フードシェアリング

限定20名ボシュウ。シェアする冷蔵庫つくってみようよ。

いつもお世話になっている方、こんにちは、

はじめましての方、はじめまして、Mayu Hayakawaと申します。

この度、どどーん!

日本初?のシェア冷蔵庫プロジェクトというものに挑戦することにしました!

シェア冷蔵庫?なんだそれ?説明はのちほど・・・

そのプロジェクトメンバーとして、一緒に新しい食の形を創り出してくれる仲間を見つけるべく、このNOTEを書かせていただきます。

まずは自

もっとみる

\ 毎月9日はレスキューの日 /

こんにちは TABETE運営事務局です
TABETEレスキュー隊の皆様に、「レスキューの日」のお知らせです!

毎月9日は 09〈レスキュー〉の日 何度でも100円OFFに

0と9で「レスキュー」の日!

9日にだけ使えるレスキューコードを入力すると、100円OFFでレスキューできます。

▼レスキューコードはコチラ▼
TABETE(アプリ版、もしくはweb版)の購入画面で入力してください💡

もっとみる

これから伸びる産業

これから伸びる産業を予想します。
うまく波乗り出来たら生涯使いきれない財産が築き上げる事ができると思います。

#AI

説明するまでもないことでしょう。ソフトバンクの孫さんが投資対象として力を入れている分野でサウジアラビアの金持ちとの10兆円規模のビジョンファンドを立ち上げて投資している分野がAIです。孫さんは2045年にシンギュラリティ(人間の知能をAIが超える)を迎えるとまでいっています

もっとみる

地域でフードロスを減らす「コミュニティ冷蔵庫」

先日、飲食店や個人が余らせている食べ物をシェアする「フードシェアリング」という取り組みをご紹介しました。

おトクに食べ物を手に入れてフードロスの削減にも貢献できる画期的なサービスですが、アプリを使ったサービスだとスマホを持っている人しか参加できないし、事前に出品者とオンラインでやり取りする必要があるため、誰でも簡単に利用できるとは言い切れません。

そんな中、新たに注目を集めているフードシェアリ

もっとみる

レスキューパスの使い方

①レスキューコードを入力する

TABETE(Web版)https://tabete.me/ にアクセスし、ログインしてください。

商品を選んで購入画面に進むと「レスキューコード」を入力する欄があります。ここに有効な「レスキューコード」を入力すると、レスキューパスによる値引きが適用されます。

②お支払い(クレジットカード)を完了させる

レスキューコード入力後は、画面に従ってお支払いを完了させ

もっとみる

【実食】くら寿司ハンバーガー 食品ロスへの対抗策に?

回転寿司チェーン大手「無添くら寿司」でおなじみ、くらコーポレーションが新しくハンバーガーを開発しました。くら寿司といえば、豊富なサイドメニューで有名です。

 「KURA BURGER(以下、くらバーガーとします)」と呼ばれる新メニューは、「ミート」と「フィッシュ」の2種類が存在するそう。玉ねぎの天ぷらを使ってたり、米粉を使ったバンズが特徴です。

 とくに「フィッシュ」は、寿司では使えない魚の部

もっとみる

【スクショ】フードシェアリングアプリ「Reduce GO」を時間ごとに受け取れる食品をスクショしてみた。

「Reduce GO」って?

「Reduce GO」は余剰食品を削減するプラットフォームです。

もう少し補足すると

周辺の余剰食品を
月額定額でテイクアウト
近くのレストラン、飲食・小売店で余してしまいそうな食品を、月額定額で受け取ることができます。

その意義は

食品ロスを減らしCSR活動に取り組みたい飲食店と、タイムセールの食品を安く購入したい利用者とをマッチングし、世界中で社会問題化

もっとみる

見知らぬ人から、手作りお菓子のおすそ分け?世界で広まっている"フードシェアリング"

先日、友人の生活しているフィンランドへ遊びに行ってきました。
彼女には以前、現地での生活についてSHOCK TUCKに寄稿をしてもらったのですが、そのときに教えてくれたのが自分が食べられない・いらないものをシェアするという文化。記事の中にも、道端に「ご自由にどうぞ」と置かれたバケツいっぱいのりんごの写真がありました。

◉フィンランド・タンペレについての記事 by ハナ

今回 私自身もフィンラン

もっとみる

食という難民問題へのアプローチ

noteを始めると宣言してからずいぶん経ってしまいました、すみません…。

何を書いたらいいのか考えていたらなかなか進まず、でもようやく書きたいことが見つかったので発信していきます!

端的に言うと、「フードシェアリングで日本の難民受け入れを増やしたい!」と言うことです。

「どういうこと??」と思っていただけたら嬉しいです。ぜひ最後まで読んで興味を持っていただけたら、同じようなことを考えている人

もっとみる