ビリー・アイリッシュとカート・コバーンに共通する目線 (Real Sound)

デイブ・グローブの称賛を軸に、ビリー・アイリッシュとNIRVANAカート・コバーンについて考察しました。まずビリーが近しいSoundCloudラップでグランジ流行があったこと、その流れを汲むビリーはカートのように完璧なタイミングで「若者の時代精神」で登場し、なおかつ社会やジェンダー問題への目線も繊細であることなど

もっとみる

【洋楽雑考# 23】 〜 グランジという躁鬱〜Nirvana

皆元気? 洋楽聴いてる?

8月30日に13年ぶり(あのね…)のニュー・アルバム「Fear Inoculum」をリリースするTool 。

アルバムに先駆けてタイトル・トラック、及び過去作品のストリーミング、配信を遂に開始したのだが、全米が大騒ぎになっている。

8月17日付Billboard誌では、アルバム・チャート20位内に全アルバムがランクイン。

Rock Digital Song Sal

もっとみる

10マイナス24乗。それはニルヴァーナ。それは安らぎの境地。

私たちは自らの内に宇宙を抱えているのではないかと夢想することがある。

我々の細胞の大きさは10マイナス6乗の世界。
それは「微」の世界。

原子核の大きさともなれば10マイナス15乗となり
世界は「須臾」と呼ばれるようになる。

それ以上の小ささとなれば、いよいよ想像もつかない。
それは果たして小ささの世界なのであろうか。
 
むしろそれは無限の広がりをたたえる宇宙のようにさえ思える。

瞬息

もっとみる

0818「妻の実家で全裸監督」

この週末は、妻の実家で過ごしていた。前も書いたが、妻の実家ほど物心両面で豊かな場所というのはない。今週は、以前ANAの機内販売で買っておいたプレミアム焼酎である村尾(5月と6月の長距離国際線フライトだと4,000円くらいで買える。楽天とかで買うと10,000とかする。)を姑や義兄と飲む、みたいな話もあったが、それに併せてか、大量の唐揚げと大量の餃子が食卓に並んで、「これがニルヴァーナと呼ばれるもの

もっとみる

た(魂の微動)ち(血の蠕動)つ(土のにおい)て(鉄の直線)と(陶の響き)

2009年冬から神奈川県川崎市〇〇区黒川の山の中で生活しいわゆる土方をやっていた日々。色々経験したが二度と経験できないことだったことが今になってわかる。二度と経験するべきでもないと思う。土工と鳶手元をやっていた。鳶の人たちが職長をやっていたため他の業者との絡みはあまり無かった。とにかく体力を使った。以前にも書いたが、ベテラン勢の体力が凄すぎて、そして爽やかすぎて、まったく逆らう気になれなかった。そ

もっとみる

【反転寸劇~ダブミニ読破!~】

※配役を逆転して読んでねっ!

インタビュアー「あなたのマイマネーは?」

スラム街の外国人たち「スリー!(と、念力でコチラに伝えてくる。)」

インタビュアー「何?ステーキ?」

スラム街の外国人たち「スリー!」

(立ち去るインタビュアー!)

ヴィパッサナー瞑想センターの10日間コース合宿まとめ

都心から電車で一時間半、JR茂原駅から更にバスで30分ほどの大自然の中にある瞑想センターで定期開催されるヴィパッサナー瞑想の10日間合宿コースに初参加してきた。

有給休暇に家族を残し音信不通の10日間、100時間ひたすら瞑想合宿の体験を経た成果と感想、参加検討する方へのメモをNoteに記す。

ヴィパッサナー瞑想について

「Vipassana」はパーリ語で観察するの意味。具体的にヴィパッサナ

もっとみる

6月のイケてる音楽14選

①Tempalay /21世紀より愛をこめて

勢いが止まらないTempalay。サイケデリックを基調にした音楽は本当にクセになる。大衆の圧倒的な支持を受けるような音楽ではないが、このクセの強さは世の中に届くはず。

NHKのシブヤノオトでTempalayが歌っていたのは、おもしろかった。インディー音楽が地上波かつNHKで流れるなんて。音楽シーンが成熟してる証かも。

②Charlotte is

もっとみる

映画とか音楽とか

いまはなき六本木WAVE

私は中学時代、あまり友達が多いほうでもなく帰宅部、また、母親の影響で音楽と映画に明け暮れているというかなり暗い中学時代でした。当時から顔もいけてないし、頭もいいほうではなかったので、どうしてもサブカルのほうばかりに興味がありました。

実家が六本木に近いことから、当時六本木にあった大型レコード店WAVEに入り浸り、週末はベストヒットUSAを聞き、子供のころからやたらと寝

もっとみる