自作セットリスト1 SEKAI NO OWARI

初めての自作セットリストはSEKAI NO OWARI から始める。

 今回の演目は人間社会で起こっている問題「戦争」「必ず来てしまう大切な人との別れ」「現代社会への問題提起」「孤独と戦う自分」についてそれぞれ具体的な曲を3つずつ。これは「具体例は最低3つ」という大学の授業の教養(前記事参照)を活かしている。
それに加えて彼らがそれぞれの答えとして提示していると考えられる曲をそれぞれ1曲ずつで構

もっとみる

スターライトパレード③

1番が終わってから2番が始まるまでの間奏は今までに出会ったことのない、
「早く2番も聴きたいけれど、このメロディもずっと聴いていたい…」という気持ちになるものだった。

綺麗で、切なくて、胸が締め付けられる気持ちになる。あらためて思うが、わたしはきっとこの曲に惚れているんだと思う。

時間が止まったようなあの夜も
笑ってた君はもうここにはいないんだね
聖なる夜にworld requiemを謳う

もっとみる

ああ素晴らしき人間の世界

木金と、静岡は掛川まで行ってきた。
(私は愛知在住)

妹がセカオワことSEKAI NO OWARIのファンで、たびたびライブに出掛ける。今回も友達と2人で行く予定だったが、友達が行けなくなってしまい、代わりに私が行くことになった。

最初は母が行くという話だったが、以下の2点で私が行くことにした。

・元々セカオワに興味があった
・会場が掛川だから

掛川だから、というのは、掛川花鳥園という素晴

もっとみる

死の魔法

例えば目の前にあるタイムラインを消費して過ごすのもいいけど、今を生きるってそういうことじゃないじゃん。

今当たり前にあるものもいつか無くなって思い出すこともできなくなる。結局どれだけのものに恵まれても人間は一人で生き一人で死んでゆく。その無常観に涙したときこそ生きてるってことなんじゃないのかな。

それもこれもすべてのものには終わりがあるから、節目にはかならず別れがあるから。

いつか会えなくな

もっとみる

Saoriさんが呟いた“違和感”の本当の意味

SEKAI NO OWARIのSaoriさんのこのツイートが話題になった。

このツイートのリプライには様々な意見があった。
大変ですね、というねぎらいのような声、決まりなのだから仕方がない、だったら事実婚にすればいい、旦那さんに名字を変えてもらえば良かったではないか、という疑問の声。決まりなのにお金を取るのはおかしい、選挙に行こう、夫婦別姓にしよう、云々。

同時に、このツイートはネットニュース

もっとみる

不死鳥/SEKAI NO OWARI

私ごとですが…最近、車を買い替えまして🚗

前の車には付いてない機能にウハウハしてる日々を過ごしてます(笑)

その内の機能の一つに、Bluetoothがあるのですが、早速iPod touchと繋げて音楽を聴いています🥰

久々に聞いていいな〜と思ったのかセカオワの不死鳥という曲です。

セカオワ、高校生の時にすごいハマったな…何年か前の話(笑)

何か終わりがあるから今を大切にできるっていい

もっとみる

何もないから失うものもなかった

学校、バイト、恋愛、サークルからドロップアウトし、閉じこもっていた半年前。幸せの絶頂から、ちょっとしたきっかけで人生のどん底に突き落とされた。

自分には何もない。

だから、ダメな人間だ。

頭の中を反芻していた自己否定の思考。悩んでる暇があるなら動けって言われても、混乱し過ぎて無理だったし、ますます自分が嫌いになっていた。

何もないなら、そこから這い上がるしかない、何かを生み出すしかない。

もっとみる

「ルールを破る」ことと「ルールを変える」ことを混同してはならない。

今週火曜日、人気バンド「SEKAI NO OWARI」のSaoriさんが夫婦別姓についてTwitterでつぶやき、話題になった。

結婚して名字を変えることになったが、30年以上慣れ親しんだ名字だったためにできれば変えたくなかったこと、パスポートの更新に行ったら名義変更の手数料で6000円を要求されたことなどを綴っている。

これに対してはネット上でさまざまな声があがっているが、その一部を紹介した

もっとみる
ありがとうございます。よろしければシェアもお願いできれば幸いです!
53

スターライトパレード ②

前回の続きの話をしようと思う。

「〜〜あの世界へ」という歌詞が終わってから、「眠れない僕たちは」という歌詞に移るまでのあのメロディを聞いた時はどこか懐かしく、不思議な感覚になったことを覚えている。

星がたくさん見えて真っ暗なのに澄んでいることがよくわかる夏の夜空を眺めているときに、涼しい風が吹いたときのあの切なさといったら伝わるだろうか。

それはこの曲を初めて聞いた7年前と変わらない気持ちで

もっとみる

スターライトパレード ①

私は中学生の頃からずっとセカオワ(SEKAI NO OWARI)のファンである。

セカオワの中でも1番好きな曲はスターライトパレードで、楽しい時、辛い時、嬉しい時、全ての感情に乗せて彼らのこの曲をずっと聴いてきた。

7年近くこの曲を毎日のように聴いている、音楽の知識ほぼゼロの私がスターライトパレードを語ってみたいと思う。

だんだんと大きくなっていく音に毎回ワクワクする。
その後のドゥーンドゥ

もっとみる