クリスプラット

映画小話/きみのことばで(オタク的に)たのしく毎日が過ごせています。

せっかくなんで便乗して #君のことばに救われた 、投稿してみようかとふと思いました。オタクなんで変なところでセリフがツボってぎゃいぎゃい同じ仲間としてしまうのですが、そんなワタシ的だいすきなセリフ・フレーズたちのご紹介(?)です。

映画はすごいです。わたしは、きみのおかげでしにたくなるような日でも乗り越えてこれました。

1. #バルカンサリュート
言わずとしれた #スタートレック に登場するス

もっとみる

6回目の『アベンジャーズ/エンドゲーム』

6回目のアッセンブル。
最後、どうしても見たくて。

同じ映画をここまでたくさん見たのは、
過去に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ぐらい。
あのときは、都内でやってる全上映方式を比較するために
無駄に8回見たけど(実際は4回目ぐらいでお腹いっぱいw)、
今回は単純に中身に惚れ込んで6回(でもまだ見たいw)。
同じ映画を2ヶ月で6回も映画館に見に行くなんて、
もうないだろうなあ。

『アベンジャ

もっとみる

夜な夜な文庫さんの「夜な夜なラジオ映画部「本気でオススメのアニメ映画回 第1夜」」でLEGOムービーのお話をさせていただきました。

夜な夜な文庫さんの「夜な夜なラジオ映画部「本気でオススメのアニメ映画回 第1夜」」でLEGOムービーのお話をさせていただきました。

近年、世界中でヒットしている作品が日本ではヒットしない、みたいな状態になることが多々あるようなんですが、「子供向けに見えるけど大人も楽しめる映画」というのもそれに含まれ、このLEGOムービーもその最たるものではないかとおもいます。

ただ言いたいのは、過去に一度もL

もっとみる

3000回愛してる。

5回目です。
5回目は応援上映だったんだけど、
多分、これまでで一番泣いたかもしれない(笑)

「ネズミがんばれー!」
「クリント、日本語がんばれー!」
というまさかの応援もありつつ、叫び、手を叩き、感情高ぶりまくり。
あの一体感はやっぱりいいね。。。
他のお客さんの合いの手に笑ったりもするし。
(でも日本人の特性ゆえか、やや空気探り探りw)

さて、もう監督の監督のOKも出てるので、
中身につい

もっとみる

4回目の『アベンジャーズ/エンドゲーム』

4回目の『アベンジャーズ/エンドゲーム』です。
見たのは5月1日ですが(笑)

令和最初の日に何をしたいかと言われたら、
やっぱりアベンジャーズで始めたいなと。
平成最後をアベンジャーズで締めくくり、
令和最初をアベンジャーズで始めるというね、
最高の時間の使い方です。

4回目は4DXで。
相変わらずのアトラクション感ハンパない!
体全体がガクンガクンなったわ。
そして、4回見ても号泣。
必ず同

もっとみる

3回目の『アベンジャーズ/エンドゲーム』

平成最後の日に何をしたいかと言われたら、
やっぱりアベンジャーズで締めたいなと。
そう強く思ったので、3回目を見て来ました。
ついに本命のIMAXで。

IMAXはやっぱり素晴らしいです。
3回目ってのもあるけど、
映像が鮮明すぎて、いろいろ見えるし、没入感が他と全然違う。
見るなら断然IMAXです。

そして、3回目もやっぱり号泣(笑)
でもこの映画は上映時間の181分の中だけで泣けるわけではな

もっとみる

『アベンジャーズ/エンドゲーム』2回目見て来ました

当然のごとく2回目。
0時35分からのオールナイト鑑賞。
今度はドルビーアトモスで!

2回目もやっぱり泣いた。。。
いい、いいよ、、、よすぎる。。。
このめまぐるしい展開、、、昇天。。。

こんなに感動と笑いと驚きと興奮が共存する映画ないわ。
僕の中で『ターミネーター2』以来、28年ぶりの快挙。
平成最後を飾るにふさわしすぎる。
さすが、マーベル・シネマティック・ユニバース第22作品目にして、

もっとみる

感情のジェットコースター『アベンジャーズ/エンドゲーム』

ああ。。。。。ああ。。。。。
こんなに泣くとは思わなかった。。。
この11年、全21作品のすべてが詰まってた。。。

ただでさえ、期待値がものすんごく高いのに、
それを大きく大きく超越した作品で、
すべてのアクション映画、ヒーロー映画を無にした。

もう、冒頭から掴みがすごいのよ。
「え!そうなるの!」っていう驚きがあったかと思えば、
キャラのセリフに込み上げてくるものあがって、
涙がツーって頬を

もっとみる

ジュラシック・ワールド 炎の王国

評価4.8

感想川柳「人類は いずれツケを 払うでしょう」

劇場で2D極上爆音にて鑑賞。。φ(..)

イスラ・ヌブラル島に、火山の大噴火の兆候が表れ、恐竜たちの生死を自然に委ねるか、あるいは危険を冒してでも救い出すか、人間たちは判断を迫られていた。そんな中、恐竜行動学のエキスパートのオーウェンはテーマパークの運営責任者だったクレアとともに、恐竜たちを救うべく行動を開始するが、その矢先に島の火

もっとみる