ジャイサルメール

砂漠砂漠砂漠砂漠砂漠砂漠

あーーーーーーーーーー!!!!!!!!インドの!!!!!!!!!砂漠に!!!!!行きたい!!!!!!!!

ラクダ使いはもてないらしいよ。

ラクダ一頭いくらっつってたかな、わりと買える値段。

キャメルサファリでは雨が降ったんだよ。

ドロップキャンディだったかもしれないね。

もっとみる

忘却の螺旋は。砂漠の砂でも消えない 3-5

動き出す事件

帰り道は少し慣れてきた。
僕は砂漠の音を忘れない。
風が通り過ぎると沈黙だけが体を駆け回る。

少し目眩がする。
ふと親父の事を思い出し、吐きそうになった。

忘却の螺旋は、砂漠の砂でも消えない。
Edward Maya & Emilia - Harem ft, Costi remix

ついたのは10時くらいだろうか。
思ったより早くラクダの集まるキャラバンに戻ってくる。

多く

もっとみる

忘却の螺旋は。砂漠の砂でも消えない 3-4

砂漠の怖さ

風の音が聞こえる。ガタガタ揺れて。眼が覚めた。
朝日はまだ出ていない。インド人が焚き木のそばでうとうとと。座っていた。彼らはずっと火をおこしていたのか?
Major Lazer - Sua Cara

休憩を終えたあと僕たちは再び砂漠に戻る。
休憩ではみんなは砂漠の感動を話していた。いや、話さないとやってられない。
そう。移動はそれだけ孤独になる。もちろんみんな近くに居るし。安全面で

もっとみる

忘却の螺旋は。砂漠の砂でも消えない 3-3

ラクダの顔はかわいい

少し暗めの灯りは慣れてきた。
戻るホテルは、石階段を上がり城壁入るようだ。
Passenger - Caravan (Kygo Remix)

「それではお疲れ様〜♪カンパイ〜♪」

「おお!ギョーザだよねこれ?」

「モモって言うチベット料理デス。きゃービール♪」

夕食は近くのチベット料理で頂いた。
こっちではMOMOっていうのか。餃子だけど、中身は異なる。皮はもちっと

もっとみる

忘却の螺旋は。砂漠の砂でも消えない 3-2

砂漠の砦

遠くから声が鳴りひびく。
祈りの声は、異国の地にいる事を教えてくれた。
Edward Maya Style & anas otman & HAVANA Lost You

ん。。なんかベッドに寝るのはいいな。
コーランが響いたあとに見る窓からの景色は。

砂漠の海に囲まれた市街だった。
砦の下に市街が拡がり、周りを砂に囲まれ。
見える地平線は緩やかにぼやけて空と砂漠の境界線がうやふやだ

もっとみる

忘却の螺旋は。砂漠の砂でも消えない 2-4

車内の宴会

「!!」
これは。。。最大のピンチが訪れた。
あるべき所にあるべきものが見当たらない。
端的に言うと。

・・紙がない。

David Guetta ft.Justin Bieber - 2u

お腹がグルグルなってトイレに駆け込む。少し汚かったが、鍵が壊れてないだけいい。
ふぅ~。。何とかなった。即効性の下剤かカレーは。

ふと。吹こうと見たら。紙がない。

落ち着け。解決策はある

もっとみる

忘却の螺旋は。砂漠の砂でも消えない 2-3

それでも西を目指し

「チャイ〜チャイリ〜チャイチャイチャイ〜♪」
何だろう頭に響くこの声は?まあいいか。
Vintage Culture, Bruno Be & Ownboss
- Intro Rework (Ashibah Miracle Vox Edit)

「匠くん!そろそろ起きて〜10時になるよ?」
誰かが呼ぶ声。ん。。
「あと1時間。。。」
「また寝ようと。。寝るな〜匠!」
ボディに

もっとみる

さあ。スピンオフをご拝読ありがとうございます♪
 ガンジャ先生。はまだ終わりがなく。成長しつつもまだまだの匠。

という事で第2部始まります。
舞台はインドへ。カレーvs匠と愉快な仲間達はジャイサルメールへ(ㆁωㆁ*)♡

砂漠の街ジャイサルメールであったタロウ。

ジャイサルメールはインド西部に位置していて、砂漠をラクダに乗って向かうキャメルサファリが人気です。砂漠で一泊して夜の砂漠から眺める満点の星空を楽しみとしていました。

自分と一緒に写っている彼は、キャメルツアーのガイドをしてくれたタロウ。日本語の名前をつけてあげた。

なんと19歳、同い年。

同い年だから誕生日はいつだろうと思い、聞いてみるとわからないという。

誕生日わからないって、自分の生い

もっとみる