<2019/9/12 Billboard JAPAN News>
ローファイやオルタナティブ・ミュージックのアイコン的存在だったダニエル・ジョンストンが2019年9月10日に死去した。享年58歳、死因は心臓発作だったと地元紙オースティン・クロニクルが伝えている。
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/79959/2

共鳴するものがあったのでしたら、有難い限りです。
1

落札

カートコバーン好きの人なら、カートコバーンをイメージした時に、緑のモヘアカーディガンを着用してるカートコバーンをイメージする人も多いと思います。

そのカートコバーンが着用していた緑のモヘアカーディガンが33万4000ドル(3600万円)で落札されたそうです。

カートコバーンが亡くなってから、一度も洗濯もされず、汚れがついたままだったそうです。

そのカーディガンは、オークション史上最も高価なカ

もっとみる
ありがとうございます😊

カート・コバーンから見る芸人論の話

ロックの核心は反体制、反権力だ。成功した俺にもうロックは歌えない。聴衆を誰一人ごまかしたくない。こんなはずじゃなかった。成功したから俺は死ぬ。

カート・コバーンというスター

ニルヴァーナというロックバンドのボーカル兼ギターで27歳という若さでこの世を去ったスーパースター。
僕はニルヴァーナを聞かないけどカートのことが好きなので、そのカートの発言に基づく芸人論の話ができればなと思う。

かっこい

もっとみる
ありがとう!僕も好きです!
5

1996

69/96

1995年の12月に桑沢の友達とコーネリアスの69/96 Welcome To The Jungle Tour'95 で渋谷公会堂に行きました。CORNELIUS ANNUAL パンフレットがかわいくて購入しました。ショッカーのステッカーや古谷実の漫画がついていました。ドレス科の友達はアパレル企業のテキスタイル部門に就職が決まったと言っていました。私はファッション画を描く仕事をしたい

もっとみる

1994

N.O.

電気グルーヴが発売したアルバム「VITAMIN」がすごく良くて、東京ベイNKホールの野村ツアーFINALに学校の友達と行きました。「N.O.」最高だったし、富士山のピエール瀧さんの着ぐるみもめちゃおもしろかった。そして最後の「電気ビリビリ」はテンポがMAXに早くてすごく盛り上がりました。電気グルーヴのファンはみんな個性的ファッションでCUTiE読者も多く、当時の篠原ともえさんみたいな格

もっとみる

八十八夜

緑燃ゆる、とはよく言ったもので、本当に木々の緑が燃えるように猛々しく生えそろう昨今。
今宵は八十八夜。
新茶のお茶摘みの季節ですね。
新茶、今からとっても楽しみ。

思い出話を少し。

4月5月って、好きな人がこの世からいなくなることが多い季節で、個人的に居心地が悪い季節です。

1994年4月末、私は渋谷Bunkamuraル・シネマで『さらば、わが愛/覇王別姫』を鑑賞し、これでもかと号泣して、ボ

もっとみる