ブラッドリークーパー

「ひたすら面白い映画に会いたくて」48本目『アメリカン・スナイパー』

クリス・カイル。彼は、イラク戦争で4度にわたる従軍を経験し、アメリカ史上最多の160人以上を狙撃した「伝説」のスナイパーだ。国内で「英雄」と呼ばれた彼の物語を、英雄化せずに「1人の人間」として描き切ったことが、本作最大の特徴であろう。

48本目 : 『アメリカン・スナイパー』(2014)

          『アメリカン・スナイパー』(2014)

            脚本 : ジェイソン

もっとみる
ありがとうございます!あなたにとって素敵な1日になりますように😌
6

A Star is Born

”アリー スター誕生”

レディーガガが素晴らしかった。

歌声の力強さに感動。

スターとウェイトレス。

一夜の運命の出会いが2人の未来を変える。

最期の "I'll never love again" は、切なすぎる。そして、映画だということを忘れて聴き入ってしまった。

ちょっと期待しすぎたので、物足りなさはあるけれど、深く思い2人の愛、歌声、歌詞は心に突き刺さるものがありました。

6

もっとみる
スキがこぼれおちるくらい嬉しいです!
1

アリー スター誕生 レビュー

※ 2018年12月27日時点の情報です。

こんばんは。

映画観てますか?

私は昨日「アリー スター誕生 ( A Star Is Born)」を観てきました。

売れないシンガーがトップミュージシャンと出会い人生を切り開く作品、そんなイメージを持って観に行きました。

感想としては素晴らしかったです。

何が素晴らしかったかというと3点。

1. 演技力と歌唱力が抜群

レディー・ガガの歌唱

もっとみる
ありがとう!嬉しいです!

6回目の『アベンジャーズ/エンドゲーム』

6回目のアッセンブル。
最後、どうしても見たくて。

同じ映画をここまでたくさん見たのは、
過去に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ぐらい。
あのときは、都内でやってる全上映方式を比較するために
無駄に8回見たけど(実際は4回目ぐらいでお腹いっぱいw)、
今回は単純に中身に惚れ込んで6回(でもまだ見たいw)。
同じ映画を2ヶ月で6回も映画館に見に行くなんて、
もうないだろうなあ。

『アベンジャ

もっとみる

3000回愛してる。

5回目です。
5回目は応援上映だったんだけど、
多分、これまでで一番泣いたかもしれない(笑)

「ネズミがんばれー!」
「クリント、日本語がんばれー!」
というまさかの応援もありつつ、叫び、手を叩き、感情高ぶりまくり。
あの一体感はやっぱりいいね。。。
他のお客さんの合いの手に笑ったりもするし。
(でも日本人の特性ゆえか、やや空気探り探りw)

さて、もう監督の監督のOKも出てるので、
中身につい

もっとみる

4回目の『アベンジャーズ/エンドゲーム』

4回目の『アベンジャーズ/エンドゲーム』です。
見たのは5月1日ですが(笑)

令和最初の日に何をしたいかと言われたら、
やっぱりアベンジャーズで始めたいなと。
平成最後をアベンジャーズで締めくくり、
令和最初をアベンジャーズで始めるというね、
最高の時間の使い方です。

4回目は4DXで。
相変わらずのアトラクション感ハンパない!
体全体がガクンガクンなったわ。
そして、4回見ても号泣。
必ず同

もっとみる

3回目の『アベンジャーズ/エンドゲーム』

平成最後の日に何をしたいかと言われたら、
やっぱりアベンジャーズで締めたいなと。
そう強く思ったので、3回目を見て来ました。
ついに本命のIMAXで。

IMAXはやっぱり素晴らしいです。
3回目ってのもあるけど、
映像が鮮明すぎて、いろいろ見えるし、没入感が他と全然違う。
見るなら断然IMAXです。

そして、3回目もやっぱり号泣(笑)
でもこの映画は上映時間の181分の中だけで泣けるわけではな

もっとみる

『アベンジャーズ/エンドゲーム』2回目見て来ました

当然のごとく2回目。
0時35分からのオールナイト鑑賞。
今度はドルビーアトモスで!

2回目もやっぱり泣いた。。。
いい、いいよ、、、よすぎる。。。
このめまぐるしい展開、、、昇天。。。

こんなに感動と笑いと驚きと興奮が共存する映画ないわ。
僕の中で『ターミネーター2』以来、28年ぶりの快挙。
平成最後を飾るにふさわしすぎる。
さすが、マーベル・シネマティック・ユニバース第22作品目にして、

もっとみる

感情のジェットコースター『アベンジャーズ/エンドゲーム』

ああ。。。。。ああ。。。。。
こんなに泣くとは思わなかった。。。
この11年、全21作品のすべてが詰まってた。。。

ただでさえ、期待値がものすんごく高いのに、
それを大きく大きく超越した作品で、
すべてのアクション映画、ヒーロー映画を無にした。

もう、冒頭から掴みがすごいのよ。
「え!そうなるの!」っていう驚きがあったかと思えば、
キャラのセリフに込み上げてくるものあがって、
涙がツーって頬を

もっとみる

時間の大切さを説く『運び屋』

2019年公開映画39本中20位。

ひょんなことからヤクの運び屋となったおじいちゃんの話。
おじいちゃんってだけで哀愁漂うよね。。。
実際に人物背景もけっこう寂しい。

自身の経営するデイリリー農園がネット通販の台頭で潰れて、
仕事人間ゆえに家族を疎かにしていたために行き場もなく、
金銭的に行き詰まったところ、
ひょんなことから運び屋になるのだけど、
悪事に加担しつつも、
家族との関係を修復しよ

もっとみる