スマート農業

IT農業ハードウェア部というコミュニティを立ち上げました

仕事柄、農業とITに深く関係する事が多いです。
その中でも、環境その他を各種センサでモニタする事は

【とりあえずの方針】
・今は非公開の部活動ですが、方向性が出てきたら公開グループで活動も検討しようかと。
・ IT技術者、ハードウェア技術者、生産者の知識を持ち寄り、求められるニーズを発掘する。
・アウトプットを重視します。積極的に部活内容を発信して下さい。

【コミュニティの目標】
コミュニティ

もっとみる

オフ会@浜松「IT農耕実験の世界」に行ってきます

私の地元浜松で、Interface誌さんの2018/10月号で特集された「IT農耕実験」についてオフ会が開催されるようですね。
https://inteface-meet-up.connpass.com/event/126920/

私も農業とITの世界に踏み込んでいますので、色々参考になるかと思って参加する予定です。

どんな話が出てくるか楽しみです!

「経営理念」はいつ作ればいいのか?

アグリビジネスパートナーの高津佐です。

農家さんと農業関連企業のパートナーでありたいと思い、「アグリビジネスパートナー」と名乗っています。現在は、顧問企業4社と不定期で地元宮崎県内で農家さんの勉強会で講師をしたり、自主開催の農業経営者向けセミナーを企画したりしています。

日々、感じるのは時代の流れが早いこと。農家が生産した農畜産物の最終的な販売先である消費者の消費行動の変化が激しいということ。

もっとみる

10年後には「農業」もなくなる!?

みなさん、こんにちは。
アグリビジネスパートナーの高津佐(こうつさ)和宏です。

平成31年度の農林水産省の目玉事業である「スマート農業加速化実証プロジェクト」の採択案件が発表されましたね。

宮崎県からも2件採択されました。JAを辞めずに続けていたら多分関わっていたでしょうね。

さて、スマート農業の促進は第3次ブームと言われている「人工知能」の発展なくしてあり得ません。そして、人工知能の発展に

もっとみる

購入と所有に縛られない、新しい農業の世界を目指して

前回の記事に多くの方からコメントを頂いたことで「スマート農業」というワードの魔力を実感しつつ、言える範囲とはいえ業界からアウトプットをしっかり出していくことの重要性を学びました。

はじめて農機具が家に来た日の「ありがたみ」

農業機械を農家の方に販売していて、やはり一番嬉しいのはトラクター・コンバイン・田植機を新車でお客様に買って頂いた瞬間です。自動車以上に高額なものを買って頂くわけなので「納品

もっとみる

「スマート農業」が拡散する、農業機械の誤ったイメージ

最近、「下町ロケットで稲刈りしてる農機具を見たよ~」「最近クボタがめっちゃCMやってるよね!」などのお声掛けをして頂く機会が増えました。

最近色々なメディアや企業様のPRもあり、「農機具」「農業機械」というものの認知度が世間でも高まってきたような気がします。

日本は大手4社のトラクター市場を中心に動いている

第2回の記事を作成しようと思ったのもWeb記事がきっかけだったのですが、今回も同

もっとみる

今年も開催致します!
例年満席になりますので早めのお申し込みをお勧め致します!

https://everevo.com/event/47130

週刊中国ニュースクリップ(2019/1/13-19)

[社会]2018年生まれの子どもの名前を統計、人気の漢字は「梓」「浩」「宇」
[BAT]アリババ、テンセント、JDコム…2019年、大手AI企業がそろって目指す先は…
[IT]刑務所でもアリペイ、家族と送金やり取り可能に
[社会]「二人目出産」トップの山東省も「産まない」傾向顕著に
[香港]ツァン元香港特別行政区長官が刑期満了で出所 「恨みは洗い流した」
[クルマ]新エネ車、過去10年で113ブラ

もっとみる

「7-11, 完全制御型・野菜工場開設」から

----------
三点に注目したい 
 1.フードセキュリティ
 2.食糧の未来とマクロ環境
 3.Agri-tech関連のベクトル合わせ

関連代表記事 財経新聞 2018年11月29日 12:22
https://www.zaikei.co.jp/article/20181129/480466.html
----------

A プリマハム子会社のプライムデリカとセブンイレブンジャパンが

もっとみる