セキスイハイム

屋根なんて飾りです|大野勝彦・セキスイハイムとM1の「あいだ」

「足はついていない」と心配する大佐に整備兵が言った「あんなの飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ」というセリフは、発言の主旨に反して、新技術が受容されるときに「飾り」が必要となることを再認識させてくれます。

「従来のモビルスーツが持つイメージとのギャップが受け入れがたい」という上層部と、その見解の不合理性を嗤う技術者という対立図式はあるある感がハンパありません。両者のギャップを埋めるために

もっとみる