2019.10.07

今日は何を書こうか迷っていたらこんなギリギリになりました。ゴリゴリに甘さ出てますね。

とりあえず更新しようということで普段聴くアーティストの名前を手当たり次第書きまくってきます。

ではいきます。

#FUNKEY MONKEY BABYS  #森山直太朗 #サカナクション #indigo la End   #クリス・ハート #韻シスト #BASI  #Mr.Children  #コブクロ #R

もっとみる
スキじゃない。隙でもない。そう。好きなんだ。あなたが。
4

推し語り(3)―何者かにならなければ価値のない世界でコブクロは「君になれ」と歌う

何者かになりたい。自己承認欲求。自己肯定感。夢、夢、夢。好きを仕事に。好きなことして生きていく。何者かになりたい。

個人主義が台頭し、自己責任論が強くなり。私たちは常に肩肘張って、何かを追い求めている。何かを追い求める姿こそが理想だと、誰かが叫んでいる。「諦めなければ夢は必ず叶う。」そう拳を突き上げた彼ら彼女ら、その足元にはいくつもの“夢の亡骸”が積み重なっている。

何者かになりたい。

その

もっとみる
ありがとう~!
7

涙が出る理由。

巨人の阿部慎之助選手が引退した。

私自身、野球を小学校から高校まで続けていたことや、阿部選手が大学の先輩ということもあり(全く接点はないが笑)、勝手に身近に感じていた。

阿部選手の引退が決まってからの打席は、何度見ても涙してしまう。特に阪神藤川投手との勝負は、お客さんも一体となっており心を動かされる。

以前にも2012年のイチロー選手のマリナーズ退団会見とかは、涙が止まなかった記憶がある。

もっとみる
ありがとうございます!!
3

渋谷の週刊生島淳

2019年9月20日(金)11:10〜11:55

00:00 | 00:30

【パーソナリティ】 生島淳、西本武司(金曜責任編集)
本日、生島淳さんはお仕事の為電話での出演となりました。
十種競技・右代選手の世界陸上出場取り消しの話やMGCでのコブクロ国家独唱についてお話しました。
来週は生島さん、西本さん共にお仕事のため代打でお二人の奥様にお越しいただきます

推し語り(2)―コブクロ結成21周年に寄せて

“コブクロ”は私にとって生活必需品だ。娯楽品ではない、断じて。中学二年生のときに好きになって以来、私ももうファン歴十年。確かにたまに離れることもあった。たくさんのアーティストを片っ端から表面的になぞったり。でも、帰る場所は決まっていた。コブクロ。結局いつもそう。帰ってくる。聴けばいつも安心する。

黒田さんの圧倒的な力を持った声。小渕さんのビシーッと通る切なさを帯びた声。真逆の二人が紡ぐそのハーモ

もっとみる
そんなあなたに【大大吉】
6

KOBUKURO LIVE TOUR 2011 “あの太陽が、この世界を照らし続けるように。” 回顧録

基本的にポップミュージックそのものについては取り扱わないと決めていたこのnoteですが、今回は特別編です。
(この記事はいずれlivedoor Blogに移行するかもしれません。)

わたくしは日頃からTwitterで狂ったように「あの太陽が~」「映像化が~」と呟きまくっているので、正直うるっせぇ!!!と思われている方もいらっしゃることかと思いますが……この場を借りてお詫び申し上げます。

ちょっ

もっとみる

野菜の日

8月31日。野菜の日でした。
私は野菜が苦手です。食べられないものはたくさん。

基本的にハンバーガーが食べられません。
レタスも玉ねぎもピクルスもダメだし、タルタルソースも苦手。

そんな私が安心して食べられる数少ないハンバーガー。

そして今年のCM。
なんと私の大好きなコブクロが三日月!!絢香も好き!!

9月4日。マクドナルド行きます。特に関係者とかではありません。
月見バーガーファンと、

もっとみる
ありがとうございます♡
6

#14 秋の訪れと音楽と変化と時々SEIKINさん。

1 秋の訪れと音楽。

まだまだ日中は暑いですが、朝晩は結構涼しくなり、鈴虫の音も涼しさを演出してくれています。季節が変わると良く聴く音楽も変わってきます。

秋は激しい曲よりもしっとりとした曲が聴きたくなりますね。私は、

・ZARD ・YUI 

あたりを秋になるとよく聞くようになります。

ZARDについて。なんというかいい意味で、時代を感じる曲調と歌声が染み渡るように入ってくるんですよね。

もっとみる
ありがとうございます!
4

推し語り(1)―私はコブクロを愛しているんです

コブクロ?焼肉の部位ですか?全く知りませんねっていう人はもうさすがにいないと信じているんですけど、一応説明しておきましょう。コブクロとは「身長193cm!サングラスかけたツンデレヴォーカリスト・黒田俊介さん」と「鬼の語彙力・想像力!愛が重めなギタリスト・小渕健太郎さん」の二人で構成される音楽デュオのこと。“こぶち”と“くろだ”でコブクロ、ってわけですね。(詳しいことはまたの機会に。)「桜」、レコー

もっとみる
。゚.+゚(=゚ω゚)ノ。゚.+゚─♪
6