フランチャイズ契約

セカンドハーフ通信 第115話 コンビニの将来

コンビニの将来

近くにコンビニがあるとほっとする。お金を引き出すことができるし、郵便や振込みも受け付ける。日常的に必要なものがだいたいそろっている。宅急便の発送もできる。いまやコンビニは日常生活の拠点になっている。

一方で、今まであった個人商店がなくなり、コンビニに集約されているのも事実だ。どこを訪れても金太郎飴のように同じような店が並んでいる。地方に行くとコンビニ以外の店を維持するのが難しく

もっとみる

誰も教えてくれない小さなお店のフランチャイズ展開術(前)

非常に長くなってしまうので2篇に分けて出品します。

主にサービス業や小さなお店が店舗展開する為の1つの手段としてフランチャイズ展開があります。しかし、どのように展開するのか?本に書いてあることを調べても、誰かに聞いてもわからないことだらけ。

この内容はそのノウハウが書いてあります。前編と後編で分けますが、後編は後に販売します。一気に読んでも理解できないです。ただし、これに素直に従えば自分でフラ

もっとみる

日経の社説に茶々を入れてみたわよ~

4月6日の日経新聞の社説はこのように始まる

コンビニエンスストアの24時間営業をめぐる問題で、経済産業省が加盟店の人手不足の解決に向けた行動計画を各社に要請した。消費者向けサービス産業の労働需要のひっ迫は深刻な問題だが、政府が民間企業の経営に口出しするのは見当違いだ。(タイトル:「コンビニ経営に政府は介入すべきでない」)

これはこの通りなんだけど、世耕大臣にも事情があるんだと思うよ。

3月2

もっとみる

加盟店の労務管理に対する本部の責任は?

「オーナーさんは独立した事業者」という名の責任逃れ?

セブンイレブン以外のコンビニチェーンのことはよくわからないけど、少なくともセブンの実態を見聞きする限りでは、加盟店の労務管理の問題から本部は逃げてるように見えるわ。

お店での募集、採用から始まる労務管理は、もちろんオーナーさんの責任においてやるべきことよね。

だけど、労働基準法で定められている「36協定の締結、届出」をきちんとやっているお

もっとみる

もしもコンビニ猫が本部の社長だったら

昔の「ドリフ大爆笑」みたいなタイトルだけど、超絶ブラック猫のわたしが本部の社長だったらどんなことを考えるか、妄想してみるわね。

仮に、オーナーさんの希望に従って時短営業を一部認めたとしても、人手不足の問題を根本から解決することにはならないわ。延命措置のようなものよ。

コンビニ会計の仕組みをこのまま維持するのだったら、チャージは大幅に下げなければ、廃業するオーナーさんがこれから続出するでしょうね

もっとみる

時代遅れのフランチャイズ契約

40年前と比べて、こんなにも環境が違う!

セブンイレブンの1号店(豊洲店)がオープンしたのは1974年(昭和49年)。
当時(1977年)の東京の最低賃金は345円(笑)。
現在(2018年)の東京の最低賃金は985円(苦笑)。

創業当時から、多くのコンビニはオーナーさんご夫婦を中心に、主婦のパートさんや学生さん、フリーターなどの補助的な立場で働く人によって運営されてたわ。

現在のようにサー

もっとみる

セブン&アイ株価低迷の原因は経営陣にあり?

本部経営陣のブレブレの判断

東大阪のセブンイレブン加盟店の時短営業実力行使に始まった今回のセブンの騒動。
本部から違約金1700万円を請求されたことがオーナーさんによって暴露されるや否や、本部の対応が軟化。
現在のところでは、本部は違約金請求を引っ込め、時短営業を許したままの状態になってるそうね。

報道によれば、本部は24時間営業を継続するための人的支援を提案したそうだけど、オーナーさんがこれ

もっとみる

コンビニのフランチャイズは地獄への道かぼちゃの馬車、サブリースとの共通点

コンビニのフランチャイズはリーマン奴隷化計画

ちょっと前からコンビニの24時間営業が問題化してるよね。
なんでも人手不足でオーナー御自ら深夜勤務でヒーヒー状態だって話。
大阪のオーナーが勝手に19時間営業にして、本部から1700万円の違約金を請求されたって話もあるよね(その後炎上を受けてコンビニ側は違約金の請求を見送った模様)。この騒動で以前から噂になっていたコンビニのオーナー奴隷状態が暴露され

もっとみる

中労委の命令書を読んだわよ~(下)

最後は、加盟店に対する評価制度についてよ~

続いて、命令書の30ページには加盟店に対する評価制度についての本部の主張が展開されてるわ。

「店舗確認表」は日々のコミュニケにおいて、顧客の視点から見た要改善事項の理解を促す資料にすぎず、「店舗経営基準確認シート」は、中長期的な視点から加盟店経営の問題を当該加盟者に理解してもらうためのツールであって契約更新時に向けて店舗の改善のための資料ともして

もっとみる

中労委の命令書を読んだわよ~(中)

次は、OFCさん等による指揮監督についてよ~

中労委の命令書(29ページ)の中で本部は次のようにも言ってるわ。

OFCは、加盟者に対し、指揮監督を行うことはない。
OFCは、会社が加盟者に提供する販売支援サービスの中でも最も重要なサービスとして加盟者に対する経営上の助言、指導を行うが、これは本件フランチャイズ契約上、対象となる加盟店の利益を図るものでなくてはならないし、加盟者の権利を侵害するこ

もっとみる