プロセッシング

とりあえず100 #5

int n_Vert = 3; //描く多角形の頂点数int n_Loop = 8; //ループ回数float radScaleFac = 0.5;//ループの際スケールに掛け算する値void setup() {size(800, 800); background(0);noFill();stroke(255, 100);translate(width/2, height/1.7);rotate(

もっとみる

とりあえず100 #4

float ang = 0;float n_Rot = 400;//カーブの周期数float startCol = random(100);//カーブの最初の色float endCol = random(100);//カーブの最後の色void setup(){ println(startCol, endCol); size(800, 800); blendMode(SCREEN); colorMo

もっとみる

とりあえず100 #3

float ang = 0;float n_Rot = 400;//サインカーブの周期数float startCol = random(100);//カーブの最初の色float endCol = random(100);//カーブの最後の色void setup(){ println(startCol, endCol); size(800, 800); blendMode(SCREEN); colo

もっとみる

とりあえず100 #2

int n, rad_fac, theta_fac1, theta_fac2;float rad = width*2;float ang = 0f;void setup() { size(800, 800); smooth(); colorMode(HSB, 300, 300, 300); noStroke(); background(0); setValues();}void setValues

もっとみる

とりあえず100 #1

int n_Ellipse = 100000; //描くパーティクルの数int n_Line = 4; //サインカーブの本数int n_Rot = 100; // サインカーブの周期数void setup() { size(800, 800); noStroke(); background(0); for (int j = 0; j < n_Line; j++) { for (int i =

もっとみる

外資系コンサルの知的生産術

プロだけが知る「99の心得」
2015.1 山口周著

広さか深さによる新しさの出し方を決め、ターゲットとクオリティを明確にしてから情報を集める。

インタビューや現場観察等を事前に問いを持って行うが、その問いは流れによっては捨てても良い。

最初からポジションを取り、行動を提案する。

悩むと考えるは異なり、考える時間よりも回数を増やす。

書いたり人に話すことで、分析・論理から統合・創造へモー

もっとみる

Processingで連続的な線のジェネラティブアートを制作

概要

クリエイティブコーディング用開発環境のProcessingを使ってこの投稿のタイトル画像の様な画像をプログラムで作りましょう!
プログラミングへの多少の理解は必要ですがなるべく簡単にしてあります。
修飾子とか結構適当なままなのは愛嬌だよっ!てへぺろ

今回作るモノ

こんなのとか

Processingとは?

Processingはアートプログラミングの為の開発環境で図形、画像、音、など

もっとみる
えーーーー!好きボタン押してくれたの!?!?!?ありがとうございます!
17