チックタック

子どもプロジェクト始動!in 特別養護老人ホーム ほほえみの園 vol.1

2018年11月より株式会社老人ホーム紹介センターでは料金を自由という設定を行いました。

池田市社会福祉協議会の担当者からお声がかかり、プレゼンを実施させて頂いたところ、池田市の特別養護老人ホームのほほえみの園からお声がかかり、皆様から頂いた費用から支援させて頂くことができました。

今回、ご提供させて頂いた支援は「絵本」です。

絵本になった経緯は、ボランティアの人たちが当日に指人形劇を実施す

もっとみる

中規模サロンは2019年前半で死ぬと思います

2018年9月9日 「サロンメンバーなら何でもアリ」じゃねーぞ

昨日は激動の1日でございました。
昨日、予約をスタートした最新刊『新世界』がスケートの羽生君の写真集を抜き、Amazon書籍総合ランキングで第1位を獲得。

完全に、サロンメンバーの皆様に勝たせていただきました。
本当にありがとうございます!

昨日の「はじめに」で薄々お気づきかもしれませんが、最新刊『新世界』は「ビジネス書」とはい

もっとみる

全国各地に絵本の世界観のホテルを作っちゃう

2018年9月6日 『災害対策部』はコチラ

あるところではモノが溢れていて、あるところではモノが不足しています。

互いの状況を共有できれば、救える事柄がたくさんあって、それを可能にするのが『コミュニティー』だと思います。

たとえば、このオンラインサロンのような。

 
台風21号の被害に遭われた方、そして、今朝の地震に遭われた方、無事ですか?
北海道で大きな地震があった報せを受けた時に、真っ

もっとみる

ハウステンボスで呑み潰れようと思いまーす

2018年9月4日 『読み物』として月額1000円の内容を必ずお届けします

OWNDAYSの田中社長の新刊『破天荒フェニックス』がいよいよリリースされますね。

この本と、坪田信貴先生の新刊『才能の正体』、この2冊は超オススメです。

本当にオモロイので、是非、読んでみてください。

さて。
昨日は、スナックCandyで『MAP部』と『経営者部』の呑み会がありました。

そこで、お話したこと(一

もっとみる

サロンオーナーには、この二つが必要だという結論

2018年9月3日 サロンオーナーのメッキが剥がれる時期に入ったなぁ

『エンタメ研究所MAP』を開くと、沖縄にスナック『Candy(沖縄店)』のマークが出ていて、ニコッとしました。

沖縄に行った際は必ず立ち寄ります。

 
おはようございます。西野です。
今日は、ここ最近盛り上がりを見せている『オンラインサロン』についての話をしようと思います。

盛り上がりを見せているということは、当然、「ど

もっとみる

どうせ、お金を落とすなら、あの人の店で!

2018年9月1日 『交通を取り戻す』

昨日、東京無線(タクシー)を利用しようと思って、予約の電話を入れたのですが、約束の時間を20分過ぎてもタクシーが来なかったんですね。

で、東京無線に電話を入れたところ、迎えに行く途中にガードレールか何かに車をぶつけちゃったらしく、「配車した車が行けなくなってきまったので、今から別の車を配車します」と返ってきました。

「事故った時点で、そっちから連絡しろ

もっとみる

「失敗が無くなる」ということは、「成長率が下がる」

2018年8月31日 『成長率エンターテイメント』

昨日の『おとぎ町の素敵な音楽会』は控えめに言っても最高すぎた。

イベントのことはブログの方で書くが、演奏もダンスも、そりゃプロに比べればボロ負けなんだけれど、それでも泣けたのは、要するに、「努力して、成長している過程がエンターテイメントになっていた」ということに尽きる。

イベント終わりで、超大手の経営・コンサルティング(プロデュース?)会社

もっとみる

ある日突然天国に行っちゃって

2018年8月29日 入り口のゲートを見てってよ。僕の自慢のスタッフが作ったんだ。

3年前の今日の話。
狙ったわけじゃないけど、明日は『おとぎ町の素敵な音楽会』ずっと続いてるな。

2015年8月29日
「町を作らなきゃ意味がない」と言い出したのは、何年前だっけな?
もう忘れた。
覚えているのは全員から鼻で笑われたことと、何度もテレビ番組でイジられたことと、高橋ジョージさんから「でも、本当にやっ

もっとみる

これ、サイコロで6を出し続けないと、勝てないよ

2018年8月28日 女子だけでチームを組んだらダメ

薄々お気づきかもしれませんが、組織運営にハマっています。

現在『西野亮廣エンタメ研究所』のメンバーは『8800人』。

その人口は夕張市を超え、そりゃ、こんな人数になってくると、このコミュニティーの中で『マッブ部』ができたことも、夫婦が誕生したことも必然と言えます。

僕は仕事に合わせて、いろんなチームを組んでいますが、これまで大きくてもせ

もっとみる