そこにきてアジア圏での需要も大変増大している。タイトル通り、2030年まで「毎年」1.7兆円に上る旺盛なインフラ需要が続くとされている。

◆地下推進のパイオニア「機動建設工業」をクローズUP!「疫病対策」と「地震対策」と同時に「ライフライン整備」

機動建

もっとみる

渋谷商店部 幡ヶ谷

2017年9月7日(木)13:00〜14:00放送

00:00 | 00:30

【番組案内】
地域密着!生放送

【テーマ】
まちづくりプロジェクト

【ゲスト】
デザイナー/アーティスト
小田雄太さん(COMPOUND INC代表)(またづクリエイティブ取締役)

【パーソナリティー】
KATSU佐藤さん

【ナビゲーター】
財津宣史さん(笹塚ボウル専務取締役)

【ポッドキャスト編集】
古川慎二

行政の力を借りずとも民間の力とそこに住む住民とでまちづくりをしようという取

もっとみる

20170828主要五紙社説一覧

本日主要五紙の社説です。

エネルギー電源構成や持続可能社会についてなどの社説が多くみられる中、本日のオススメは読売の「水道管の老朽化 広域連携で運営基盤の強化を」です。

日本のインフラは高度経済成長期に整えられたものが多く、電線の漏電や舗装道路の陥没などの被害が件数は、まだ多くありませんが発生しています。

水道設備も同様です。

導入した設備にはランニングコストやリプレースメントコストが掛か

もっとみる

日本の景気を立て直す方法と、日本人が知らなければならないこと

・日本について

 政治や近現代史の話は、YouTubeなどで探せば「自虐史観が解ける動画」などがあるのでそれを簡単に見るといい。まず「日本は何も悪いことをしていない」という前提が理解できると思う。日本が過去にした戦争は、植民地支配されたアジアの国々を独立させるために行ったことである。中韓を除いたほぼ全ての国が親日国であるのが、その証拠である。インドネシアの独立記念日は正月くらい大事なイベントとさ

もっとみる
ご支援に感謝いたします。これからも日本のため、一緒に頑張りましょう!
3