グローバル企業

ハラスメント のお話。

世界平和を願う私は、

私にセクハラを働いたセクハラおやじ達が死んでしまっても、

泣けるのだろうか?

なんて考えてしまう、

己のクズさに嫌気がさす。

戦争が起こらないことが平和だと、信じてはいるけれど、

戦争がなけりゃ平和。

とうことでもきっとないのか。



されど、人との距離感というのは人それぞれ。

各々で宗教、育った環境、考え方がバラバラな現代。

自分と違う価値観と出会うこ

もっとみる

夏休み特別企画:美容業界を読み解くキーワード5選 その1「アクセラレーター&インキュベーター」

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

月曜日が祝日となったこの1週間、お盆休みを満喫している方も多いだろう。BeautyTech.jpでは、ここ半年ほどの美容業界の動きを振り返り、トレンドを理解する

もっとみる
ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
4

「グローバルと日本」って言うと、日本は地球じゃなくなるよ

Globalの語源「globe」は、地球という意味になるので、globalとは、地球全体 というイメージなんじゃないかと思う。

ところが、最近「グローバルと日本は〜〜」という会話をよく聞くので、私の頭の中は大混乱。

なぜなら
「グローバルと日本」って、
「地球全体と日本」、つまりは

「地球という惑星と日本という惑星」

という意味になり、

日本惑星説誕生しちゃうから笑笑。

皆さん、我々日

もっとみる

米国外のユーザー拡大でさらなる成長が期待できるネットフリックス。懸念点は多額の借入?

月額料金を払えば、映画やドラマなどを見放題のネットフリックス(Netflix)。

1997年に設立されたネットフリックスは、オンラインでのDVDレンタルサービスという世界で初めてのビジネスモデルを開始しました。
2007年からは、現在の主力サービスであるストリーミング配信サービスに主軸を移行しました。最近では、オリジナル作品の制作にも力を入れています。
2010年からは、米国外でのサービスも開始

もっとみる
スキありがとうございます!少しでもお役に立てればうれしいです。
3

ベトナムの外資系人材紹介サービス38社比較

〜エージェントごとの特徴を紹介〜

現在40社近く存在する地場系・外資系人材エージェント。

日系企業以外でもさまざなな特色を持っています。

※随時更新していきます。

採用の際の人材紹介エージェント選びに、ぜひともお役立てください。

ベトナムにおける人材紹介会社39選リストはこちら。

#採用 #海外就職 #海外転職 #人材紹介 #グローバル企業 #海外で仕事

もっとみる

ベトナムの人材紹介サービス39社比較

〜エージェントごとの特徴を紹介〜

Grasp!ブログではこれまで、ベトナムにある日系人材紹介エージェントのサービスの「質」について何度かお話してきました。

ベトナムの日系人材紹介エージェントの全体的な印象として

◉ベトナムでの人材紹介業界は、表層的な情報提供のみに基づいたサービス提供が常態化しており、ユーザー満足度が上がっていない。
◉日本人スタッフ・ベトナム人スタッフともに、一定以上ベトナ

もっとみる

『イノベーションのエコシステム』としての企業

少し前の日経電子版の記事【「トラスト」欠いたゴーン元会長 結合なき経営の限界】は、一般論として、グローバル時代のリーダー像を考える良い機会を与えてくれました。

 詳細はその時の考察(拙稿「『イノベーションのエコシステム』と『リーダーのスキル』~リーダーはイノベーションという進化を促す淘汰圧~」)に譲りますが、「第4次産業革命の時代のリーダーのスキルとは、会社をイノベーションのエコシステムへと変貌

もっとみる

進んでいく。

僕には理想がある。

とてつもなく大きい理想だ。

でも、叶えるんだ。

どうすればいい。

今までは、言い訳してきた。

でもなにも進まない。

少しでも動かないと。

少しでも進まないと。

実際に歩むんだ。

地に足をつけ、自分の足で。

45歳からの外資転職ノート エピローグ

エピローグ

13回にわたっての「45歳からの外資転職ノート」にお付き合いいただき、ありがとうございました。60歳になったのを期に、今まで書き溜めてあった3つのエッセイ「外資系企業人事部長の部下へ宛てたHR Letter」「45歳はじめての転職」「45歳からの外資転職ノート」を掲載させていただきました。

自分の現状を変えたいと思い、45歳で日本企業から外資系企業に転職しました。カルチャーの違いか

もっとみる

45歳からの外資転職ノート 第13話 プロフェッショナルとしての自分

第13話 プロフェッショナルとしての自分

外資系企業に転職してよかったことは、仕事に対して「プロフェッショナルとしての自分」を強く実感できたことである。外資系企業の場合、会社と個人の契約、それも年俸契約という考え方がベースにあり、色々な場面でプロを意識させられることが多い。

会社との間には雇用契約以外にも多くの契約があり、署名を求められることが多い。署名するということは、個人として責任を持つと

もっとみる