ストリートカルチャー

ストリートカルチャー

ストリートカルチャーの中へ飛び出していきたい。

そんな学生の気持ち、よく分かったよ。

学校や、職場や、家族、毎日同じ人と会って、過ごしている。

それが一旦ストリートカルチャーの中へ出て行くと、知らない人、今まで会ったことのなかった人、新しい価値観に触れて、あぁ、それを刺激というのかな。

そして新しい価値観に触れたとき、新しい自分を発見するんだろう。

あぁそうか、誰か新しい人に出会うことが

もっとみる

『路上の言語』Skateboarding is not a Sport11

社会を表すものをシニカルに取り入れた表現が生まれるようになったのは80年代後半から90年代初期に該当する。その時代は都市で滑るストリートスケートが隆盛し街中にスケーターが増えた時期であり、それに応じ社会から器物破損や歩道から道路への飛び出し、道路での走行など、スケーターに対する批判の声も大きくなっていった時代だ。

それ以前のプールやランプはスケートボードの世界の中心にあり、それらはストリートと違

もっとみる

分かり合えないことがデフォルト。

ストリートカルチャーが好きな人は沢山いて、
それは音楽だったり、服装であったり、グラフィティであったり
ダンスであったり。

でも、その文化の発生がどこかって
多くの人は理解せずに、その文化を好きって言ってる。

ゲットーと言われるブロンクスの地区で、
学校に行けなかったり、行かなかったりした人たちが
集まって何か楽しいことをしようって、それが
壁に絵を描くグラフティで。
そこは人種的にな問題でギ

もっとみる

路上の言語〜スケートボード黎明期

スケートボードとは人間が陸地で「板に乗り横向きに滑る」という動作を初めて体験させた乗り物だったのではないだろうか。子供が初めてブランコに乗ったときのように、初めて滑り台を滑った時のように、「横向きに滑る」という体験はとても新鮮で楽しいものだったのだと思う。

以下、スケートボードそのもの、そしてそこに沈殿している言葉にならない「言語」を模索していきたい。

板に乗り横向きに滑ることに人が楽しさを見

もっとみる

佐賀の山奥で開かれた「MOBILE SPOT」とはどんなイベントなのか?

2019年4月14日。
冷たい雨降る日曜日。
佐賀県は大和町の山奥にひっそりと佇む木造の廃校。
今日の舞台は雰囲気プンプンなこの場所。

あいにくの雨で最悪のグラウンドコンディションだったにも関わらず、親子連れやカップルなど多くのギャラリーが訪れていた。

以下、EDITORS SAGAの記事より引用

"MOBILE SPOTとは?"

アンテナを張って生きている人達へ

面白い事を携帯

もっとみる

アニメとストリートカルチャーについての話

忘れないうちに書き留めたいと思っていたので。

アニメとストリートカルチャー/HIP HOPについてつらつら書きます。
僕の観測範囲ですがアニメキャラクターやイラストの中でストリートファッションがモチーフとして
用いられる表現が一気に増えたのは2018年と感じています。

その中でNEMOBRANDさんのMOESTREETがオリジンと思っています(2011~2012年くらい?)。

僕もその流れに

もっとみる

美学者母、芸術家への歩み

2019年から本格的に芸術家YouTuberとして活動します!!
一度アップしましたが、
諸事情により削除し、
新たにアップいたしましたので、
ぜひご視聴よろしくお願いいたします。
チャンネル登録とイイネも再度よろしくお願いいたします。

バスキアさんに励まされる

年末に、彼から、映画を観に行こうと連絡がきた。
彼はメッセージと共に予告の動画を送ってくれていて、映画のタイトルは「バスキア、10代最後のとき」
正直、恥ずかしながら、私は全くバスキアさんのことを知らず、当日を迎えることに。

彼に会うなり聞いてみる。バスキアって何?
すると、彼は、え?知らないの?俺、てっきりCHIKOがバスキア好きだと思って誘ったんだけど!俺もあまり知らないよ!
なんてことだ。

もっとみる

RBSS 2018を観て

まずは、Ko-sukeさんお疲れ様でした。
めちゃくちゃカッコ良かったです。

前回のRBSSでは相手を刺しに行くような
殺気立った雰囲気で見ているこちら側も
息を呑むバトルが多かった印象です。

対して今回は、バイブスを前面に押し出して
観客全員をstreet styleの世界観に導こう
という姿勢が見えるバトルが多かったです。

そう、street style。

ストリートカルチャーは文字通

もっとみる