デジタル課税

通商法301条が復活したのは、アメリカの新しい危機感によるのか?

8月23日にトランプ大統領が中国の報復関税に対して追加関税を発表したことで、米中貿易戦争が拡大し、世界経済の混迷が深まっている。
 円レートは、8月26日に、一時1ドル=104円台半ばまで上昇した、日経平均は一時500円超安となった。

 そもそも今回の事態には、よくよく考えて見ると理解しにくい面がある。
 もっとも理解しにくいのは、大国アメリカのトップとはいえ、1人の大統領の発言だけで、しかも

もっとみる

明日からのG20福岡会合で、デジタル課税はどうなる

明日から福岡市で開催されるG20財務相・中央銀行総裁会議。そこで議論される議題の1つに、デジタル課税がある。GAFAをはじめとするネット企業が得た利益にどう法人税を課すか。デジタル課税について、経済学的にみた3つの焦点に迫る。

 専門用語を使わずに、デジタル課税の話が今どうなっているかを説明すれば、こうなる。

そもそも、法人税は、企業が利益を上げた所で課税するものである。しかし、利益が上がって

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
11

プラットフォーマー規制

プラットフォーマーへの規制強化が主張されている。GAFA(Google  Apple Face Book Amazon.com)規制とも。中国のBAT(百度 アリババ テンセント)。日本では楽天などにも批判がある。先端企業とされてきたこれらの企業が批判されるようになった。実はプラットフォーマー側もこれらの批判は認識している。過剰な規制を招かないために対応を進めているのが現状だともいえよう。
 まず

もっとみる

「デジタル税」の議論が進展している

巨大プラットフォーム企業を擁するアメリカや中国が消極的で、GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)をはじめとする巨大ネット企業を対象としたデジタル課税の国際的な合意は、容易に成り立たないのではないか。

そうみられていたが、今年に入って大きな進展があった。1月にOECDとG20のBEPS(税源浸食と利益移転:ベップス)プロジェクトから、新たな政策覚書が公表され、2月にはその詳細版が

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
12

メモ:OECDによるデジタル課税に関する検討状況の公表(2019年1月29日)

2019年1月29日、BEPS包摂的枠組会合(the Inclusive Framework on BEPS)における議論の成果としてPolicy Noteが公表された。
International community makes important progress on the tax challenges of digitalisation - OECD
※あわせてOECD Tax Talk

もっとみる

「イギリス、デジタル課税」から

----------
三点に注目したい。
 1.国家存続の危機
 2.国境の概念
 3.対処療法

関連代表記事 TheSankeiNEWS 2018.11.6
https://www.sankei.com/world/news/181030/wor1810300022-n1.html
----------

A 国家存続、という言葉が頭を過る。国から国民への各種サービスは、国民を豊かにするため

もっとみる

今週のヌヌメ読み 2018.11.05号

徴用工 信用揺るがす賠償判決

30日の韓国大法院(最高裁)判決で元徴用工の損害賠償請求を認めたというニュース。今回の協定を覆す判決に民間では動揺が広がっていて、韓国から撤退する企業も出てきそうだ。

外国人労働者 移民政策?拡大か

外国人労働者の受け入れ拡大に向け新たな在留資格を創設する出入国管理法改正案を閣議決定したというニュース。人手不足に対応するため、高度な専門人材に限っていた従来の政策

もっとみる

巨大IT企業を対象とした「デジタル税」導入

ついに、デジタル税を課すことを宣した国が出た。 

イギリスのフィリップ・ハモンド財務相は、10月29日に行った議会での予算演説で、2020年4月からデジタル税を導入すると発表した。

その内容は? その影響は?

EUのデジタル課税提案等との比較から考察している。

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
3

GAFAへのデジタル課税はどうなる

EUが「デジタル課税」として売上高課税を加盟国に提案した。その対象は、GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)などの巨大ネット企業としている。
 米国はこれを批判し牽制している。
 日本では、法人税法における恒久的施設(PE)の定義見直しを、4月1日に施行した。
 デジタル課税をめぐる各国の対応を、この拙稿に記しました。

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!