おはよう、テルです💕

スタールビーやスターサファイヤのスター効果っていうのはルチルの線条結晶が綺麗に60度の角度で並んでいる状態の石を円形にカットにした場合にのみに現れる奇跡の星形って言う事なんだよ❣️

エヘン❗️今日は分かる人だけ分かるお話です⁉️ウフフ(๑・̑◡・̑๑)

Star

ふと、棚の上のNumber 976、『イチロー戦記。』を読み返していた。
本人は泰然と、そして敬虔に野球と向き合ってきた年月を答えている。
そして、同じ野球人たちがかれへの賛辞を送っている。

実は、この本をそんなに読みこんだわけではなかった。買って全体を読んで、それで満足していた。
いえ、私は「野球なんて分からないんだもの」と、さじを投げていたと思う。
でもなぜ、今日に限って?思い出し

もっとみる

宿命

アーティストとなったころの予定によれば俺はスター街道をまっしぐら… のはずだったのだが、 何かが邪魔するというか、 目に見えない何かがあって、どうしても違うところへと引きずられてしまう。

キャンベラの燈籠祭りに書家として参加した。
大使館からの招聘で、3年目になる。
2回のライブパフォーマンス。

大使や領事とも名刺交換し、和やかに言葉も交わすなど、
アーティストとしてなかなかの雰囲気が

もっとみる

スター万華鏡

2017年9月1日

『週刊大衆』という週刊誌がある。
なんだかこの雑誌には癖を感じてしまう。でも、裏返せば『良く頑張っているな〜』という印象もある訳で。
本屋さんで、この手の本を買ったことがないが、『週刊女性』や『女性セブン』といったスキャンダラスなイメージがある。それを言えば、『週刊文春』も最近は
おんなじ匂いがするね。
 記事の内容はともかくとして、毎週タブロイド紙の『東スポ』のように記事を

もっとみる

ブロンドが絶滅する

これは160回目。ブロンド(金髪)の女性は頭が悪いという都市伝説があります。現在では、これは否定されています。たとえば、ハリウッド女優のシャローン・ストーンは、13歳のときにすでにIQが130であったそうですが、これは、成人時点でのアインシュタインのIQと同じです。

:::

ちなみに、シャローン・ストーンは、純然たる金髪なのではなく、限りなくブリュネットに近いらしいが。

ブロンドというのは、

もっとみる

【今月の美声美女っ!!!】

(1)

●「綿谷エリナ」

(寸評)癒し系ボイスの代表格。「ポスト・秀島史香」だと断定できる。それくらい、ヒーリングボイスの持ち主。例えるならば、ヒーリングボイスのラジオスター。再度、例えるなら、森林浴のようなメープルシロップ・ボイス。聴いてみて!

サンキューベリーマッチ!!(ナポリタンのソースだけ飲み干しつつ!)
6

善き友人 - 実体 -

2019年6月23日
マガジン「⚡風水遊び⚡」の過去記事の中の「とっておき」だけを残して2019年6月7日までの全記事を「floating leaf ~浮き葉~」へ移した。
(風水遊びのほうはこれまでと別の行きかたになる)

2019年6月10日
新マガジン「floating grass ~浮き草~」を作った。綴る内容は「風水あそび」と重複するかも知れないが、「浮き草」のほうへはドナタかの記事に触

もっとみる

6月8日、松田聖子のコンサートに遭遇

仕事で「さいたまアリーナ」に行った帰り、辺りはすごいことになっていた。老若男女入り混じり大河の流れのようにアリーナの入口へ。

ここでイベントがあるときは、集まる人の年齢格好はだいたい似ている。フランス人形みたいな若い女性の群れとか、キャピキャピの若者集団とか。

今日は違う。おじいさん、おばあさんから若者、子どもぐらいの年齢の子まで。何のイベントだろう。メガホン片手に誘導している男性に訊いた、

もっとみる

スターとリスペクト。

健康ランドの 歌謡ショーで
還暦すぎた スターが歌う
まだまだ売れる気だ
ちっとも衰えちゃいない スター

前傾姿勢の 曲がった腰で
ひょこひょこ歩く その身体の
いったいどこに そんな力があるのか スター

若い子と同じように 手売りで CD を売って
写真に映ったりして 頭を下げている

俺はうぬぼれた ハナタレ坊主
みっともないと 斜に構えてる
爪の垢でも 煎じて飲んでおけよな

そーっと上

もっとみる